• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 AM

飛行機内でバイキンから身を守るための2つのステップ

飛行機内でバイキンから身を守るための2つのステップ

140721_airplanes.jpg


飛行機は旅行の際にはとても役に立つものですが、病気を蔓延させるのにはもっと向いているのです。NPR(アメリカのナショナルパブリックラジオ)が航空医学の専門家、Mark Gendreau医師と行ったインタビューで、飛行機に乗った際に自分の健康を守るためには2つのポイントがあるということがわかりました。


飛行機ではその中にあるものの殆どが危険ゾーンだと言えます。Gendrau医師によると、その中でも特に、座席、テーブル、またはトイレのドアノブは要注意なのだそう。また、誰か病気の人が近くに座っている際にも注意です。しかし、Gendrau医師は、以下に紹介する2つの対策をとることで、病原菌にさらされる可能性を低減させることができると言っています。


1.手の消毒
アルコール含有量60%の消毒ジェルを機内に持ち込むことをGendrau医師は勧めています。飲食する前に消毒ジェルで消毒しましょう。また、機内のトイレで手を洗った後にも消毒しましょう。というのも、飛行機の中の水は必ずしもきれいだというわけではないからです。


2.空気中に浮遊する微生物を吹き飛ばす
飛行機の中で循環される空気の中にいる病原菌の侵入を防ぐために、頭上にある通風口を、低または中にセットします。また、空気の流れがあなたの頭の前に流れてくるように通風口を調節します。膝の上に手を置くと、空気の流れを感じることができるはずです。Gendreau医師によると、もし、伝染性の何かがあなたのパーソナル スペースに侵入してきても、通風口からの空気の流れがそれを吹き飛ばしてくれるということです。


飛行機には空気中の塵や微生物を99%以上除去できる高性能なエアフィルタが備えられていますが、それでも完璧なシステムではないのです。もちろんこの方法も完璧ではありませんが、次回、飛行機を利用する際には、ここでご紹介したヒントを覚えておくと、少しでも不快な病気から身を守ることができるかもしれません。


Pathogens On A Plane: How To Stay Healthy In Flight|NPR

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Christopher Doyle.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.