• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   09:00 PM

「長い時間をともに過ごしている5人」の平均が、今と未来の自分を作っている【LHベストヒッツ】

「長い時間をともに過ごしている5人」の平均が、今と未来の自分を作っている【LHベストヒッツ】

120717_Success-thumb-640x360-40705.jpg


2012年7月23日公開記事を、編集・修正して再掲載します。


筆者のLeo Widrich氏は、ウェブサービス「Buffer」の共同創設者。ブログに能率アップや顧客満足の高め方について優れたポストをすることでも知られています。今回はLeo Widrich氏が「より良い自分を育むための友人関係」について語ります。


最近、新しい友だちと夕食をとりました。人生の目標を実現するにはどうすればいいか、というようなことを話しながら。その友だちはマーケティングの専門家として、すでにかなり成功していましたが、まだやりたいことがたくさんあるのだそうです。さて、私がこの手の話をする時は、だいたい「いかに人生で成功するかというのは、どんな人と一緒に過ごすかということに関わっている」という結論に至ります。

なぜなら、この言葉があるからです。

あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である。
──Jim Rohn

これは、自分自身に何度も何度も言い聞かせている、一番影響を受けた言葉です。自分は、多くの時間をともに過ごしている5人の平均なのです。自分の周りにいる人が、自分の考え方や行動、極端に言えば人生の成功までも決めているのです。

Image remixed from Leremy


種は良い土地に蒔かれなければ芽は出ない


まずはこちらの素晴らしいJim Rohnの映像をご覧ください。内容をかいつまんで説明しましょう。人間は成功や幸福を追い求める過程で、多くの困難に遭遇します。例えば、何かの種を蒔いたとしても、すぐに鳥についばまれると、芽が出ることはないでしょう。種を蒔いても、そこが地面の浅いところであれば、やはり芽は出ません。荒れた土地や日照りが強ければ、暑すぎて小さな種はすぐにダメになってしまいます。やはりこれでも芽は出ません。

種は良い土地に蒔かれた時にやっと芽が出ます。これが成功するということです。つまり、困難に立ち向かっても負けないようにする確実な方法は、正しい人(自分にとって良い人)のそばにいることです


誰と一緒に多くの時間を過ごしていますか?


ここでは、あなたがどれだけ賢いか、どれだけ才能があるか、どのようなスキルがあるか、どこで生まれたか、どんな家柄か、というのは問題ではありません。人生で成功したいのであれば、どんな人に囲まれているか、ということが大事なのです。

この考え方はとてもシンプルですが、実行しようとすると非常に難しいものです。私が実践した方法を具体的にいくつかご紹介しましょう。

  • 一番多くの時間をともに過ごしているのは誰ですか? 24時間のうち、どれくらいの時間をその人たちと過ごしていますか(家族や親せきや職場の人、仲の良い友だちと過ごしている人が多いと思われます)。5人を紙に書き出しましょう。5人以下でも構いません。
  • 3〜5人のリストを書き出したら、次のように自問します。「その人はどんな人ですか?」、「どのような人生を送っていますか?」、「どのくらい意欲的で、どのくらい成功していて、どのくらい幸せで、どのくらい楽観的で、どのくらい熱心な人ですか?」
  • その人たちが、自分のやりたい事を次のレベルまで本当に後押ししてくれる人なのか慎重に判断してください。例えば、次のように自問します。「新しいアイデアが浮かんだ時に、何があろうと背中を押してくれますか?」もしくは「あなたのアイデアがうまくいかないと思われる時に、それを教えてくれますか?」、「あなたの蒔いた種が鳥についばまれても、あなたの種が浅い地面や荒れた土地に落ちても、それを続けさせますか?」
  • リストにあげた人の中から、これからも一緒に過ごしていきたい人を選んでください。今の自分が求めるすばらしい人のレベルに達している人が、5人のうち1人もいないかもしれないし、1人か2人しかいなかったとしても、恐れることはありません。自分を信じて、ともに過ごしたくない人との時間を減らし、ともに過ごしたい人を探す時間を増やしましょう。

それで誰かとの関係が終わりになっても大丈夫です。友だちが減るかもしれませんし、家族からのサポートがなくなるかもしれませんが、どうかそれを恐れないでください。そうすれば、自分にとって正しい人たちに囲まれるようになります。つまらない人たちに囲まれて、つまらない人間になるのではなく、良い人の影響を受けるようにしましょう。


私がともに過ごしている人たち


私は、この考え方を理解するのに、他の人よりも時間がかかったと思います。それまでの人間関係にかなり長い間しがみついていました。みんなすばらしい人で、すべての人間を尊重するのと同じように、その人たちのことも尊重していました。しかし、成功や幸せを得るために一生懸命がんばったり、夢を追いかけるためになりふり構わないような人たちではないこともわかっていました。

そのことに徐々に気づき始めた私は、そのような人たちと過ごす時間を減らすようにしました。今でも私が付き合っている人は、2人だけです。その2人は、私がこれまで一緒に働いた人たちの中でも、かなり優れた人です。どちらも集中力と決断力があり、私はいつも圧倒されています。2人の熱心さに影響を受け、自分を次のレベルに高めるためにも、できるだけスキルを盗みたいと思っています。純粋に、同じ空間に一緒にいたいのです。

私以上にJoelTomと一緒に過ごしている人はいないと思います。私の日々の90%は彼らとの間で形作られています。2人のパワーは信じられないくらいすごいのです。私は2人からかなり影響を受けていますし、何かを吸収しようとしています。彼らの行動や経験や、日々の仕事など、私に影響を与えるのはポジティブなものだけです。それが私を、日々次のレベルへ、より高いレベルへと押し上げています。

今の私はTomとJoelを足して2で割ったようなものです。

このようなことをしたいかどうかはさておき、この考え方は有効だと思います。一緒に過ごしている人が自分を作っているのです。周りの人の平均があなたなのです。あなたはこれが真実だと思いますか?


The people you spend time with | Leo starts up

Leo Widrich(原文/訳:的野裕子)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • 執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣
  • 新井 直之|幻冬舎

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.