• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  -   06:00 PM

作業は1時間以内。お手軽DIYで楽しいアウトドアライフ!

作業は1時間以内。お手軽DIYで楽しいアウトドアライフ!

140709DIY1.jpg


アウトドアでのDIY、なかなか腰が上がらないかもしれませんが、実は時間も労力もそんなに必要ではありません。ほんの1時間にも満たない作業で、あなたの庭やバルコニーをオアシスにすることだって可能です。そんな、素敵なDIYプロジェクトTop10を紹介します。


1.まずは虫よけ


140709DIY2.jpg


アウトドアのパーティで、盛り上がった気分を台無しにしてしまうのが虫刺され。そこで、シトロネラの虫よけキャンドルをDIYしたり、ワインの空き瓶をかわいい蚊よけトーチにするのはいかが?

もっともシンプルで手っ取り早い虫よけ「プロジェクト」は、扇風機をつけることだったりします。


2.垂直型菜園


140709DIY3.jpg


太陽の光が当たれば、緑を育てるのにスペースは要りません。壁掛け式の収納を使って、あっという間にハーブガーデンの完成です。給水システムを作れば、さらにレベルアップ! ちなみにこの垂直菜園、木製のパレットを使ってもできますよ。また、蚊が嫌う植物を育てれば、一石二鳥になります。


3.庭を映画館にする


140709DIY4.jpg


屋内/屋外兼用ポータブルプロジェクタースクリーンだって、10ドル以下で作れます(上の写真はWiredに掲載のもので、作るのに半日はかかります)。お金をかけてもいいからもっとすごいものを創りたいというあなたには、サイト「BackyardTheater」がおすすめ。アウトドアシアターのDIYにまつわるすべてが載っています。


4.屋外で音楽をかける


140709DIY5.jpg


屋外のオアシスには良質な音楽が欠かせません。アウトドアテーブルにオーディオ機器を埋め込んでしまいましょう。それか、アプリ「Plex」を使ってスマホをアウトドアスピーカーにつないで、音楽を流してもいいでしょう。防水スピーカーの自作もできますよ(水に浮かびます!)。


5.アウトドアオーブンを作る


140709DIY6.jpg


外での料理は、グリルだけではありません。ナンやフラットブレッド(平らなパン)を焼けるタンドール(炭火焼用の窯)も安価に自作できます。必要なのは、植木鉢と金属のバケツ、そして砂だけ。また、段ボールからソーラーオーブンを作れば、あとは太陽にお任せ(上の写真は頑丈なオーブンなので、1時間以上の作業が必要になります)。


6.日よけ/雨よけのテントを作る


140709DIY7.jpg


防水シーツと棒4本があれば、日よけや雨よけに便利なテントができあがり。シンプルですぐにできるだけでなく、とにかく安上がりなのが特徴です。


7.燻製器をDIY


140709DIY8.jpg


肉の燻製は失敗知らず。植木鉢を燻製器にしてしまいましょう。または、グリルを冷燻用の燻製器にすることもできます(おまけ:植木鉢2つでドリンククーラーを作れます)。


8.空きビンを使った照明


140709DIY9.jpg


シンプルでお安い照明はいかが? どこにでもあるビンが、お手軽なロウソク用ランタンになったり、電池を使ってLEDを灯したり太陽電池を使った照明だって作れます。


9.お手軽に「かがり火」を


140709DIY10.jpg


火を使ってムードを演出したいなら、石を使ったロックボウルや、プランターを使ったミニファイヤーピットをどうぞ。どちらも印象的な夜を演出してくれます。


10.アウトドアならゲームだって巨大に!


140709DIY11.jpg


定番のゲームをアウトドア用に作ってしまいましょう。写真のDIYジャイアントジェンガ巨大な「Slip 'n Slide」特大シャボン玉残り物のパイプを使ったゲームなど、アイデア次第でいろいろできますよ。


以上を参考に、アウトドアシーズンをお楽しみください!


Melanie Pinola(原文/訳:堀込泰三)
Photo by kurhan (Shutterstock) and Alhovik (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.