• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 AM

花火の写真をステキに撮るためのカメラ設定

花火の写真をステキに撮るためのカメラ設定

140712fireworks_photos.jpg


花火の写真を撮るのはとても楽しいものです。しかし、少し難しくもあります。花火が始まる前にすべきカメラの基本的な設定を、「DIY Photography」がいくつか教えてくれています。

予想に違わず、花火の写真を最高に撮るために必要なのは、マニュアルで写真撮影をすることです。以下、DIY Photographyより。


非常に遅いシャッタースピードにします。私自身は長めの6~8秒が好みですが、初めは2.5~4秒ぐらいでも良いと思います。シャッタースピードが速すぎる場合、花火の写真を臨場感あるものにする「長い尾のような残光」が写せないことを覚えておいてください。また、シャッタースピードが遅すぎる場合には、フレームのど真ん中が白飛びしてしまいます。すべてが上手くいくよう、低いISO(100)と小さいレンズ経口(f/11 - f/16)で撮影するようにしてください。

シャッタースピードを選ぶための他の方法は、カメラをバルブモードに切り替えることです。このモードでは、シャッターボタンを押している間シャッターが開いたままになります。そうすることによって、花火が開花した瞬間にシャッターを開いて、散る時にシャッターを閉めることができます。きちんと撮影できるか2~3回試してみてください。もし上手くいかない場合は、シャッタースピードを自分に合うように設定し直しましょう。


もちろんこれらの設定はファーストステップ。ぴったりの設定にするためには、カメラをいじって調節していかなければなりません。それでも、今回初めて花火を撮影するのであれば、役立つでしょう。他のアドバイスにも興味がある方は、以下よりDIY Photography をご覧ください。


Our Best Tips for Photographing Fireworks | DIY Photography

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac
Photo by GotoVan.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • PENTAX デジタルミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] シルバー Q10 LENSKIT SILVER 12163
  • ペンタックス
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.