• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 AM

今年の夏旅写真はひと味違う!ソニーQXで自分撮りをしながら浮遊旅行をしてみた

Sponsored

今年の夏旅写真はひと味違う!ソニーQXで自分撮りをしながら浮遊旅行をしてみた

ソニーQX


一人旅の楽しさを、もっと印象的に伝えたいと思ったことはありませんか? 例えば、素敵な景色、街角で出会ったネコ、美味しい食事など。スマホのカメラ品質が向上した今、気になったシーンを撮ってソーシャルで共有する行動は、私たちの生活にすっかり浸透しました。

日中の風景写真、スナップ写真などは、もはやスマホだけで事足りてしまいます。スマホでも今や高級デジカメに負けないくらいのキレイな写真が撮れます。ただ、スマホが苦手な写真やシチュエーションもあります。それは...

  • 美しい望遠写真(デジタルズームを使うと画質劣化が著しい)
  • いいボケ味が出る写真
  • 薄暗い室内(高感度ノイズが多い)
  • 夜景(同上)

つまり、普段スマホで撮影している人がもう1台持ち歩くのであれば、光学ズームつきで高感度ノイズが少ないデジタル一眼レフがベスト...ですが、重たい一眼レフを持ち歩くのは面倒ですよね。そこで今日ご紹介するのが「レンズスタイルカメラ」という選択肢です。


余分なディスプレイを削ぎ落とした、省スペースなカメラ


140704qxb3-2_edited-1.jpg

手持ちのスマホに繋げて確認できるのが画期的なQXシリーズ「DSC-QX100」


スマホがデジカメのディスプレイを兼ねるカメラ「QXシリーズ」。これはデジカメの新しい形と言えるでしょう。なんと言っても、カメラ自体にファインダーどころか、液晶モニタすらないのです。パッと見ただけでは、一眼カメラ用の交換レンズにしか見えません。

撮影中の構図を確認する方法は、レンズが捉えた景色をWi-Fi接続でスマホに映し出す仕組みになっています。


140710qx02_edited-1.jpg

スマホがカメラのディスプレイを兼ねる


つまり、スマホがカメラのディスプレイ&リモコンになるということ。Wi-Fiで通信可能な距離であれば、離れた位置から画角や構図を手元のスマホで見ながら撮影できるのです。そして撮影後の画像はスマホに自動保存されるので、ソーシャルでのシェアも即座に行えます。

もちろん、単なる奇抜なデジカメではありません。上位モデル「DSC-QX100」の骨子部分は、コンデジながら1.0型の大型イメージセンサーとカールツァイスの大口径レンズを搭載した同社の高性能コンパクトデジカメ「DSC-RX100II」と同じで、スマホとは段違いのクオリティの写真が撮影できます。


アングルに一切の制約なし


QXの機能を存分に活かすなら、三脚と組み合わせて撮影するのがオススメです。誰かに頼んで写真を撮ってもらう必要もないので、旅行先での撮影もスムーズに進みます。誰かに頼んでも、いい写真を撮ってくれるとは限らないですしね。


140704qxb6.jpg

デザイン的に相性抜群なのがマンフロット製のミニ三脚「PIXI」


もちろん、スマホの背面に固定する付属のアタッチメントを使えば、大画面のデジカメのようにも使えます。


140710qx02-1_edited-1.jpg

アタッチメントを使えば、ミラーレス一眼のような外観に


ただ、せっかく画面とレンズ部を切り離して使うのが前提とされたデジカメです。そのフリーアングルな性能を生かした撮影スタイルにチャレンジしたいもの。

そこで、日本に遊びに来ていた友人のアメリカ人のマットに「DSC-QX100」を渡してみました。ちょうど東京から江ノ島まで旅行へ行くそうなので「何かおもしろい写真を撮ってきて」とだけ伝えました。旅行に行くといつも一風変わった写真ばかりを撮ってくるので、普通の記念写真は撮ってこないだろうと踏んでいました。旅から帰ってきて写真を見せてもらうと...


140704qx01.jpg


これは東京駅ですが...浮いてる!?


140704qx02.jpg


そうなのです。マットは浮遊写真を撮ってきたのです。面白そうだけど面倒そうにも感じる浮遊写真...これが一人で撮れるなんて。


140704qx03.jpg

東京タワーのふもと「芝公園」にて浮遊


小さい三脚に「DSC-QX100」をつけて、ペアリングしたスマホで構図を見ながらジャンプしてシャッター。これなら見切れることなくベストショットが狙えます。


140704qx04.jpg

横浜の中華街にて浮遊


「カンタンだから、最高の一枚が撮れるまで何枚も撮影してきた」とはマットの感想。足や手の、ちょっとした角度でカッコよさが全然変わるんですって。三脚につけたカメラの場所まで戻らなくても撮影結果がわかるから、撮り直しもしやすい。QXシリーズならではのメリットと言えるでしょう。


140704qx05-2.jpg

鎌倉の大仏と浮遊


セルフタイマーを使った自分撮りだと、シャッターが切れるまでに笑顔を維持するのが大変。でもQXシリーズなら撮りたい瞬間を逃しません。手元のスマホで、シャッターもズームもコントロールできるのですから。


140704qx06.jpg

鎌倉「鶴岡八幡宮」にて浮遊


「写真撮ってください」と誰かにお願いしなくても、QXシリーズなら記念写真に時間が取られることもありません。


140704qx07.jpg

江ノ島を目の前に浮遊


「旅行」と「浮遊写真」は相性がいいのかもしれません。宙に浮かぶことで、ただ立っているよりも旅の楽しさ、ワクワク感が伝わってきます。日本だけじゃなく、世界中の観光地で撮影したくなります。


旅の楽しさが広がるカメラ


スマホのカメラで撮る自分撮り(セルフィー)は、がんばっても自分の胸から上くらいしか入りません。QXシリーズなら、表情だけでなく全身を入れた写真が撮れるのが大きなポイントです。

もちろん、ズーム機能を使って思いっきり顔に寄せ、背景をボカす撮影も気軽に行えます。まるでプロカメラマンにお願いしたかのような自分の写真を一人で撮影できるので、Facebookなどで公開するプロフィール写真のクオリティも大幅にアップするでしょう。

また、「Recacon(Android)」などのサードパーティアプリを使うことで、インターバル撮影などの特殊撮影機能が追加できます。


今までにない撮影スタイルが楽しめるQXシリーズ。この夏はQXとスマホを持って、旅に出てみませんか?


レンズスタイルカメラ「ソニーQXシリーズ」|SONY


(武者良太)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.