• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

1週間に2本のメールで仕事の量を3分の2にする方法

1週間に2本のメールで仕事の量を3分の2にする方法

メール


誰しも、無駄なことをしたり、結果的にあまり意味がない仕事に一生懸命取り組むことは避けたいでしょう。重複する事を減らし、仕事の量を減らすのは実は簡単なのです。目標を定めること、そしてそれを守ることです。週に2通のメールでこの2つを達成する方法を紹介します。


プロジェクトマネージャーであるRobbie Abed氏はブログの中で、毎週60時間を超えるような仕事の量を、管理しやすい40時間程度に減少させることは、2通のメールで実現できるのだと説明しています。

まず、週の冒頭に(もしくは特定の報告する期間を決めて)、メールで上司やその他の関係者に対して自分の仕事の目標について連絡します。そしてその目標通りに1週間仕事を行い、期間の終わりにフォローアップのメールを送ります。週の初めに立てた目標それぞれに対してその結果がどうであったかを伝えるのです。これだけです。

もちろん、週の途中で発生する緊急事態や新たな優先項目に対応しなくていいという意味ではありません。しかし、なるべく早く目標を設定することが成功の鍵であり、それにより仕事の全体的な管理ができるのです。

タスクに優先順位の変更はつきものです。しかし、「私がやります」と宣言し、「私がやると言ったことをしっかりとやりました」と終わりに報告することで達成感を得られます。これは仕事に対するパフォーマンスを計ったり、プロジェクトを見返す良い材料となります。これにより、仕事で成功したこと、学んだこと、達成できたことを簡単に整理できるでしょう。


How to Go From Working 60 Hours a Week to 40 By Sending 2 Emails a Week|Fire Me, I Beg You via LinkedIn

Alan Henry(原文/訳:Conyac
Photo by Carlos Pacheco.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)
  • 山本 憲明|明日香出版社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.