• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  07:30 AM

放送作家の発想力を応用。話し相手との距離を詰める「共感テクニック」

放送作家の発想力を応用。話し相手との距離を詰める「共感テクニック」

なぜ、あなたの話はつまらないのか?


なぜ、あなたの話はつまらないのか?』(美濃部達宏著、あさ出版)の著者は、「うたばん」「アッコにおまかせ」「Goro's Bar」「週刊AKB」など数多くのテレビ番組の企画・構成を手がけてきたという放送作家。つまり本書ではそんな経験を軸として、番組制作の考え方を応用した話し方のテクニックを公開しているわけです。

とはいえ、どうすれば番組制作の考え方を日常のビジネスに応用できるのでしょうか? 第2章「『おもしろい話題』はどうやって見つけるか?」から、「もっと共感が得られるテクニック」に目を向けてみましょう。


ナサバナ法


「ナサバナ」とは、失敗談、恥ずかしい話、怒られてへこんだ話など、人にはあまり知られたくないような「情けない話」のこと。人は誰しも失敗したこと、恥ずかしいこと、へこんだ経験があるものなので、他人の情けない話を聞くと「ああ、そういうことってあるある!」と共感しやすいのだそうです。

また情けない話には、コミュニケーションを円滑にする効果も。人間は初対面の人を前にすると、身構え、緊張し、防御しようとするもの。そんな時に自慢話をすると余計に相手を警戒させてしまいますが、自分の弱みである情けない話をさらすと相手は安心し、その人に対して親しみを感じるというわけです。

つまり情けない話には、犬が相手にお腹を見せて敵意がないことを示す「シグナル」のような効果があるという考え方。共感を得るために情けない話を効果的に使えば、相手との距離が一気に縮むといいます。(92ページより)


たとえば法


「たとえば法」の効果は2つ。まずひとつ目は、「情景をわかりやすくする」効果。これについて著者は、お笑い芸人である小薮千豊さんの、お葬式に参列したとき、隣に座っていたバーコード頭のおじさんの頭にカナブンが止まって...という話を引き合いに出しています。


「カナブンとしてもそのバーコードだけではちょっと心もとないから上に上がりたい。でも落ちる。右斜めに上がって、ちょっと下がって、もう1回右斜めに上がっていったんですよ。それを見てたら"音符"みたいだなと。(後略)(95ページより)


そしてもうひとつは「難しいことをわかりやすくする」効果で、このテクニックに長けているのは、著者の師である秋元康さんなのだとか。秋元さんは会議などで、たとえを使った発言をよく使い、それが人を納得させるのだそうです。その一例として、ここでは秋元さんの著書『企画脳』(PHP研究所)内の「IT時代のヒットの秘訣」が引用されています。


「僕がスタッフによくいうのは『カルピスの原液をつくれ』ということだ。カルピスの原液ができれば、時代に合わせて様々な飲み物がつくれる。(中略)同じように、今後どれだけオフィス機器がハイテクになろうと、やっている仕事の『原液』は変わらないはずである。大切なのは、どれだけ骨太でパワーのある『原液』がつくれるか、ということなのだ」(96ページより)


なるほど、わかりやすい表現ではあります。(95ページより)


コンプレックス法


「コンプレックス法」とは、自分の見た目で自信がないところ、引け目に感じているところを、あえて話のネタにすることで共感を得る方法。理屈としては上記の「ナサバナ」と同じで、自分のコンプレックスをさらけ出すことによって、相手に安心感や親近感を抱かせようという考え方です。たとえばソフトバンクの孫正義さんは、自身の頭髪の薄さをツイッターでネタにしていることで有名。


「髪の毛の後退度がハゲしい」というつぶやきに対し、
「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」

「不毛な値下げ競争が始まった」というブルームバーグの批判的ニュースに対し、
「不毛ではない。まだ少し残っている」
(101ページより)


といった具合。自虐的なつぶやきが功を奏し、孫さんのツイッターのフォロワー数は現在200万人以上(2014年3月現在)。これがわかりやすい例だといえるでしょう。

コンプレックス法のもうひとつの重要なポイントは、そのネタで話し手の「人柄」まで伝達できてしまうこと。自分のコンプレックスをあえてネタにするということは、話し手の前向きな姿勢や、強さを示すことになる。そしてそれが、聞き手との距離を一気に縮めるというわけです。(101ページより)



放送作家的な発想が貫かれているため、なかには奇抜なアイデアも。というわけで、すべてがビジネスの現場に通用するわけではないかもしれません。しかし、そうはいっても、使える「ネタ」をいくつかは見つけられると思います。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • なぜ、あなたの話はつまらないのか?
  • 美濃部 達宏|あさ出版
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.