• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

森恵

 - ,,  12:28 PM

オーダーメイドのスーツや時計をクラウドファンディングで購入するという選択

オーダーメイドのスーツや時計をクラウドファンディングで購入するという選択

140628crowdfund1.jpg


そろそろ本格的な夏のはじまり。お仕事のときのファッションアイテムも、新しいものを購入することを考えている人も多いのではないでしょうか。
セールのときにお店にいけばいいけど、忙しいし人も多いし、気が引けるなぁ...という方に朗報。

わざわざお店に足を運ばなくても、クラウドファンディングを実施している オーダーメイドのサービスを使用すれば、期間中お得に、しかも自分に合ったサイズのファッションアイテムを購入することができます。

現在クラウドファンディング実施中で、ビジネスファッションアイテムがお得に購入できる2つのブランドをご紹介します。


1. オーダーメイドサービス「LaFabrics」


140628crowfun2.jpg


LaFabrics(ラファブリックス)」は自分の体のサイズをネット上で入力するだけで、自分の身体にピッタリフィットしたオーダーメイドスーツやシャツをお手頃な価格でつくることができるサービスです。


140628crowdfund3.jpg


サイト上で7つの体型に関する選択式の質問に答えるだけで、あなたの体にフィットしたシャツやスーツをつくることができます。さらに精度の高いものが欲しい方は、サイト上にある動画を見ながら専用のメジャーを使って自分の体を採寸して、細かい採寸情報を送ることもできます。


140628crowdfund4.jpg

スーツの裏地やシャツのカフスも種類が豊富にあり、パーツごとにデザインを選ぶことができます。


140628crowdfun5.jpg


通常50,000円する3ピースセット(ジャケット&パンツ&ベスト)が、専用スーツカバーやメジャーもついてきてクラウドファンディング実施中は40000円で購入できます。中間業者を省くことで、かなりのお手頃価格を実現しているそう。

クラウドファンディングでさらにお得に商品を購入することができるのは6月27日18時までです。


2. ウォッチブランド「Knot Timepiece」


140628crowdfund6.jpg

「Knot Timepiece(ノットタイムピース)」は、時計本体とベルトを別々に購入することができる、MADE IN JAPANのウォッチブランド。上の写真は、時計の本体は同じデザインなのにベルトを変えたことで全く別の時計のように見えますね。


140628crowdfund7.jpg

時計とベルトの300通り以上の組み合わせの中から、自分のお気に入りをカスタムオーダーすることができます。


140628crowfund8.jpg

ベルトはレザーからナイロン製のトリコロールデザインまでたくさんの種類があります。


140628crowdfund9.jpg


全部で17000円相当する時計本体とベルトのセットが、クラウドファンディング中はウォッチボックスやウォッチクロスもついて14,000円とかなりのお値段で購入することができます。

本体1つ、ベルトを異なるデザインで2種類購入するだけで平日も休日も楽しめます。こちらは7月22日までクラウドファンディングを実施しています。

2つのブランドとも、クラウドファンディングを開始して約4日で目標金額100万円を達成したという話題のブランドなので、是非チェックしてみてください。


(森恵)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • オーダーメイドガイド2
  • ギャップジャパン株式会社|ギャップ・ジャパン
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.