• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  09:00 PM

37signalsの創設者が語る「求職者が見せるべき資質」

37signalsの創設者が語る「求職者が見せるべき資質」

求職者が見せるべき資質


Inc.:筆者のジェイソン・フリード氏は、プロジェクト管理ツール『Basecamp』などで有名なソフトウェア開発企業「37signals」の共同創設者です。また、同社の成功について記した『小さなチーム、大きな仕事』の著者でもあります。今回はそのフリード氏に、同社の採用において重視する資質についてお聞きしました。


スキル以前に重視する資質


37signalsでは、1つの採用枠に優秀な候補者がたくさん集まります。

最近、37signalsでは、『Basecamp』のプロダクトデザイナーを1名募集しました。プロダクトデザイナーとは、プロジェクトのビジュアルデザインを統括するポジションです。また、チームの方向性をまとめる役割もあります。37signalsはあまり頻繁に採用を行いません。採用は、候補者と私たちにとって貴重な出会いの機会です。

私は、プロダクトデザイナーの候補者を選ぶとき、基本的なデザインスキルに注目します。すなわち、明瞭に思考しコミュニケーションできるか、センスがあるか、新しいアイデアを生み出すビジョンがあるか、新規プロジェクトを構想するだけでなく、実行に移す能力があるか、などです。しかし、こうしたスキルの前に、私が最大に重視する資質がひとつあります。この資質を持った人に、失望させられたことは一度もありません。候補者の中にこの資質を持つ人がいたら、その人はリストのトップに躍り出ます。この資質が欠けているとみなされると、リストの下の方へ下げられるでしょう。


その資質とは「努力」です。私は、仕事を得るために「努力」する人を採用します。何が「努力」かを決める明確な定義はありません。努力の意味を決めるのは個々人であり、その人なりに努力をデモンストレーションしてくれればいいのです。最近のデザイナー募集の告知には、シンプルに「関連した仕事のサンプルを送ってください。また、何でもいいのであなたを際立たせるものを送ってください。宛先はjason@basecamp.com。特別な努力と個性を見せてもらえることを期待します」と書かれています。


仕事のポートフォリオを送るだけでは不十分


残念ながら、努力の資質を持った人はまれです。今回のポジションに200人近くから応募がありましたが、私たちの注意をひく努力を見せてくれたのは10%に過ぎません。職に応募するときに見せるべき「努力」とは何でしょうか? まず、何がそうでないかを見てみましょう。「標準的な履歴書とカバーレターを送ってくる」もっと悪いと、「LinkedInへのリンクを送ってくる」 これとは対照的に、このポジションを得るために特別に作ったウェブサイトへのリンクを送ってくる人もいます。本当にその仕事が欲しい人は、自分のポートフォリオ全部を無遠慮に送ってよこしたりはしません。関連する仕事だけを丁寧に選び、その背後にある思想を説明しようとします。また、努力の資質を持った人は、一般論では話しません。Basecampをどうすればさらによくできるか、具体的に語ります。

求職者が多ければ多いほど、他の誰よりも努力を見せてください。それが一歩抜きん出る秘訣です。努力は、その人の仕事における倫理観や、アイデアを売り込む能力を証明します。求職活動でそれができない人が、会社に入ってからできるとは思えません。

また、努力はユニークなチャンスも作り出します。私がビジネスパートナーのデビッド・ハイネメイヤー・ハンソンと出会ったのは、彼が他の誰よりも努力したからです。さかのぼること2001年、デビットはコペンハーゲン・ビジネススクールの学生でした。彼は履歴書も持っておらず、実務経験もそれほどありませんでした。しかし、彼は私を助けるべく多大な努力をしてくれました。それがなによりも、彼が何ができる人かを物語っていました。

当時、私はPHPのプログラミングを学習していました。私はブログに、理解できなくて立ち止まっているポイントを書いて投稿しました。たくさんの人がコメントをくれました。しかし、デビットのコメントは、思慮深く、完璧で、簡単に理解できるものでした。私たちは矢継ぎ早にメールをやりとりしました。彼のすべての返答が助けになりました。彼は当時、仕事を探してはいませんでしたが、私に大きな印象を残しました。後に、私はデビットを契約プログラマーとして雇いました。彼が卒業すると、正社員として雇いました。今では彼はビジネスパートナーです。すべては、私が求めた少しの援助に対して、彼が大きな努力で答えてくれたことに始まります。

「特別な努力」のパワーを過小評価しないこと。学校では教えてくれないことです。履歴書には書かれないことです。しかし、求職者が本当に自分を目立たせるため使えるもののひとつです。また、雇用主がよい社員を雇うための優れた指標でもあります。「努力」をあなたの小さな秘密兵器にしてください。


The One Trait That Guarantees a Good Hire|Inc.

Jason Fried(訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
  • ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン|早川書房
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.