• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 AM

ネットが繋がらないあの人のために。超薄型モバイルルーターを持って「Wi-Fi兄さん」になろう

Sponsored

ネットが繋がらないあの人のために。超薄型モバイルルーターを持って「Wi-Fi兄さん」になろう

WiMAX2+


大量のデータ通信が必要な時、予期しないアクシデントが起こった時など、高速なWi-Fiがなくて困る状況は意外と多いのではないでしょうか。そんな時「歩くWi-Fiスポット」のような人がいたら便利です。仮に、そんな歩くWi-Fiスポット「Wi-Fi兄さん」がいたら、あなたの生活はどう変わるでしょう? 今回、ライフハッカー編集部では、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルーターを使い「Wi-Fi兄さん」が活躍する場を考えてみました。


薄くなったルーターの登場で、使い勝手が向上


WiMAX 2+はUQコミュニケーションズが提供する高速通信サービスです。下りの速度は最大110Mbps(上りは最大10Mbps)と高速。しかも、契約から2年間は月に7GBを超えて使っても速度制限がかかりません(たとえ契約から2年を超え、月7GBを超えても、下り最大40MbpsのWiMAXノーリミットモードに切り替えれば使い放題)。これは、他の通信事業会社のLTEサービスではあまり見かけない大きなメリットと言えるでしょう。

そのWiMAX 2+対応の最新モバイルWi-Fiルーターが『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』です。実物を見て驚くのはその薄さ。たった8.2mmでカードを一回り大きくした程度のサイズ。重量はわずか81gです。カバンや服のポケットはもちろん、おサイフにも収納できそうなコンパクトさです。もちろん、薄くてもパワーは十分。電波の弱いところでもつながり、快適な通信速度が確保できる「WiMAXハイパワー」にも対応しています。


wimax5.jpg

スマホと見間違うほどの薄さ


さて、WiMAX 2+および『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』を持ったWi-Fi兄さんが活躍するシーンとして、次の3つが挙げられます。


シーン1「通信速度が原因で動画が再生できない!」


wimax6.jpg

クルクルマークが出てネット配信の動画が再生できない!


回線が安定していないのが原因でネット配信の動画がカクカクしたり、まったく動かなくなったりした経験はありませんか? 特に繁華街など人が多く集まる場所では、LTE対応のスマホといえども厳しいことがあります。そんな時、Wi-Fi兄さんがいれば、高画質の動画もスムーズに再生できます。実際、電波さえ入れば、WiMAX 2+の方が安定して繋がるので、映画やドラマも最後まで途切れることなく楽しめます。しかも、WiMAX 2+は、いくら使っても通信速度の制限がないので、心おきなく使えるところもありがたいです。


シーン2「使いたい時に手元にない!」


wimax9.jpg

ワイシャツの胸ポケットにも余裕で入るサイズ


モバイルルーターを持ち運ぶのは面倒、と感じる人も多いのではないでしょうか。使いたい時に手元にない、というのもよくある話です。Wi-Fi兄さんのモバイルルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』は、持ち運びにも有利です。むしろ持っていることを忘れてしまうぐらいでしょう。いつも持ち歩いている状態にできるので、普段はスマートフォンのLTEをメインで使っていたとしても、意外な場所やシチュエーションで『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』を使う機会がやってくるはずです。

たとえば、海外から日本にやってきた友だちがネット回線で困っている。実際によくあるんですよ。というのも、海外では無料のWi-Fiスポットが多いですが、日本ではほとんどが有料のサービスだからです。そんなとき『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』があれば、さっとつないであげられます。

皆がスマホを持つようになって、テザリングの利用も増えてはいますが、通信スピードが思わしくなくなったりして、「困ったときはお互い様」と友だち同士でWi-Fiを融通し合うことはよくあるのではないでしょうか。そんなシーンでも、データ量を気にせずに使えるWiMAX 2+(およびWiMAX)は便利です。


wimax10.jpg


『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』はノートPCとの組み合わせでも快適に動作します。バッテリーも長持ちで、連続通信時間はWiMAX 2+でも約7時間もあります。実際は、常に通信しっぱなしということは少ないでしょうから、たいていの場合は半日から1日はバッテリーが持つ感じです。


シーン3「アクシデントで繋がらない!」


wimax14.jpg

会社の無線LANがダウン! そんな時でもWiMAX 2+のルーターがあれば、業務に支障なし。


『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』では、最大10台までの機器が同時接続可能です。1人で何台もインターネットに接続する機器を持っている場合はもちろん、グループでも便利に使えます。

たとえば家族旅行。移動中にお父さんはパソコン、お母さんはタブレット、子どもたちはポータブルゲーム機といった具合に同時インターネット接続が可能。一度設定しておけば、使うときにルーター本体の電源を入れるだけと、操作が簡単なのも子どものいる家庭ではメリットになるでしょう。

会社の無線LANがダウンした時こそ「Wi-Fi兄さん」に頼る時です。突然のアクシデントでも、自分を含めて同僚まで繋げてあげられます。

『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』では、セット購入できる専用の台(クレードル)を使用することにより、有線LANで接続することもできます。パソコンはもちろん、Wi-Fiに対応していないテレビのLAN端子にもつなげられるのです。また、クレードルは、自宅のブロードバンド回線に接続してWi-Fiルーターとしても使用できるので、屋内ではWiMAXの電波が入りにくいご家庭でも、ルーターとの接続を切ることなく使い続けられます。


専用アプリを使えば、ルーターを触らなくてもいい


140620wimaxapp1.jpg


意外と便利なのが、専用のスマートフォンアプリ「NEC WiMAX 2+ TOOL」(Android/iOS対応)。ルーター本体をカバンなどに入れたまま、スマホで電波状況や電池残量が確認できます。リモートで本体の起動や、通信モードの切り替えも可能です。


今なら@niftyにてキャッシュバックキャンペーン実施中


今回ご紹介した『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』ですが、本日6月20日に発売です。@niftyでは、1万円が戻ってくるキャッシュバックキャンペーンを実施中ですので、この機種を購入するなら@niftyがオススメです。


『Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11』を使って改めて実感したのは、ただ自分が高速にインターネットを使えるだけでなく、持っていると周りの人も助けられるツールだということ。しかも、Wi-Fiの電波を分けてあげても自分の懐はまったく痛まないので、ネットが遅くて困っている人を見ると、赤の他人でも「Wi-Fi使います?」と声をかけたくなるほど(笑)。そのスピード以上に気持ちに余裕が出てきます。自分のため、まわりの人のため、あなたも「Wi-Fi兄さん」になってみませんか?


「Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11」のスペック

  • サイズ:幅約109×高さ8.2×奥行き65mm
  • 重さ:約81g
  • バッテリー容量:2100mAh
  • 同時接続台数:10台
  • 連続通信時間:WiMAX2+ 約7.0時間、WiMAX 約10.5時間
  • 連続待受時間:休止モードで約500時間
  • カラーバリエーション:ホワイト、ブラック

※文中に記載されている@nifty WiMAX(ワイマックス)の回線速度は理論値です。必ずしも記載通りの速度が保証されているものではなく、通信環境や接続の時間帯などにより、記載通りの速度が出ない場合があります。


Wi-Fi WALKER WiMAX2+NAD11|@nifty

(文/小口覚 写真/大崎えりや)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • [NHK&日本テレビ「シューイチ」で放送] ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT! 」 A4サイズ グレー CPG10GY
  • サンワダイレクト

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.