• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   10:00 PM

手元に残るお金を増やすには「隠れた出費」に注目するべし

手元に残るお金を増やすには「隠れた出費」に注目するべし

手元に残るお金


社会人になって給料をもらえるようになったり、転職で高い給料もらえるようになったりすると、もっとお金が使えるようになると思いますよね? しかし、必ずしもそうとは限りません。仕事に付随して増えるかもしれない経費についても、考えなければなりません。


米ブログ「Budget Blonde」では、浮かれて喜ぶ前に、追加で払わなければならない経費がないか調べたほうがいい、としています。例えば、所得税といった税金を支払う必要も出てきます。そうなると、手取りの給与がいくらになるのか計算した方がいいです。他にも増えるかもしれない経費はいくつかあります。


  • 学生ローン(奨学金)の支払いをし始めなければならないかもしれない(住民税、所得税、社会保険料の支払いなども)。
  • 今よりも家賃が高い地域に引っ越さなければならない場合、同じような条件の家に住み、同じような生活をしても、やむを得ず支出は増える。
  • 学生料金の恩恵を受けていた場合は、保険、スポーツジムの会費、映画のような娯楽の料金が増える。
  • スーツやビジネス向けの洋服を着なければならなかったり、車を使うことになった場合、持っていなければ買う必要があるかもしれない。
  • 給与の割合で家計を管理している場合、自分の生活は何一つ変わらなくても、貯金に回すお金や支出が増えるかもしれない。


意外なところから出費が増えている場合があるので、意識して気をつける必要があります。まずは、家計簿アプリなどを使った「出費の見える化」から始めてみてはいかがでしょう?


What to Do with a Big Income Increase|Budget Blonde

Dave Greenbaum(原文/訳:的野裕子)
Photo by Images Money.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 一生お金の不安がなくなる本
  • エクスナレッジ
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.