• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  10:00 PM

Amazonの創設者ジェフ・ベゾスから学ぶ「成功の秘訣」

Amazonの創設者ジェフ・ベゾスから学ぶ「成功の秘訣」

ジェフ・ベゾス


Inc.:Amazonの創設者ジェフ・ベゾス氏は、ユニークな方法でビジネスに取り組みます。ベゾス氏のやり方を学べば、あなたの会社経営にも役立つかもしれません。

ベゾス氏のことを、小物であるとか、慣習に囚われていると評する人は誰もいません。大胆なやり方で「なんでも売る店」を築きつつあるこの男は、ビジネスに対して非常識なアプローチをすることで有名です。

利益を度外視して新規事業を推し進めたり、社内で読書会を開くなど、「Amazon.com」の創設者は物事を普通のやり方では進めません。

ベゾス氏の一見きまぐれなやり方の背後には、どんな思想があるのでしょうか? ベゾス氏の非常識なアプローチから何が学べるでしょうか?

現在Microsoft社の社員で、元プライベート・エクイティ・ファンドのパートナー、Tren Griffin氏は、自身のブログで、ベゾス氏の公開発言から「箴言集」を作ることを勧めています。

そこで今回は、「これは」と思うベゾス氏の発言を集めてみました。


あなたが利益率こだわるほど、私のチャンスは広がる

Griffin氏は次のように書いています。「ベゾス氏は、競合他社が利益率やその他の財務比率を重視するほど、Amazonのチャンスが広がると考えています。競合他社が利益率にこだわっている間に、ベゾス氏はフリーキャッシュフローの最大化を目指します」 
(フリーキャッシュフロー:企業が事業活動で稼いだお金のうち自由に使うことができるお金)

「ベゾス氏は、2004年の株主への書簡で、フリーキャッシュフローを重視すると明言しました。彼は、ウォール街のアナリストなど、社外の誰かを喜ばせるために「率」にこだわったりはしないのです」

あなたはどうですか? 自分のビジネスにとって真に重要な数字に注目していますか? それとも、他の誰かが重要だと言う指標ばかりを追いかけていますか?


力のバランスは企業から消費者へと移りつつある。この事実への正しい対応は、エネルギー、注意力、お金の大部分を、優れた製品やサービスの創造に使うことだ。宣伝やマーケティングにではなく。


「古い世界では、30%の時間を優れたサービスの構築に使い、70%の時間を広告宣伝に使っていました。新しい世界では逆になります」とベゾス氏。あなたはビジネスについて話すことばかりに力を入れて、ビジネスそのものをないがしろにしていませんか? 

「本当に優れたビジネスは、広告宣伝に頼らず、『本質的な力』によって顧客を獲得します。優れた製品と口コミがセールスの原動力になるのです。反対に、膨大な広告費をかけて商品を売らなければならない企業は、インターネット時代には競争力を失います」とGriffin氏は話しています。


一年間に行う実験を2倍にすれば、創造性も2倍になる。


イノベーションの数を増やすのは、あなたが思っているより難しくありません。単純により多くのことにトライすればいいのです。この言葉は、Amazonのアプローチをよく説明しています。


よく知っていることだけを行えば、きっとうまくいくでしょう。しかし、多くのチャンスも逃すでしょう。


実験は、その定義上、失敗する可能性があります。あなたは失敗を恐れて、実験の数を減らすかもしれません。しかし多くの場合、実験して失敗するよりも、実験しないことのほうが大きな問題を生みます。以下、Griffin氏の談。「ウォーレン・バフェットはこう言っています。『もっとも愚かな間違いは、コミッション・エラー(やってはいけないことをする)というより、オミッション・エラー(やるべきことをやらない)に属します。オミッション・エラーは目に見えませんからね。しかし、見えないからといって代償が減るわけではありません』」


イノベーションを起こしたいなら、誤解を恐れてはならない


イノベーションを起こしているベゾス氏だけが孤独なのではありません。「マーケットに迎合していては、マーケットで秀でることはできません。同じく、非常識な視点で物事を見て、その視点が競合他社を打ち負かすと信じる必要があります」とGriffin氏。


倹約は、制約と同じく、イノベーションの原動力となる。閉塞状態から抜け出すには、自分で新しい方法を見つけ出すしかない。


もしかしてあなたは、潤沢な資金があればビジネス上の問題を一掃できると思い描いていませんか? たぶんそれは間違いです。「お金が増えれば、それだけ問題も増えます。また、お金がありすぎる企業はイノベーティブになれません」とGriffin氏。もちろん、制約を味方にするのは簡単ではありません。しかし、この発言は、制約をむしろ原動力とするベゾス氏の姿勢をよく示しています。


事実ベースの決定が優れているのは、ヒエラルキーをひっくり返してしまうことだ。


多くの企業が、年長者やカリスマの意見に従って意思決定を行います。Amazonは違います。あなたの企業はどうでしょうか? 事実ベースの意思決定をしたほうが利益を得られると思いませんか?


7 Jeff Bezos Quotes That Outline the Secret to Success|Inc.

Jessica Stillman(訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • ジェフ・ベゾス 果てなき野望
  • ブラッド・ストーン|日経BP社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.