• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  11:00 AM

貯金や返済の目標を必達させる7つの工夫

貯金や返済の目標を必達させる7つの工夫

140526_Money.jpg


貯金をするぞとか、お金を増やすぞとか、決意した時というのはワクワクする気持ちもあるのではないでしょうか。その目標を達成すればもっとワクワクします。しかし、決意した時から目標を達成するまでの道のりは長いことが多く、その期間は本当に自分の根気が試されます。

クレジットカードの支払い、老後のための貯蓄、学生ローンの返済などに取り組み始めた時は、気持ちが折れそうになる人が多いです。今回は、経済的に我慢する時期が続きそうな時に、気持ちを切らさないようにする方法をいくつか紹介しましょう。


1.目標は低めに設定する


目標を設定してから達成するまでの時間を短くする、とても簡単な方法があります。それは、目標を低めに設定することです。このアイデアに関しては、以前もご紹介したことがあります。大きな目標を小さく、管理しやすく、細切れにすれば挫けにくくなります。また、目標が達成しやすくなれば、それだけ自分を褒める機会が増えることになり、やる気も持続します。

これは、雪だるま式に増えた借金を返済するのにもっとも効果的な方法です。米Lifehackerでは、この方法について詳しく取り上げたことがありますが、要するに一番金額の少ない借金から(もしくは少額ずつ)返済していくということです。返済する流れや勢いがついてくれば、モチベーションも保ちやすくなるからです。

数学的には理にかなっていないかもしれませんが、返済しなければならないお金を溜め込んでしまう理由の多くは、お金に対する考え方が問題だというのは証明されています。

借金を踏み倒したくない場合や、大きな借金を返すことだけを考えなければならない場合など、目標を低く設定した方がいいケースは他にもあります。ある一定金額を返済したら、自分を少しだけ誉めてあげましょう。「今年中に5000ドル貯めたい」というのではなく、「今月は400ドル貯めたい」という風に目標を変えます。


2.仲間を見つける


パーソナルファイナンスに関するフォーラムを展開している「Wise Bread」共同設立者のLynn Truongさんは、「自分にとってお金に関する最高のTipsは、似たような考えの友だちを持つことだ」とCNNで語っていました。


お金を上手く管理することは、生活習慣のようなものです。同じ経済観念を持っている人に囲まれていれば、お金に関する生活習慣も保ちやすくなります。


これは、途中で挫けそうになった時に特に実感します。金銭的に抜け目のない友だちが、やる気を取り戻させてくれます。

報告しなければならない状況を作るのも、大いに効果があります。経済的な目標を持っている友だちと一緒にがんばりましょう。お互いの状況をチェックし合ったり、進捗を報告し合ったりできるので、目標を常に意識できます。

金融関係のブログを読んだり、財テクに関するワークショップに参加するなど、目標のことを思い出しやすい環境に身を置くのもいいでしょう。途中で挫折してしまっても、それを打ち明けるのをためらわなくていいのです。「Your PF Pro」ではこのように言っています。

友だちに相談したり、個人の金融系ブログで答えを見つけましょう。同じような目標をすでに達成している人に連絡を取って、何かいい方法はないか、どうやって目標を達成したのか、アドバイスしてもらいます。


3.貯金は楽しくやる


筆者は学生ローンの返済のために、副業をするなど仕事を増やすのではなく、コツコツと節約する方が向いていたそうです。節約すると比較的簡単にお金が貯まりますし、楽しく貯金できる方法もあります。

楽しく貯金するアプリをダウンロードすればもっと楽しくなると、「Our Freaking Budget」でJoannaさんが書いていました。米Lifehackerでは人気の家計簿アプリ5つを紹介したこともあります。

この手のアプリには、家計簿をつけるだけでなく、お金に関する他のことでも役立つ機能があります。例えば『Unsplurge』は、お金に関する目標を公にすることで、無駄遣いしないようにコミュニティが励ましてくれるので、早く目標を達成することができます。

さらに、もっと節約がしたいという人に「Our Freaking Budget」のアドバイスが参考になります。


1円も使わずに何日間過ごせるか? 買い物に行かずに、どのくらい食材を工夫して食事を作ることができるか? 節約しているのにお金を使ってしまいそうな時は、このようなチャレンジをすると特に効果的です。


4.浪費の誘惑に負けない


似たような経済観念を持った友だちが目標に近づけてくれますが、浪費家の友だちとつるんでいると、目標からは遠ざかります。別に浪費家の友だちとは縁を切れと言うつもりはありませんが、一緒に買い物へ行くのはやめた方がいいでしょう。お金を使いたい誘惑に駆られてしまうからです。

オンラインショッピングをついついしてしまうという人は、以前米Lifehackerで紹介したオンラインショッピングの衝動買いを防ぐ方法を参考にしてみてください。その中のTipsにはこのようなものがあります。

  • クレジットカード情報をオンラインショップに登録しない。
  • 衝動買いがしたくなっている時にはオンラインショップをブロックする。

一般的な衝動買いを抑える方法についても、いくつかTIPSをご紹介しておきましょう。

  • HALT」メソッド:空腹(Hungry)、怒り(Angry)、孤独(Lonley)、疲れ(Tired)を感じている時は衝動買いをしやすいので、そういう時は買い物に行かない。
  • クレジットカードやデビッドカードに、お金に関する目標を書いてテープで貼る。
  • ImpulseSave』のような衝動買いを抑えるアプリをダウンロードする。


5.たまには息抜きをする


予算には少し"遊び"を入れるのが大事だとよく言います。まったく何の楽しみもなく、キツキツの予算を組んでいると、すぐに我慢できなくなります。必要な物だけにお金を使って生活をするのが、数学的には節約の近道だという論理はわかりますが、そのような予算は現実的ではありません。

そうは言っても、どの程度の遊びなら許容範囲なのかわからないと思いますが、やる気を無くさず、むしろやる気が出るような、ちょっとしたご褒美を与えましょう。例えばこのような感じです。

  • 貯金の15%は、好きに使っていいお金として取っておく。
  • お金に関する小さな目標を達成する度にご褒美を与える。
  • 予算の中に自由に使えるお金の項目を設ける。


6.目標を目につくようにする


ありきたりのことだと思うかもしれませんが、実際に効果があります。目標が目に入ることで、なぜ目標を達成しようとしているのかという、初心を思い出させてくれます。米LifehackerのライターAlan Henryは、目標を目につくようにする方法を、いくつか例としてあげていました。

  • 貯金をして家が買いたい場合は、夢のマイホームの写真を机の上に置く。
  • 貯金をして車が買いたい場合は、デスクトップの背景画像を憧れの車の写真にする。
  • 貯金をして旅行がしたい場合は、乗ってみたいクルージングのウェブサイトをブラウザのホームページにする。


7.さらに上を目指す


お金に関する個人的な最初の目標を達成したら、次の目標を意識しましょう。例えば、借金を返している最中であれば、老後の貯蓄や初めての投資に関する本を読んでみます。このようなことをするメリットは2つあります。1つは今の目標を達成するモチベーションが保てること、もう1つは、最初の目標を達成した時には、次の目標を目指す準備ができていることです。

ほとんどの場合、お金に関する目標を達成するまでには、長い間我慢しなければならず、モチベーションを持続することが難しいです。最初の目標に集中しながら、次の目標の準備をすれば、その間にも自分に対するご褒美はいくつかあります。そのことが、長い間耐え忍ぶことにも価値があると思い出させてくれるはずです。


Kristin Wong(原文/訳:的野裕子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 男の本格節約術―5年で1000万円貯める52のノウハウ
  • 柏本 湊|ごま書房新社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.