• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,,,  11:00 AM

Amazonをとことん使いやすくするアドオン6選

Amazonをとことん使いやすくするアドオン6選

140526_Amazon_01.jpg


Amazonは紛れも無くオンラインショップの王様ですが、完ぺきというわけではありません。実利主義的なインターフェイスは、お世辞にも良いデザインとは言い難いです。しかし、うれしいことに、ブラウザに拡張機能やアドオンを追加すれば、かなり使いやすくなります。世界最大のショッピングサイトでの買い物、もっと楽にしましょう。


他のWebサイトの物をAmazonのほしい物リストに追加する「Amazon's Wish List」


140526_Amazon_02.jpg


ChromeFirefoxBookmarklet

Amazonのほしい物リストは、いつか買いたいと思っているものを記録するのにとても便利ですが、当然ながらAmazon以外のサイトではまったく使えません。しかし、拡張機能「Amazon's Wish List」を使えば、他のショッピングサイトのものでも、このボタンを押すだけで、欲しい商品をAmazonの欲しい物リストに追加できます。


ほしい物リストにさらに機能をできる「1Button」


140526_Amazon_03.jpg


ChromeFirefox

上記の「Amazon's Wish List」以上の機能をほしい物リストに追加したい場合は、「1Button」はいかがでしょう。この拡張機能は、ほしい物リストに商品を追加するだけでなく、価格を比較したり、日々の取引の通知をしたりすることもできます。「Amazon's Wish List」よりも少し機能が豊富ですが(おそらくバックグラウンドのリソースもより多く使っていそう)、Amazonのヘビーユーザーはかなり気に入ると思われます。


価格の変動を追跡できる「Camelizer」


140526_Amazon_04.jpg


ChromeFirefox

Amazonを熟知したユーザーであれば、今日の価格は明日には変わっているかもしれないことを知っています。以前に紹介したこともあるアドオン「Camelizer」は、Amazonの商品の価格履歴を見ることができます。現在の価格が、平均価格よりもどれくらい安いのか(もしくは高いのか)、価格が下がりやすいのはいつか、最後のセールからどれくらい時間が経っているのかなどを見られます。未来は誰にも予測できませんが、Camelizerがあれば、少なくとも商品の価格履歴から推測できそうです。


海外から商品が発送されている時は「Does Amazon Ship to ...?」


140526_Amazon_05.jpg


Chrome

Amazonは色々な国で展開しています。Chromeの拡張機能「Does Amazon Ship To...?」を使えば、特定の商品を自分の国に送ることができるのかがわかります。Amazonだけでなく、別のオンラインサイトの同じ商品を見られたり、金額や送料、自分の国に発送できるかどうかも確認できます。


他国の価格と比較できる「Pricenoia」


140526_Amazon_06.jpg


Chrome

大体の場合は、送料がかからないため地元で買い物をした方がいいです。しかし、大量に買う場合などは、他の国でもっと安い価格で買った方が得なこともあります。「Pricenoia」は、「Camelizer」のように価格履歴のグラフを見ることができますが、他国の価格との比較をするためのものです。送料が上乗せされていないので、自分で調べなければなりませんが、市場価格がどのくらいなのか一目で分かるので便利です。


商品画像が見やすくなる「ImageFlow」


140526_Amazon_07.jpg


Chrome

Amazonでは、売り手がアップロードするものと、買い手がアップロードするもの、両方の商品画像がたくさんありますが、イメージギャラリーがかなり見にくいです。「ImageFlow」は、画像を拡大したり、回転したりすることができる、イメージギャラリーを作ってくれます。そこまで大きな変化ではありませんが、Amazonの機能やデザインが好みではない人にとっては、小さな変化でもサービスが少しでも向上すれば、歓迎すべき機能といえるでしょう。


Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形4個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)
  • AmazonBasics
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.