• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  06:00 PM

最適な風力発電の場所はビッグデータを解析すればわかる

最適な風力発電の場所はビッグデータを解析すればわかる

140531mugendai_air.jpg


ライフハッカーでも記事にしているビッグデータの活用例。クラウドサービスとならんで、いまやメジャー級のテクノロジーといえます。

数多くのテクノロジーによるイノベーション事例を紹介するウェブメディア「Mugendai(無限大)」より、これまでにもビッグデータに関する記事をいくつかピックアップしてきました。たとえば、千葉市の行政での構想案売れるヨーグルトの味を予測大都市の交通渋滞を解決などです。

そして、また1つの事例を取り上げます。ビッグデータが今回役に立つのは、グリーンエネルギーを生むための大事な要素ともいえる「風力発電機のタービン設置場所」です。


デンマークに本社を構える電力会社Vestas Wind Systemsは2011年より、風力発電機のタービン設置場所を最適化するために、IBMのビッグデータ分析ソフトウェア「InfoSphere BigInsight」とIBMのスーパーコンピューター「Firestorm」を活用しています。

天気予報、潮汐、地理空間データ、センサー・データ、衛星写真、森林伐採マップ、気象情報のモデルをはじめとする、数ペタバイトにおよぶ構造化データおよび非構造化データを解析し、最適な設置場所を特定することが可能になるこのソリューションサービス。導入以前は3週間を要していたデータ解析が、15分以内で完了できるようになるそうです。


スマートフォンやPCでよく聞く単位は「ギガバイト(GB)」ですが、「ペタバイト(PB)」は100万ギガバイトというデータ量です。それだけの膨大なデータをわずか15分以内に解析し、より最適な設置場所を効率よく見つけられる。人知が及び得ない領域が、ビッグデータの活用、テクノロジーの進歩によって変化している一例に感じます。

日本でも、日本風力発電協会が2020年までに現在の4倍に当たる1090万キロワットの発電を目標にすると発表しました。出力ベースで一般的な原子力発電所の10基分に相当するとのことで、期待がかかります。日本でも今後、最適な設置場所を見定めるのに同様のデータ解析が行われるのかもしれません。



エコなビッグデータ活用! 風力発電機のタービン設置場所を、ビッグデータ解析で最適化したVestas Wind Systems | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 日本の知らない風力発電の実力
  • 安田 陽|オーム社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.