• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 AM

コミュニケーションを円滑にするために「7つのC」を意識してみよう


日常生活の中でコミュニケーションの機会は絶えません。メール、電話、そしてミーティングなどをいつも生産的にこなせるように、ブログ「Mind Tools」がコミュニケーションをする際に重要なことのチェックリストを公開しています。


コミュニケーションを円滑にするためには「7つのC」を意識してみましょう:

1.Clear:明瞭に。相手にメッセージが明確に伝わるよう心がけましょう。コミュニケーションの目的を意識してください。

2.Concise:簡潔に。短く要領を得たメッセージにしましょう。3文で終わるメッセージに6文かける必要はありますか?

3.Concrete:具体的に。詳しい説明や事実を盛り込みながらも、メッセージの焦点がぼやけないようにしましょう。

4.Correct:正確に。記述や発言の正確さを意識しましょう。誤った情報は無益です。誤字にも注意を払いましょう。

5.Coherent:理路整然と。メッセージは理解しやすいですか? 関係のない記述が含まれていないか、また、文章のトーンや流れに一貫性があるかを確認してください。

6.Complete:締めくくり方にご注意を。必要な情報をわかりやすく盛り込むだけでなく、明確な「行動を喚起するもの」があってこそ、あなたのメッセージは初めて完成します。あなたが何を依頼したいか、相手に伝わっているでしょうか。

7.Courteous:礼儀正しく。フレンドリーでオープンな、そして実直なコミュニケーションにしましょう。メッセージの内容に関わらず、常に大切なことです。共感を呼ぶようなコミュニケーションを目指し、頑なな姿勢は避けましょう。

なにかを伝えたいとき、いつもこの7つのCを意識してください。メッセージが伝わりやすくなるでしょう。

The 7 Cs of Communication|Mind Tools

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 伝え方が9割
  • 佐々木 圭一|ダイヤモンド社

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.