• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,  07:00 PM

小さな行動がカギ。なりたい自分になるには、まず動いてみるべし

小さな行動がカギ。なりたい自分になるには、まず動いてみるべし

小さな行動


個性をベースにした習慣は力を持ちます。本質的に、自分に対する信念が、長期的な行動を促すのです。毎日できるような小さな行動に注力することで、夢に向かって歩みを進め、新しい習慣を確立できるでしょう。


個性をベースにした習慣については、以前も紹介しました。ジムに行ったりヘルシーフードを食べたりと、1~2回程度であれば自分をだますことはできても、根底にある個性を変えない限り、長期的な変化を維持することは至難の業です。

多くの人が、業績や外見に基づく目標を設定しがちです。「9キロ痩せる」「ベストセラー作家になりたい」などなど。でも、これらの目標は、表面的な変化に過ぎないのです。

行動の変化やよりよい習慣の確立の根底にあるのはあなたの個性。あなたがとる行動は、「できる」という根本的な信念によって促されます。ですから、個性(自分で思い込んでいる自分らしさ)を変えれば、行動を変えることもたやすいのです。

そこで疑問が浮かびます。目標に合った個性を確立するにはどうしたらいいの? 信念を変えて、よい習慣を長期的に継続するには具体的にどうしたらいいの?


自分に対する思い込みを変えるには

思い込み

自分に対する思い込みを変えて力強い個性を築く方法は、私の知る限り1つしかありません。それは、小さな行動をたくさん積み重ねて、個性に票を投じること。

こう考えてみてはいかがでしょう。例えば、筋トレをサボらない人になりたいとします(自分でそう信じていれば、実現はどれほど簡単でしょう)。たとえたった5分間でも、筋トレをするたびに、心の中で新しい個性に一票を投じていることになります。ひとつひとつの行動が、なりたい人物へのきよき一票になるのです。

だから私は、ものすごく小さな行動から始めて、それを継続することを提唱しています(小さな投票でも一票は一票です!)。手始めに、2分ルールはいかがでしょう。継続するには、サインフェルドの方法がいいでしょう。ひとつひとつの行動が、「自分についてこう信じてみよう」という一票。それを続けているうちに、いつの間にかそれが信念になっているのです。

逆もまた真なり。悪い行動をするたびに、そのタイプの個性に一票を投じていることになります。

そこで興味深いことがわかります。以前にも書きましたが、ミスをしたり習慣を確立できなくても、長期的な成功に対してそれほど大きな影響はありません。つまり、多少であれば、悪い行動や生産性の低い習慣に票を投じても構わないのです。どんな選挙でも、両陣営に対する投票が行われるのですから。

目標は完全勝利ではありません。選挙で過半数を勝ち取ればいいのです。目指す個性に向けて十分な票を投じることができれば、よい習慣の勝利につながるでしょう。


なぜ、個性をベースにした習慣なのか?


私たちは、儀式に参加するたびに、明示的にも黙示的にも、信念を表明している。
――トニー・シュワルツ


個性をベースにした習慣が有用だと考える理由は3つあります。


目標よりも自分に重きを置いている

第1に、個性をベースにした習慣は、目標よりも自分に重きを置いています。目標を達成したのに人としての幸せが得られないことは、驚くほどよくあるでしょう。

社会は、結果への執着を押しつけてきます。「目標は何?」「どれだけ忙しいのか?」「どれだけ成功したのか?」

もちろん、達成や改善は悪いことではありません。でも、もっと重要な質問を忘れていませんか? 「自分とは誰なのか?」「自分自身のことをどう信じているのか?」「自分の個性をどうしたいと思っているのか?」

個性をベースにした習慣は、自分の価値や信念を、人生で達成したい成果と結びつけることができる方法なのです。


個性への投票は日々蓄積される

第2に、「個性への投票」というアイデアは、日々の行動が長期的に蓄積されることを意味します。ひとつひとつの行動が、自分が信じる個性への一票なのです。あなたは、行動によってどんな信念を表明していますか?


「全か無か」の考えを排除できる

第3に、個性をベースにした習慣という考え方は、私たちの進歩を妨げる「全か無か」の考えを排除できます。私たちはなぜか、計画を忠実に実行できなければ、それを失敗と考えてしまいがちです。でも、真実はそうではありません。ミスをしても、それはただの一票に過ぎないことを覚えておくといいでしょう。自分が投じている票に注目して、過半数獲得を目指してください。ひとつひとつの行動が、個性へのきよき一票になるのです。


How to Change Your Beliefs and Stick to Your Goals for Good|James Clear

James Clear(原文/訳:堀込泰三)
Graphic by James Clear. Image remixed from Johnny Sajem (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • JOBY カメラ固定具 ゴリラポッド マグネティック 001513
  • ケンコー
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.