• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,  07:30 AM

クリエイターの梁山泊? 家賃0円で暮らせるシェアハウス登場

クリエイターの梁山泊? 家賃0円で暮らせるシェアハウス登場

140523tolabl1.jpg


多くの人にとって、月々の支出の大きな部分を占めるのは「家賃」だと思います。固定費はなるべく抑えて生活したいという理由から、実際にシェアハウスに居を構えている人もいるのではないでしょうか。

さて、そんな「固定費を抑えたい」みなさまに朗報です。東京都台東区東浅草に、半年間家賃無料(電気ガス水道代、インターネット費用他は個人負担)のクリエイター限定シェアハウスがオープンすることになりました。入居は5名限定ですが、敷金・礼金も掛かりません。


最寄り駅は南千住駅。アトリエやイベントスペースもある


物件名は「TOLABL(トラブル)」。所在地は東京都台東区浅草。JR・日比谷線・つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩12分のところに位置しています。地上4階建ての建物で、2014年6月中旬にオープン予定です。このほかの物件概要は以下の通り。


・間取り:1ルーム3部屋、ドミトリー1部屋
・共用施設: キッチン、リビング、洗濯室、屋上、トイレ、浴室、洗面室、アトリエ/イベントスペース
・賃料: 半年間無料(電気ガス水道代、インターネット費用他は個人負担)
※入居半年後に面談し、さらに半年間無料で生活するか退去するか双方で判断。


間取り図はこちら(※クリックすると拡大します)。


140523tolabl2.jpg


5月23日現在、募集しているレギュラー(TOLABLに住める人)は、これまでに何かを生み出したことのあるクリエイター5名。ここでのクリエイターとは、「クリエイティブディレクター」「WEBデザイナー」「WEBエンジニア」「プロダクトデザイナー」「組み込みソフトエンジニア」「ハードウェア(機構筐体/回路設計)エンジニア」など。また、下記に了承できる人が条件です。


・TOLABLに持ち込まれるアイデアの相談に乗ってください
・アイデアが実現に至る過程をTOLABLのブログでレポートしてください
・TOLABLに何らかの形で貢献や協力をしてください


また、TOLABLに関わる準レギュラー(TOLABLに関わる人)20名も同時募集。上記のクリエイターのほか、「グラフィックデザイナー」「インテリアデザイナー」など、自分がクリエイターだと思えば応募可能とのこと。こちらは下記に了承できる人が条件です。


・TOLABLに何らかの形で貢献や協力をしてください
例:イベントスペースでのワークショップ開催、企画会議でのアイデア出しの協力


レギュラー・準レギュラーともに「1Fフロアの使用料無料」「1Fフロアでイベントや個展で使用する際の使用料無料」といった恩恵を受けられます。

募集期間は2014年5月23日~6月20日(※その後は順次募集)。TOLABLの応募ページから申し込みができます。


でも、どうやって運営していくの?


5名限定とはいえ、家賃・敷金・礼金が無料というのは驚きです。しかも「入居半年後に面談し、さらに半年間無料で生活するか退去するか双方で判断」とありますから、半年後も契約更新できる可能性があります。TOLABLは、世の中にクリエイティブなモノ・サービスを提供していくクリエイターの「梁山泊」になるかもしれません。

ところで、家賃0円でどのようにシェアオフィスを運営していくのか気になりましたので、TOLABLを運営するリレーションズ株式会社に電話でインタビューしてみました。TOLABL担当者は、「このシェアオフィスはあくまでもクリエイターを支援するためのものです。単体で収益化するというよりは、弊社のPRとして事業を展開していきたいと考えています。クリエイター支援が巡り巡って弊社、そして社会のためになれば幸いです」と話していました。

このTOLABLから革新的なモノ・サービスが生まれることに期待したいですね。


TOLABL

(安齋慎平)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 年収100万円の豊かな節約生活術 (文春文庫)
  • 山崎 寿人|文藝春秋
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.