• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

galileo  - ,  10:00 PM

睡眠時間は短すぎても長すぎても、脳に悪影響があるかもしれない

睡眠時間は短すぎても長すぎても、脳に悪影響があるかもしれない

睡眠時間


睡眠の重要性や、十分に睡眠を取る方法については、これまで何度も取り上げてきました。一般的に推奨される睡眠時間は7〜8時間ですが、それより長く寝ているとどうなるのでしょうか? 最近の研究によるとどうやら、睡眠時間が長すぎることも、記憶力や思考力の低下と関係しているようです。


ハーバード大学では、女性看護師を対象とした大規模な疫学調査を長年継続しています。1万5000人を超える70歳以上の女性看護師を対象に、睡眠習慣を尋ねた1986年と2000年のアンケート結果を検討したものが、最近、学術誌「The Journal of the American Geriatrics Society」に掲載されました。研究グループではこれに加えて、被験者の看護師らの認知機能に関するテストを、2年おきに3回実施しています。

それによると、睡眠時間が非常に短い(1日5時間以下)被験者と、非常に長い(1日9時間以上)被験者のいずれもが、1日の睡眠時間が7〜8時間の被験者に比べて、記憶力と思考力の成績が有意に劣るという結果が出ました。何よりショッキングなのは、睡眠時間の短い人も長い人も、7〜8時間の睡眠時間の人に比べて、精神年齢で2歳老いていると試算されたことです。

加齢につれて睡眠時間が2時間以上増減するのは、ありがちなことです。ところがこの研究では、こうした人は、睡眠時間に変化のない人に比べて、認知能力が低下している可能性が指摘されています。

「Harvard Health Blog」ではこれらの理由について、睡眠時間が過度に長い人では、多くの場合、睡眠の質が低いため、記憶力や思考力に影響が及ぶのではないか推測しています。

もちろん、相関関係があるからといって、因果関係があるとは限りません(これは、ほかの研究の場合も同じです)。また今回の研究は、特に高齢女性のみを対象としたものです。とはいえ、特に年齢を重ねるにつれて、睡眠の質を上げる努力が大切になってくることは、誰もが知っておくべきでしょう。


Too little sleep, and too much, affect memory|Harvard Health Blog

Melanie Pinola(原文/訳:風見隆、江藤千夏/ガリレオ)
Title image remixed from Olly(Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • ニットメッシュ生地 低反発まくら 30×50㎝ ブラウン
  • クリエイトアルファ
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.