• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  07:00 PM

絶対に失敗したくない人に贈る「中古スマホの完全購入ガイド」

絶対に失敗したくない人に贈る「中古スマホの完全購入ガイド」

中古スマホ


中古のスマートフォンを買えばお金の節約になります。ただし、当然ながら、デバイスのコンディションが悪かったり、盗品だったりするリスクがあります。私は、中古スマホをたくさん購入してきました。そんな経験に基づき、今回は中古スマホを失敗せずに買う方法を紹介します。


スマートフォンは毎年新しいモデルが発表されます。世の中には新し物好きがたくさんいるので、比較的最近のモデルでも中古で安く手に入ります。また、常に「最新が最高」とは限りません。

中古スマホを買うということは、結果責任を自分で負うということです。例えば、製品保証は大抵は切れているか、残っていてもわずかな期間でしょう。また、購入前の動作チェックも自分でしなければなりません。適正価格で入手できるかどうかも自己責任になります。


適正価格の調査

20140510-secondhand-smartphone02.jpg

中古スマホは良い条件で買ってこそ意味があります。まずは、マーケット状況を調査しましょう。あなたが探しているスマホを、どれくらいの人がいくらで売りたがっているかをチェックします。eBayやCraigslist、Swappaを回れば、たくさんの出品リストが見つかるでしょう。チェック項目は以下:



  1. SIMロックが解除されているか。CraigslistやeBayでは、SIMがロックされたスマホもたくさん売りに出されています。そうした商品は相場より少し安くなっています。
  2. eBayなら「現在の価格(current bids)」ではなく「即決購入価格(Buy It Now)」をチェックすること。「現在の価格」は、買い手がいくら払うつもりなのかを教えてくれますが、私の経験では、売り手がいくらで売りたがっているかを示す「即決購入価格」のほうが参考になります。
  3. 全体の相場をチェックするのではなく、「自分が希望するコンディション」のデバイス価格を調べる。中古のスマホは、さまざまなコンディションのものがあります。リンクをひとつずつクリックして、コンディションの良し悪しを確認してください。希望のコンディションのデバイスが見つかったら、はじめて価格をチェックします。コンディションが良すぎたり、悪すぎるデバイスは無視します。
  4. 同等スペックの新品スマホの価格もチェックする。型落ちのスマホを新品と同じ値段で買うほどバカなことはありません。製品保証が切れている分損するだけです。

  5. すべての付属品が揃っているか確認する。欠けている付属品があったら、その購入価格を調べておき、値引き交渉の材料にします。

また、売る側の立場に立って考えるのが有効です。以前、デバイスの売値を決めるためには、製品サイクル、使える地域、経過年数、コンディションなどを考慮すべきだとお伝えしました。同じことが買値を決めるときにも当てはまります。


どこで買うか

スマホをどこで買うかは難問です。どこにも一長一短があります。いずれにせよ、私は必ず売り手と直接会うことにしています。購入前にデバイスを手にとって確認したいからです。


ソーシャルネットワークを使う

私はこれまでに20以上の中古スマホ購入に関わってきました。自分で使うスマホはもちろん、友人の買い物の手伝いもしてきました。私の経験上、ベストな方法は、ソーシャルネットワークで売り手を見つけることです。もちろん、CraigslistやeBay、Swappaでも良い買い物は可能です。しかし、中古のスマホを買うなら、少しでも相手とつながりがあるほうが、安心して取引ができます。良心的な売り手が見つかる可能性も高まるでしょう。良心的な売り手はクリーンで公正な取引を望みます。買い手をがっかりさせたり、取引後にクレームがつくのを望みません。


Swappaで買う

ソーシャルネットワークでうまくいかないとき、私はまずSwappaを試します。Swappaには、不良品を売った人を通報する仕組みがあるからです。不良品とは、盗品や、ESN番号を改ざんしたもの、画面にキズがあるもの、水でダメージを受けたものなどです。万が一、不良品を買わされた場合は、PayPal経由で返金を受けられます。また、Swappaがすべての出品リストを検証しているので、不良品を買わされる確率はかなり低くくなります。一方、eBayやCraigslistで盗品を買ってしまった場合、返金を受けるのは難しいでしょう。

オンラインだけで取引をして、売り手と直接会う予定がないなら、必ず「返品ルール」が明記されているのを確認して下さい。不良品だった場合のリスクヘッジになるだけではありません。返品ルールをきちんと書いている売り手は、良心的な売り手であり、商品の品質にも自信を持っているはずです。


可能な限り直接会う

もし、あなたが私の友人で、私にアドバイスを求めたとしたら、オンラインだけで取引せず、相手と直接会って買うように強く勧めるでしょう。私なら絶対にオンラインだけでは買いません。

私も痛い目を見たひとり:中古スマホをオンラインで買って、ただ配送されるのを待っているのは得策ではありません。売り手がデバイスの詳細な写真を見せてくれたとしても、ビデオ通話であれこれ質問できたとしても、最終的に配達される商品の保証にはなりません。eBayやCraigslistには詐欺師がたくさんいます。彼らは説明文にどんな言葉を並べておけば後から言い逃れができるかを熟知しています。あなたがそうした詐欺師に騙されても、eBayやCraigslistは払い戻しには応じてくれません。

ですので、ソーシャルネットワークやCraigslistでよい売り手を見つけたとしても、相手と直接会ってから買うようにしてください。それもできるだけ昼間に、明るい場所で会うようにします。防犯上の理由だけでなく、デバイスを隅々までチェックするためです。暗い場所では細部を見逃すかもしれません。


値段交渉をする

20140510-secondhand-smartphone03.jpg

売り手と会う前に事前に調べた情報と、売り手が説明するコンディションに基づいて値段交渉をしてみます。一般的に、こうした交渉では見た目よりも機能性が重視されます。「側面のわずかな引っかきキズ」は大きな値引きの理由にはなりません。「画面にひっかきキズ」があれば、大きな値引きが望めるでしょう。

また、購入を最終決断する前に、自分のSIMカードやケーブルを使って、デバイスをチェックするつもりだと伝えてください。私の経験上、そうすることで、信頼できる売り手と、あなたを騙そうとする売り手を簡単に判別できます。チェックする項目を細かく伝えるほど有効です。詐欺師はこの段階で逃げ去ります。良心的な売り手なら、何をどこまでチェックしても文句を言いません。

そして交渉の最後に、現在の買値はスマホが説明通りのコンディションだったときの値段であり、何か問題が見つかれば金額は変更されることを確認し合ってください。当然ですが、こうした交渉は対面のほうがスムーズに行きます。ただし、これはあくまで予防策です。あれこれ難癖をつけて値引きをさせるためではありません。そういう人は誰からも嫌われます。


中古スマホの検証方法

20140510-secondhand-smartphone04.jpg

売り手と会うときには、以下を持参します:


  • 自前の充電ケーブル(持っていなければ友人に借りる)
  • ノートPC
  • 自前のSIMカードか、友人に借りたSIMカード。どのタイプのSIMカードが適合するか事前に調べておくこと(マイクロSIMとナノSIMの違いに注意)
  • ヘッドフォン
  • マイクロSDカード(そのスマホにSDカードスロットがある場合)

スマホを手にとったら、徹底的に調べます。

スマホ本体にくぼみやキズなどがないかチェック。水によるダメージの有無もチェック。とくに、スクリーンやカメラレンズのキズは要注意です。急ぐ必要はありません。ゆっくり時間をかけてください。上の動画で、PhoneBuffが、バッテリーラベルや背面パネルのどこをチェックすべきかを教えてくれています。バッテリが取り外せないユニボディタイプなら、「液体浸入インジケータ」をチェックします。大抵はSIMカードスロットの中にありますが、インジケータの場所は事前にGoogleで調べておきましょう。

開けられるところはすべて開ける。フタ、カバー、ポート、SIMやマイクロSDのプッシュピンスロットなどは、すべて開けてみて、問題がないかチェックしてください。

すべてのポートをチェックする。持参したヘッドホンを差し込み、動作確認をします。また、スマホの充電ケーブルをノートPCに接続し、ポートから充電できるかをチェック。ノートPCから充電できたら、壁の電源タップからでも充電できます。付属品もすべてチェックします。

自分のSIMカードを挿入する。電話をかけ、テキストメッセージを送信し、普段よく見るウェブサイトを開いてみます。これが一番簡単で優れたチェック方法です。もしスマホがSIMロックされていても、このテストですぐにわかります。

サービスコードをテストする。すべてのスマホには、機能チェックのためのサービスコードが用意されています。サービスコードはGoogleで調べてください。例えば、Samsung Galaxy S3では、「*#0*#」でLCDテストを実行します。タッチスクリーンや、減光機能、スピーカー、カメラ、受信装置、バイブレーション、RGB、センサーなどの動作チェックが可能。サービスコードを使って、スマホのあらゆる機能をチェックしてください。


最後の交渉

20140510-secondhand-smartphone05.jpg

すべてのチェックが終わったら、最後の値引き交渉に挑みましょう。いくら引いてもらうのが適切でしょうか? 私の経験から言うと、新しいケースを買えるくらいの金額がベストです。 

中古スマホなので保証期間は過ぎているはず。ケースをつけて少しでも長持ちさせましょう。というわけで、ケースが買えるくらいの金額をまけてもらうのが適当です。もし、売り手がすでに丈夫なケースをつけてくれているなら、満足して取引を終えましょう。

ただし、最後の交渉でやり過ぎないこと。良い印象で取引を終わるべきです。iPhoneのLifeproof Nuudみたいに、80ドルもする高価なケースをねだってはいけません。適正価格での取引は売手と買手の双方をハッピーにします。また、相手と良好な関係を保っておけば、後から問題が発生したときにも連絡しやすくなります。

ソーシャルネットワークで売り手を探すのがベストだと言ったのを覚えていますか? 相手と共通の友人がいれば、タフな交渉をする動機もなくなります。やり過ぎず、公正な取引を心がけてください。最近の取引で、礼儀正しい態度をとった恩恵がありました。売り手はデバイスの数日間の試用を快諾してくれたうえ、スマホを返品するときは返金に応じると約束してくれたのです。


注意点

技適マークのない端末は、電波法の関係で使用できないことになっています。この点を気をつけて、買い物を楽しんでくださいね。


Mihir Patker(原文/訳:伊藤貴之)

Photos by Fraser Mummery, bohed, Jogslang, bykst.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • AR.Drone 2.0 ELITE EDITION - Sand Version【数量限定キャンペーン:バッテリー2本付】
  • パロット
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.