• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

galileo  - ,,,,  10:30 PM

カラダの中も爽やかになる、スパイスやハーブの効能まとめ

カラダの中も爽やかになる、スパイスやハーブの効能まとめ

140512herbs_and_spices.jpg


ハーブやスパイスといえば、一振りするだけでいまいち冴えない料理もおいしくしてくれる、ありがたい存在。それだけではなく、意外にも健康に役立つものが多いのです。

さまざまな食材に豊かな風味を加えてくれるだけではなく、たいていのハーブやスパイスには健康増進効果があるのです。メディカル系ブログメディア「WebMD」によると、ガンや糖尿病、心臓病といった、命に関わるような重大な病気の予防につながる効果も期待できるとか。

さらにスパイスは味付けに使われる調味料の置き換えにも使えます。例えば、スパイスをほんの少し足すだけで、減塩効果が期待できます。これでナトリウムの摂取量を抑えられれば、高血圧の防止に役立つのです。

では、それぞれのハーブやスパイスについて、その効能を紹介しましょう。


ローズマリー


140512herbs_and_spices_2.jpg


ローズマリーには、数千年前から医療や料理の味付けに使われてきた歴史があります。抗酸化物質や、消炎作用を持つ天然成分を含むほか、呼吸器を健康に保つ鉄、骨を丈夫にするカルシウム、胃腸の働きを助ける食物繊維も摂取できます。

2013年にセントルイス大学医科大学院のSusan Farr博士が行った研究では、ローズマリーから抽出したエキスにマウスの記憶力を高める効果があると報告されています。この研究ではさらに、加齢に伴う認知能力の低下を食い止める役割も期待できるとしています。

使い方としては、鶏肉や魚、スープやソースにふりかけるといったものがあります。さらにはオリーブオイルにローズマリーの枝を入れて風味を付けるのも良いですね。


アニス


140512herbs_and_spices_3.jpg


アニスは種の部分がスパイスとして使われており、甘みと独特の香りがあります。リコリス(甘草)に風味が似ているといわれることも多いですね。アニスには荒れた胃を整える、せきや鼻水を抑える、食欲を増進させるといった効果があるほか、利尿作用も備えています。

WebMD」によれば、授乳期の女性が摂ると母乳が出やすくなるほか、生理中の不快感や痛みを和らげるなど、女性にうれしい効果も期待できるとのこと。これはアニスに含まれるエストロゲンに似た組成を持つ物質の作用によるものだそうです。さらに米国農務省(USDA)の研究チームによる2008年の研究では、アニスはフェニルプロパノイドという化合物が高濃度で含まれていることが判明しています。この物質は抗炎症作用を示したほか、人間にマラリアを引き起こす原虫に対してもある程度の効果を示したといいます。

また、アニスは食物繊維やカルシウムも豊富です。リキュールなどのアルコール飲料でしばしば使われているほか、乳製品、ゼラチンや肉製品、キャンディー、さらには口臭予防スプレーの一部でも風味付けに利用されています。ソーセージやキャンディーを手作りする時とか、オーブン料理を作る時とかに使ってみるのもいいでしょう。

ちなみに、見た目も風味もアニスに似ているスパイスにフェンネル(ウイキョウ)がありますが、これは別物です。「 WebMD」によると、フェンネルにも胃腸の健康を促進するさまざまな効果があるそうです。米Lifehackerでもそのほかの効能として、おなかの張りを抑える働きがあると紹介しています。


バジル


140512herbs_and_spices_4.jpg


バジルと言えば、世界各地の料理で使われている人気のハーブですが、これにも強い抗酸化作用や抗炎症作用があるほか、心臓の血管を健康に保つ効果が期待できます。そのほかのメリットとしては、呼吸器感染症やぜんそく、糖尿病に効能があるだけでなく、痛みや膨満感を抑える作用もあります。

「Journal of the Science of Food and Agriculture」に掲載された2007年の研究では、バジルに含まれる精油が、血液中のグルコース、トリグリセリド、コレステロールの値を下げることが判明しました。また、5gの乾燥バジルには、1日に必要な量の11%に相当するカルシウムが含まれています。また、お肌のシミを目立たなくするストレスを軽減するといった効能も期待できます。

バジルは風味が良く、バジルペーストなど、料理によっては一度にたくさん摂取できます。また、サラダの一種であるカプレーゼや、さまざまなソースにも欠かせない材料です。それから、ストレスを感じている時には、リラックス効果のあるバジルティーを試してみてはいかがでしょう。


ミント


140512herbs_and_spices_5.jpg


スペアミントやペパーミント、ワイルドミントなど、ミントにはさまざまな種類があります。「WebMD」では、スペアミントの利用法として、膨満感や消化不良、吐き気、下痢、過敏性腸症候群、胆管および胆嚢の炎症、胆石などの緩和を挙げています。

ローズマリーの項目で挙げたセントルイス大学の研究では、スペアミントも実験対象となっていて、こちらにもマウスの記憶力を増進させる効果があったことが確認されています。また、2007年にトルコで実施された研究では、女性の多毛症を軽減し、不要な毛の成長を抑えるとの成果が報告されました。

一方、ペパーミントは風邪やのどの炎症、鼻腔や呼吸器の感染症に有効です。米ハーバードメディカルスクールメリーランド大学医療センターによれば、ペパーミントは臨床試験でも良好な結果を出しており、葉に含まれる油分に消化管のけいれんを軽減する効果があるため、過敏性腸症候群などの消化器系の症状に対して使えるとのことです。

食べ物や飲み物、キャンディーなどに、さまざまな種類のミントが香料として使われています。また、いろいろなお茶に加えても、良く合うハーブです。


オレガノ


140512herbs_and_spices_6.jpg


イタリア料理でよく使われるハーブです。USDAの研究では、オレガノは調査対象となった27種類のハーブのうち、1gあたりの抗酸化活性がいちばん高かったとの結果が出ています。また、抗菌・抗真菌作用があることもわかっているので、食べたものが原因となって起きる病気や感染症にも効果があります。さらに2001年のジョージタウン大学の研究によると、オレガノに含まれる油分は、一部の薬物耐性菌からカラダを守ってくれる効果も期待できるとか。

オレガノの応用範囲は広く、スープやシチュー、ピザ、パスタなど、トマト味の料理との相性は抜群です。


タイム


140512herbs_and_spices_7.jpg


タイムは、これまで驚くほど多くの用途に使われてきました。「WebMD」によれば、気管支炎や百日ぜき、のどの痛み、関節炎、胃の不調、下痢、膨満感、にきび、高血圧、カンジダ症、さまざまな種類のガン、寄生虫感染などの治療に使われたことがあるそうです。タイムの精油に含まれる天然化合物のチモールには、有害な細菌を殺す作用があります。さらに鉄分も豊富です。

タイムを使った料理には、パスタソース、オムレツ、魚料理、スープなどがあります。豆料理に入れても良いですね。また、上に挙げたような症状が気になる人は、タイムを入れたお茶を飲んでみましょう。


ショウガ


140512herbs_and_spices_8.jpg


ショウガは、根の部分が古くから風邪の症状軽減や健胃剤として使われてきました。また、ショウガに含まれるジンゲロールは、一部のガンへの効果が期待されるほか、関節炎に伴う痛みの軽減にも役立つと考えられています。また、筋肉痛や生理痛、上気道感染症、気管支炎の症状軽減にも使われてきました。ショウガまた、さまざまな種類の吐き気の治療にも真価を発揮します。

メリーランド大学のまとめによると、乗り物酔いやつわり、膨満感、下痢などの症状に効くとの研究成果があるそうです。また、2012年版の「Arthritis」に掲載された別の研究では、ショウがの鎮痛薬としての効果は、イブプロフェンを上回るほどだったと報告されています。

ショウガもいろいろな料理に使えます。おろしたショウガを野菜や麺類にかけてみてください。炒め物に使ったり、肉にまぶしたり、あるいは少量をお茶に入れるのも良いでしょう。


ターメリック(ウコン)


140512herbs_and_spices_9.jpg


ショウガの遠縁の親戚にあたるターメリックは、カレー粉の主成分の1つです。「WebMD」によると、ターメリックに含まれるクルクミンには、炎症の軽減のほか、骨関節炎やリウマチ性関節炎の症状を和らげる効果が期待できるといいます。実験室内の試験では、一部の種類の腫瘍について、クルクミンに増殖を阻害する効果があることが確認されています。

インドにある国立医科大学薬学部による研究では、重度のうつ病の治療に、クルクミンが安全かつ効果的な治療剤として使えることを示す結果が出ています。また、大さじ1杯のターメリックには、1日に必要な鉄分の29%が含まれています。

ターメリックはおもにインド料理で使われるスパイスですが、それ以外でもさまざまな料理に合います。野菜をソテーしたり魚を焼いたりする時に使っても良いですし、ターメリックライスにしたり、チキンスープに一振りしたりといった使い方もあります。


セージ


140512herbs_and_spices_10.jpg


セージも胃腸の調子を整えるために広く使われているハーブですが、うつ病や健忘症、アルツハイマー病の治療にも使われています。女性の場合は、生理痛や更年期のほてりの軽減に役立つ可能性もあります。また、口唇ヘルペスや歯肉炎にも、セージを塗ると効果があるとか。2003年の研究では、スパニッシュセージの成分を服用した多くの被験者で、記憶力の向上が見られたといいます。

セージは卵料理やソース、あるいは鶏肉や魚を調理する際の風味付けに使えます。


ハーブは料理もカラダもパワーアップしてくれるのです


料理の味付けには塩コショウしか使ったことがない、という豪快な人もいるかもしれませんが、今からでも遅くありません。ここまで挙げてきたさまざまなハーブやスパイスを食事に取り入れてみてはいかがでしょう? さまざまな天然成分を含むハーブやスパイスを用いたレシピを見つけてくれば、料理のレパートリーも広がります。新鮮さに徹底的にこだわるなら、ハーブ栽培にチャレンジしてみては? それと、最適な保存方法も覚えておいてくださいね。

数多くのスパイスやハーブが健康に良いことを示す証拠はたくさんありますが、完全に効果が裏付けられていないのもまた事実です。これは絶対に効く!と信じて疑わない人がいる一方で、これまで行われてきた研究にはまったく意味がないと考える人もいます。結論として言えるのは、ハーブだけで魔法のように健康になれるわけではない、ということですね。(料理がとてもおいしくなるというメリット以外に)試してみる理由がもう1つ増えた、程度に思っておくと良いでしょう。

もちろん、ハーブやスパイスには数限りない種類があるので、この記事だけではとてもすべてを網羅できません! この記事に触れられていないけれど、健康に良いハーブやスパイスを知っているという人がいたら、ぜひ教えてくださいね。


Patrick Allan(原文/訳:長谷睦/ガリレオ)
Photos by OpenClips, Andrii Gorulko (Shutterstock), Katherine, Hanna Irblinger Fotografie, quietlyurban.com, ZeHawk, Michael Lehet, Judith Doyle, mama_mia (Shutterstock), Steven Jackson, 305 Seahill.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • プロトリーフ ハーブの土 14L
  • プロトリーフ
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.