• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,  12:00 PM

115歳女性の血液から長寿のヒントが発見される:研究結果

115歳女性の血液から長寿のヒントが発見される:研究結果

長寿のヒント


Popular Science:ヘンドリック・ヴァン・アンデルシッパーさんは、1890年に生まれ、2005年に115歳で亡くなりました。彼女は、死の直前まで健康であり続け、認知機能も正常なままでした。問題なく会話もできました。なぜそんなことが可能だったのでしょうか?


科学者たちは、この女性の長寿の秘密を探ろうと、血液と体組織を検査し、いくつかの興味深い事実を発見しました。例えば、彼女の白血球の3分の2は、わずか2つの幹細胞によって作られていたと、米誌New Scientistが報じています(幹細胞は白血球を作り、白血球は感染と戦うなどの働きがあります)。

通常、人体では1000個あまりの幹細胞が白血球の製造を担っています。今回の検査結果は、幹細胞の数は歳を取るごとに減っていくこと、人間には確かに寿命があることを示唆しています。しかし、それはまた、誕生時や若い頃に自分の幹細胞を採取・保存しておき、晩年、体内に注射すれば、寿命が伸びるかもしれないことも意味します

Genome Research誌に掲載された別の研究結果によると、アンデルシッパーさんの白血球から無数の突然変異体が発見されたそうです。しかし、そのすべては無害なものだったようです。つまり、彼女は「有害な突然変異体を修復したり、廃棄する優れたシステム」を持っていたことになります。まだ、その詳細は明らかになっていません。

「突然変異と選択により、一部の体細胞突然変異は癌を引き起こします」と、ウェルカム・トラスト・サンガー研究所のクリス・テイラースミス博士が、New Scientist誌に語っています。「現在私たちは、血液などにおける、正常で癌化していない体細胞変異体について調査しています。健康への影響についても研究が始まりました」

研究者たちは、次は、この女性がアルツハイマー病にならなかった理由を発見したいと望んでおり、アルツハイマー病の患者たちと彼女のゲノムを比較調査する予定だそうです。

なんだかワクワクする研究結果です。長寿の謎が完全に解明される日は案外近いのかもしれませんね。



Hints To Longevity Found In Blood Of 115-Year-Old Woman
|Popular Science

Douglas Main(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • DHC EPA 20日 60粒
  • DHC

Kotaku

© mediagene Inc.