• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

佐藤ゆき  - ,,,  07:00 PM

アリアナ・ハフィントンの人生を変えた3つの変化

アリアナ・ハフィントンの人生を変えた3つの変化

アリアナ・ハフィントン


Inc.:成功することと、充実した人生を歩むことは全く別のことかもしません。

あなたが起業家だとします。ビジネスは順調に成長を続けていて、いわゆる成功者だけが手に入れられるものを手にし、起業家としての自信を得ているかもしれません。にも関わらず、何かが違う。「これが自分の人生すべてだとは思えない」という感覚に捉われている。競争に勝って成功しているのに、自分自身は生き生きとしていないのです。

こうした不安は、誰にでも訪れます。ハフィントンポストの創業者アリアナ・ハフィントン氏のような、成功の頂点に立っているような人物にさえも。彼女は、最近のインタビューで、7年前の出来事について語っています。当時彼女は、外から見れば驚くほどの成功を収めていたにも関わらず、深刻な問題が山積していたと言います。


過度の疲労、燃え尽き感、睡眠不足に襲われていました。階段を降りている途中で転倒して頬の骨を折り、右目部分を4針縫う大怪我をしました。それがきっかけで、自分自身に大きな疑問を問いかけるようになりました。多くの人が社会人になってから、自分に問いかけることをやめてしまう疑問です。つまり「良い人生とは何か?」「成功とは何か?」という疑問です。


この疑問について考えるうち、彼女は「一般的な成功の定義はしばしば偏った考え方に基づいている」と気づきました。つまり、お金や権力があれば、成功しているとみなされるものの、健康、知恵、喜び、他者に対する共感、素晴らしいものを見て感動する時間、といったものは成功の定義に含まれない、ということです。ですが、彼女はこうした要素なしには「人生は単なるTo-doリストになってしまう」と結論付けます。

ただ成功するのではなく、いかに生き生きとした人生を送るか、という問いは、深くて哲学的なテーマでもあります。ですが、彼女の場合、成功を再定義し人生を立て直すプロセスは、小さな行動を起こすことから始まったと語ります。表面的な成功ではなく、真の成功を手にするには、「3つの小さな変化」が重要だったそうです。


睡眠時間を30分ずつ伸ばす

睡眠不足がいかに精神的・身体的に悪影響を及ぼすかについてはよくご存知だと思いますが、多くの忙しい事業主にとっては、そうした情報を読んでも、なかなか実際に睡眠を多くとることができません。ハフィントン氏自身も、そんな多忙なビジネスパーソンのひとりでした。彼女は常に睡眠不足で、働き過ぎの状態だったのです。その後、彼女は睡眠習慣に小さな修正を何度か加え、最終的には大きく改善できたと言います。


いつもより1日に30分多く睡眠をとることから始め、当時4−5時間だった睡眠時間が、最終的には現在の7−8時間の睡眠時間になりました。これは、劇的な変化をもたらしました。あらゆる科学的なデータが、十分な睡眠をとるほど、生活のすべての側面が改善されると断言しています。精神的な余裕と明晰さ、人生に対する喜び、悪いことが起きても左右されずに過ごせる力、といったものが得られるのです


身体と心のケアをする

健康になるためにトライアスロンに参加したり、1週間かけて静養することが必要なわけではない、と彼女は言います。身体と心を正しくケアするのに必要な時間は1日数分であり、誰でもできることなのです。だから言い訳はしないこと。


13歳の頃から、瞑想をしていました。その後、瞑想を日課にするようになり、最初は1日5分から始めたのですが、今では1日30分行っています。最終的に30分になっただけで、最初の5分の瞑想から得られた効果を元に徐々に増やしていった結果なのです。それから、身体も動かします。ヨガやちょっとした運動ですが。旅行や出張中も、たった10分くらい度ですがホテルで身体を動かすようにしています。


「与える」余裕をもつ

有意義な人生を送る決め手となるのは、何を手に入れるか、何を達成するか、ではありません。むしろ、他者に何を与えるか、なのです。ただ毎日を過ごす状態から生き生きと人生を楽しむ状態に移行できるかどうかは、そのシンプルな考えを実践できるかどうかで決まります。ハフィントン氏の場合、それを実践するのに最善の方法は、小さなことから始めることでした。


他人に何か小さなことを与えることが、とても重要でした。慈善団体への寄付や、ボランティア活動をする前に、最初のステップとしてオススメするのが、普段なら気にも留めていない人々とつながりを築くことです。レジ係の人、カフェのバリスタ、清掃係の人などです。


このような小さな行いが大きな変化をもたらすのです。


3 Small Changes to Help You Not Just Survive But Thrive|Inc.

Jessica Stillman(訳:佐藤ゆき)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
  • 本田 健|大和書房
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.