• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,,,  10:00 PM

休日と出張をハックする道具に、パワーアップした「楽天ブロードバンドLTE」を追加する

Sponsored

休日と出張をハックする道具に、パワーアップした「楽天ブロードバンドLTE」を追加する

楽天ブロードバンドLTE


スマホの通信費を抑えたい。でも、ネットには速くつながってほしい。そんな気持ちに応える手段として「格安SIMカードを使う」ことを、ライフハッカーでは度々紹介してきました。紹介するために各社のSIMカードを試していると、まるで自分の手に馴染むボールペンを探すかのような感覚を覚えます。どれも優れていて、悩む。でも、自分にとって「ちょうどいい感じ」が何か見つかると、それはボールペンという枠を超え、手に馴染む「道具」になる。

楽天ブロードバンドLTEは、私の「ちょうどいい感じ」を刺激してくれる1枚でした。以前にも取り上げたことがあるので目にした方もいるかもしれません。でも、あらためて取り上げる価値が今はあります。

それでは以下、楽天ブロードバンドLTEの3つのパワーアップを見ていきましょう。業界初というオプションサービスが熱いですよ。



エントリープラスプラン/ライトプラスプランの通信容量追加


140424rakuten_lte_5.jpg


楽天ブロードバンドLTEは月額料金の異なる7つのプランを提供しています。そのうち、月額900円の「エントリープラスプラン」と、月額1867円の「ライトプラスプラン」にて、料金は従来のまま、高速通信容量や通信速度制限がパワーアップしました。


エントリープラスプラン
月間高速通信容量:500MB → 1.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps
連続した3日間での制限条件:400MB(新規追加)

ライトプラスプラン
月間高速通信容量:2.0GB → 3.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps
連続した3日間での制限条件:183MB → 400MB


通信容量を見ると、エントリープラスは倍に、ライトプラスは1.5倍にと、かなりの容量アップとなっています。他社サービスを検討していた人にとっても、目を引くトピックなのでは。「具体的にどれくらい使えるの」という疑問は、なかなか一概に言えないので難しいですが、こちらの「通信料の目安」がひとつの参考になりそうです。

すでにキャリア契約でLTEを利用しているならば、月ごとのデータ利用量を確認してみると指標になるでしょう。もし、容量を全く超えてしまっていてこのプランでは全然足りないようなら、見切りをつける前にちょっと立ち止まってみましょう。もしかするとスマホを使いすぎなのかもしれません。「時間を今より減らせないかな?」と考えてみるのが、節約につながるスマホ運用術の第一歩。


SMS機能付きプランの追加


上記2プランにおいて、月額140円でSMS(ショートメッセージサービス)オプションを利用できるプランが新たに登場しました。SMSをやりとりできるだけでなく、MVNOサービス特有の悩みともいわれる2つの問題 ── 正常なはずなのにアンテナアイコンが表示されない「アンテナピクト」問題、基地局を探し続けるせいでバッテリーを過剰に消費する「セルスタンバイ」問題 ── を解決する手段にもなります。

ですが、問題の発生は機種によっても異なるうえ、月額料金が高くなるのが悩みどころ。この点については「自分のスマホ利用シーン」を思い描いてみることが大切でしょう。自分の機種で問題は起きているのかの調査をはじめ、そもそもSMSを使うのか、SMS認証が必要な『LINE』などのアプリをその端末で利用するのか...などです。メイン携帯を楽天ブロードバンドLTE1本で運用するならば、必要になるシーンも多いのでは。


LTEが24時間使い放題になるオプション登場


140424rakuten_lte_6.jpg


時間オプション24H」を専用ページから1回400円で購入すると、その後24時間は高速通信容量の残量にかかわらず、LTE回線が使い放題! 月間容量の消費や3日間制御のカウントは発生せず、超過後の通信速度制限も解除されます。「24時間戦えますか」というキャッチフレーズを思い起こすような、ハードなオプションといえます。思い立った時に購入できてすぐに使い放題になるのも「ここぞ!」な感じで頼もしい。


楽天ブロードバンドLTEを利用シーンから考えてみる


さて、記事冒頭で「SIMカード選びは手に馴染む道具を探す感覚だ」と言いましたが、利用シーンを描いてみると、楽天ブロードバンドLTEは子育てパパやビジネスパーソンにとっての「道具」になり得るのではと思いました。たとえば、以下のような使い方ができそうです。


シーン1.家族での帰郷中は「動画」を活用


140424rakuten_lte_4.jpg


大型連休や夏休みといえば、実家に帰る、遠出をするという人も多いでしょう。毎年の恒例なので言うまでもなく、どこへ行っても渋滞の悩みはつきもの。イライラしがちな車内で子どもには少しでも静かにしていてくれたら...と思うはず。こんな時はスマートフォンやタブレットで動画を観てもらいましょう。

LTEならYouTubeやhuluといった動画配信サービスも快適に視聴できます。「時間オプション24H」をつけておけば、「でも明日から通信速度制限かかっちゃうのイヤだなぁ...」なんて悩みとも無縁です。「子どもに見せる用だから」と奥さんを説得して、格安タブレットを買ってみるチャンスにもつながる...かも。交渉スキルが試されるところです。

帰省先でのんびりした時間を過ごしていると、歓迎してくれたおじいちゃんやおばあちゃんには悪いけれど、テレビを観る以外にやることがなくなってきて、さすがに飽きてきてしまった。そんな時にも動画サービス。まとまった時間があるのだから、観たかった映画を観るのもよいでしょう。楽天ブロードバンドLTEはNTTドコモのXi(クロッシィ)、FOMAサービスエリアを利用するためカバーしているエリアも広いです。


シーン2.突然の国内出張! 仕事も遊びもLTEで

いきなり出張になった!という時にも、楽天ブロードバンドLTEは活躍してくれます。往復の新幹線や飛行機の待ち時間などで、EvernoteやGoogleドライブで資料を確認し、時間が余ったら動画を見てリラックス...といったことも可能です。楽天ブロードバンドLTEでメイン携帯を運用するなら、ここでも「時間オプション24H」を購入しておくと、出張先で速度制限に悩むこともありません。

初めて行く土地ならば、地図や観光案内、周辺のお店をチェックしたいシーンが多々あります。LTEならすぐ表示してくれるので、時間のロスや迷ってしまうリスクも減ります。


シーン3.缶詰になって執筆や読書に励む


140424rakuten_lte_3.jpg


とにかく毎日忙しい。やっとの休日もだらけてしまって何もできない...こんな悩みを抱える方は多いはず。そこでオススメしたいのがホテルや旅館での「缶詰」。缶詰といえば〆切に追われる作家がするものというイメージですが、そのイメージを上手に使って、いわば「攻めの休日」にする環境をつくるのです。山積みのタスクをやっつけたり、ひとりで静かに積ん読を崩したり...とにかく「集中力」が欲しい時に缶詰は効きます。

この際、メインのスマホは自宅へ置いていき、電話やメッセージをシャットアウトするくらいでいきましょう。まったくデバイスを持っていかないのも手ですが、仕事の資料を参照したくなったり、画像検索からインスピレーションを得たり、言葉の意味を調べたりしたくなることがあります。そこで、コミュニケーション用のアプリはすべて削除した、「仕事用の道具」としてのサブスマホ/タブレットを設定すると役立ちます。

何もLTEでなくてもと思うかもしれませんが、集中しているときこそ、道具は気持ちよく機敏に動いてほしいもの。集中力を切らしたくないからこその高速回線です。そして、すでに通信速度が制限されてしまっているような時でも、「時間オプション24H」を購入すれば制限を取っ払える。デイリーとスポット、どちらにも対応できる点で、仕事用の道具に選ぶSIMとして楽天ブロードバンドLTEは良い選択ではないかと。


140424rakuten_lte_7.jpg

趣味の読書から、仕事に役立つ意外なヒントを得て、クラウドにメモする
一日を終え、達成感と安らぎの中、お布団で眠りに落ちていくのってたまらない


そしてまさに、私はいまこの原稿をとある旅館で缶詰になって書いています。作家さんみたいでテンション上がるにゃーって感じですが、良いです、缶詰。ブログや執筆など、書きもの仕事をしたい人には旅館がオススメ。和室の部屋で黙々とキーボードを叩き、疲れを感じ始めたら大浴場でひとっ風呂。「いま、作家みたい!」という"精神的コスプレ"もイイ感じに作用して、このコンボがあればいくらでも書けそうな気になれます。


「ちょうどいい」を感じた人なら、すぐに試せる気楽さがある


140424rakuten_lte_2.jpg

申し込んで、届いたSIMを挿し、設定すればすぐに使える
動作が確認できている端末はこちらの一覧を参照


楽天ブロードバンドLTEは違約金もなく、1カ月単位で使えます。「今度の旅行だけで使ってみたい」というのもアリ。今なら開業6周年を記念したキャンペーン中で、通常は4000円かかる初期費用が0円です。初めてのSIMとして「使ってみたい」くらいの方にもうってつけです。

SIMカードの選択肢は幅広く、選ぶ基準がとても難しい。けれど、今回紹介したポイントがどこか「ちょうどいいかも」と思えれば、試してみるだけの価値があるということなのかなと思います。どれだけ良い道具でも、使ってみることで良し悪しが見えてくるもの。仕事や休日をより楽しませてくれる道具として、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


楽天ブロードバンド: LTE

※表示価格は全て税別価格となります。

(長谷川賢人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.