• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  04:00 PM

スマホは軽く、でも音楽はたっぷり。充実のクラウドプレーヤーアプリ『ビート』

スマホは軽く、でも音楽はたっぷり。充実のクラウドプレーヤーアプリ『ビート』

140414lh02.jpg


Android:デザインや機能面にもこだわりたい人へ。

メモリ容量などの関係でスマホ本体ではなく、クラウドストレージにファイルを入れている人も少なくないと思います。Box、Dropbox、SugerSync...さまざまな種類があり、無料でも十分な容量があるので、自分も重宝しています。

ただ、音楽ファイルの場合、聴く時に連続再生できなかったり、目当てのファイルを探すのに苦心したりと、手間がかかることも。そんなときに、クラウド上の「音楽」だけを取り出してプレーヤー化してくれるアプリ『ビート』が便利です。

以前に紹介した『CloudAround Music Player(クラウドアラウンド)』と同じ類いのアプリですね。『ビート』はプレーヤーとしての機能面を充実させていて、イコライザやメニューのフローティング化、最近聞いた音楽といった独自の項目がたくさんあります。シンプルな快適さが気持ちいい「CloudAround」とくらべて、機能面を追及できるのがいい感じです。


デザインに機能面も充実!


140417tabroid_beat_1.jpg


上の画像は起動画面。対応OSが新しいだけあってか、オシャレなアニメーションが表示されています。最初はスマホ内の音楽が一覧で表示され、タップすると再生できます。各楽曲の右側に設定ボタンがあり、これをタップすると、シェア、ソート、着信音に設定などの操作も一発でできる点はうれしい。

画面左上に雲のアイコンがあるのでタップすると、クラウド切り替えのボタンが表れます。これをタップし、Dropbox、Box、SkyDrive、GoogleDriveの各サービスを選べば、音楽のみを抽出し、一覧表示されるという流れ。


140417tabroid_beat_2.jpg


切り替え後の操作も上述と同じです。音楽選択後の再生も、LTE環境で試したところ、反応のもたつきもさほどなく、スムーズに聴取できます。「クラウドアラウンド」の方はアルバムアートも表示されますが、『ビート』にはない模様。けれど、むしろその方がシンプルで、筆者としては好印象です。


>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • JVCケンウッド JVC インナーイヤー ヘッドホン HA-FX3X
  • JVCケンウッド
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.