• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  08:00 PM

ハンドバッグ選びに二度と失敗しないための大事なチェックポイント

ハンドバッグ選びに二度と失敗しないための大事なチェックポイント

ハンドバッグ


必要なものを持ち歩くためはもちろんですが、バッグは見た目の印象を変えたり、ワードローブを簡単にグレードアップしてくれたりもします。しかし、残念ながら本当に使える良いバッグを探すのはそう簡単なことではありません。


見た目が素敵なハンドバッグが、機能的に、もしくは人間工学的に優れていることは少ないです。逆に、とても機能的なバッグは、見た目が最悪ということもあります。女性が持っているバッグの数の平均が21個で、約3カ月に1つは新しいバッグを買っているという調査結果も、この辺りに理由があるのかもしれません。

しかし、バッグは1つ数万円することもザラです。本当にそれだけのお金を出す価値があるのか、きちんと確かめてから買いたいものです。

今回は、肩を壊したりせず、体に程よくフィットし、見た目も実用的にもパーフェクトな、本当に良いバッグの選び方をお教えしましょう。


スタイルや用途で選ぶ


次のハンドバッグを買う前に、まず最初に考えなければならないのは、いつどんな目的で使うのかということです。どんな物を持ち歩くのか? どんな洋服に合わせるのか?

例えば、普段日常的に使うバッグを探しているなら、ハンドルが短いブリーフケースのようなものより、肩から掛けられる軽量のものの方がいいでしょう。仕事用であれば、書類やノートパソコン、タブレットなども入る、容量たっぷりのショルダーバッグを選ぶのではないでしょうか。少なくともバッグには、迷うほどデザインと素材の種類がたくさんあります


体型に合わせて選ぶ


バッグの場合は、用途だけでなく、他のファッション小物と同じように、体型やファッションを良く見せるために選ぶことがあります。「HSN」に、体型別のハンドバッグガイドが載っていました。


ハンドバッグのサイズは体型に合わせて選びましょう。

  • 小柄な女性が背を高く見せたい場合は、小さなバッグを持ちましょう。大きなバッグを持つと背が低く見えます。
  • 背が高くて細身の女性は、小さなバッグを持つと大きく見えるので、中くらい~特大サイズのバッグがいいです。
  • ハンドバッグの形は体型とは逆のものを選びましょう。
  • 小柄な女性は、細長い長方形のバッグを持つと背が高く見えます。
  • 背が高くて細身の女性は、丸いバッグを持つと良いです。
  • ハンドバッグのストラップの長さは、バッグの底が体の強調したい部分に来るような長さがいいです。
  • 持ち手の短いハンドバッグは胸を強調します。胸に目線を向けたくない場合は、長いストラップのバッグを選びましょう。ほとんどの女性が、胴体の真ん中くらいにくるバッグを持っていると見映えが良いです。


また、バッグを体型とのバランスを取るのに使うのもおすすめです。例えば、洋梨型や下半身の方が大きい体型の場合は、ウエストとお尻の間くらいにくるショルダーバッグを使うと、上半身が大きく見えてバランスが取れます。上から下まで割と真っ直ぐな体型(肩、ウエスト、お尻の幅が同じ感じ)の場合は、三日月型やウエストのところまでくるショルダーバッグを使うと、ウエストがくびれて見えます。

お店でバッグを試着する時は、どのように見えるか鏡で必ずチェックしましょう。体型とのバランスが悪いバッグを買わずに済むだけでなく、他の人に誉められるようなバッグを選べるようになります。


ダメなバッグと良いバッグの特徴


140417handbag.jpg


バッグの好みや必要性は人によって違うでしょうが、デートのためにお財布と携帯だけを持っていくにしろ、仕事のために大量の資料やガジェットを持ち歩くにしろ、きちんと目的を果たし、数年は保って欲しいと思う気持ちは同じだと思います。

ダメなバッグにはいくつかの特徴があります。


  • ポケットの大きさと数
    ポケットが無かったり、多過ぎたりすることがあります。ポケットがあれば何でも整理できて良さそうに思いますが、ポケットのサイズが小さ過ぎて十分でなかったり、逆に大き過ぎて中の物を見失うこともあります。
  • 必要以上に重い
    重いバッグは、肩や腰に負担をかけて痛みを引き起こすおそれがあります。USDAの研究によると、バッグの理想的な重さは2.2ポンド(約1kg)以下が理想的だそうです(女性のバッグの平均的な重さは5.2ポンド=約2.4kg)。
  • ストラップの質
    長さの調節ができるストラップが最高ですが、長さが調節できない場合は、長過ぎたり短過ぎたりしないかを確認しましょう。また、紐みたいに細かったり、薄過ぎるストラップはやめましょう。肩に食い込んで良くないです。
  • 素材が安物
    革のバッグは、柔らかくてしっとりとしている方が良いです。プラスチックみたいに、固くてカクカクしているものは良くありません。キャンバス地や布など、素材が革ではないバッグは、薄過ぎず、丈夫なものを選びましょう(防水加工がしてあるかも要チェック)。また、バッグの内側にライナーが付いている場合は、薄過ぎたり、隅が破れていたり、よれたりしていないかをチェックしましょう。


また、以下の項目もチェックしてみましょう。


  • 縫い目
    縫い目や縁が一定に真っ直ぐ揃っていて、糸がゆるんだり、引きつっていたりしないこと。柄物のバッグの場合は、柄が縫い合わせのところで合うようになっている方がいいです。また、チェーンで引っかけてあったり、どんな装飾になっていても、タグがゆるんだり取れたりしていないかも確認しましょう。
  • ジッパーや金具
    バッグの質を表す一番分かりやすいポイントは、ジッパーの開け閉めが滑らかかどうかです。同じように、ボタンや留め具、金具が使ってある場合も、しっかりと閉まって、なおかつ開けやすいかどうかをチェックしましょう。
  • ストラップの連結部分
    ストラップとバッグ本体の連結部分の縫い目は、バッグの中でも一番負担がかかる部分だけにとても重要です。「Real Simple」では、ストラップの縁に沿って縫っていないバッグや、接着剤で留めてあるだけのものは避けるように勧めています。結局はその部分がすぐに壊れます。
  • 縫い目やパーツの数
    スナップ、ボタン、金具など、バッグのパーツが多ければ多いほど、壊れる部分も多くなるということです。「Saddleback Leather」では、革のバッグの場合も、いくつもの革のパーツを縫い合わせてあるということは、縫い目が増えるということで、バッグの強度が弱くなると説明しています。縫い目もパーツも少ない方が良いです。
  • 細部のこだわり
    美は細部に宿ると言いますが、バッグのクオリティも細部に宿ることがあります。バッグの底に小さな脚が付いていれば、床に置いた時に汚れずに済みます。バッグの内側にキーホルダーがあるか、ジッパーの開閉はなめらかか、外ポケットにマグネットが付いているか、そういう細部のこだわりも見逃さないようにしましょう。


女性にとってバッグというのは美しい物でもあり、喜びをもたらしてくれるものでもあります。どうせなら、きちんと長もちする良い物にお金を払いたいものです。


Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)
Photos by Apolinarias (Shutterstock), Adrian Niederhaeuser (Shutterstock), ShotHotspot.com.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • カバンの骨 BAGBONE
  • undefined
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.