• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

akutsu  - ,,  09:00 PM

サボりがちな家の掃除を、楽しく効率的に片付けるコツ

サボりがちな家の掃除を、楽しく効率的に片付けるコツ

140409cleaning1.jpg


家の掃除は、欠かせない家事の1つ。でも、心から掃除が大好きな人は、そんなにいないはず。他の家事と同様、やる前に「ああ、大変だ」と感じてしまう人も多いのでは?

そこで今回、無駄なく合理的に掃除を進める方法を紹介します。この方法なら、いつも必要な道具を手にして掃除でき、次に何をどう掃除するか迷う必要がなくなります。

掃除は、誰かにお金を払わないかぎり自分でやらなければならない家事ですが、どうすればより効率的に掃除ができるか、これから考えていきましょう。


家の掃除の予定を組む

140409cleaning2.jpg

予定を組むのは基本中の基本ですが、大事なことです。まず定期的な掃除の予定を立てましょう。予定を立てることで、掃除すべき場所が明らかになり、何かに時間をかけすぎて、他を掃除できなくなる、という事態を防げます。そして、掃除のカレンダーに詳しい内容を書き分けます。「台所を掃除する」というかわりに「台所の調理台を磨く」「電子レンジを掃除する」という風に、具体的に書きましょう。具体的な内容を書くことで、いざ掃除をしよう、と決意してから迷わずに済みます。

スケジュールの組み方は自由ですが、オススメの方法は、一緒に住んでいる人が見られるように設定して、グーグル・カレンダーに掃除内容を書き込む方法です。みんなが見られる、一番使いやすいTo-Doリストの管理表やアプリを使うのが良いと思います。アナログ派の人は、壁掛けカレンダーにマーカーで掃除の内容を書きましょう。


短時間で掃除する

140409cleaning3.jpg

毎日数分掃除を続けるだけで、家全体の掃除をやりとげられる、という話を聞いたことがありますか?

The Fly Ladyというウェブサイトの「短時間の掃除レシピ」では、掃除という大変な家事を、短時間でできる簡単な家事にしています。掃除をこなすのは大変だと感じている人ほど、この掃除レシピは役立つと思います。この掃除レシピをやってみると、掃除がそこまで手ごわい家事ではない、と感じられるようになるはずです。例えば、この掃除レシピでは何かの片手間で掃除をする、というコツを教えてくれます(著者の台所がいつもきれいなのは、料理しながら掃除しているからだそうです)。また、この掃除レシピをこなすうちに、掃除が日々の簡単な習慣になっていくはずです。


タイマーや最新技術を活用して、掃除する

140409cleaning4.jpg

ポモドーロ・テクニックといった生産性向上のツールは集中して仕事するのに役立ちますが、掃除の時も活用できます。まず掃除したい時間(たとえば25分など)にタイマーをセットし、その時間内に集中して掃除しましょう。そして5分休憩した後に、もう一度やりましょう。この「ポモドーロ」を4回繰り返したら長い休憩をとるか、掃除を終わりにしましょう。4回の掃除時間ごとに違う内容の掃除をすると、自分がいかに多くの掃除ができたかに、驚くでしょう。

音楽を聴きながら掃除をするのが好きなら、掃除をする時間に合わせて、大好きな音楽を入れたプレイリストを作り、音楽によって掃除をスタート、ストップ、休憩、再スタートするようにするといいでしょう。音楽がかかっていると、いつもより楽しく掃除ができる上に、掃除の時間が終わるのがあっという間に感じられるでしょう。


掃除の道具が予定に合わせて届くようにする

140409cleaning5.jpg

掃除をしようと思った時に必要な道具がないと、やる気を失います。そこで、普段の買い物で掃除道具を買う代わりに、Amazonの「定期おトク便」などを活用して予定どおりに掃除道具を届くようにしましょう。例えば最初の月に台所、次の月に浴室を掃除する予定なら、それに合うように掃除道具が届くスケジュールに。拭き掃除は毎月やるけれど、床を磨くのは半年に1回なら、その時に合わせて届くように予定を組んでおきましょう。予定を思い出すきっかけになるだけでなく、いつでも、掃除すべき箇所が分かるので、便利ですよ。


予定通りできたら、そこで終了!やりすぎない

140409cleaning6.jpg

これは、私も気を付けないといけないなあ、といつも反省しているのですが、掃除を始めても、やりすぎないようにしましょう。一度始めると、やり続けるのは簡単。予定していた掃除が終わって、タイマーの時間が終わったら、掃除を終わりにしましょう。努力をしすぎると、やる気が失われ、疲れてストレスを感じ、次の掃除のためにとっておいたやる気もなくなってしまいます。

中には、すぐに他のことに気を取られて1つのことに集中できない人もいるでしょう。それも「あとでやれば大丈夫」と自分を許してあげましょう。大事なことは掃除をすること、掃除を習慣化することです。次に掃除をするときは、掃除の内容をもっと細分化して、成功体験をたくさん得られるようにして、長い目で見ると大きな成功につながるようにしましょう。そうすれば、家はきれいになるし、掃除できない自分に負い目を感じることもなくなります。そして、どんな掃除の仕方をするとしても、楽しくできるように工夫しましょう!


Alan Henry(原文/訳:曽我美穂)
Photos by Maarten Takens, Tim Regan, mlpeixoto, zepfanman, and Stuart Heath.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 【高圧洗浄機 掃除用品】3気圧 100℃高圧蒸気洗浄 ハンディスチームクリーナー ROYAL-B048
  • ロイヤル通販
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.