• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  11:00 AM

起業して、成功して、会社を売却した後も、誰かの役に立ち続ける選択肢

起業して、成功して、会社を売却した後も、誰かの役に立ち続ける選択肢

起業家コミュニティ


成功した会社経営者と話していると、話題が「会社の終わらせ方」に向かうことがよくあります。つまり、会社を売った後で何をするか、という話です。

選択肢はいくつかあります。コミュニティに還元するのか(自分の始めたビジネスから個人投資家になるか)、もしくは、十分な報酬を手にして、ごほうびにテスラの車を買うのか、それとも島でのんびり暮らすのか。あなたならどうしますか?


コミュニティに還元する

この決断は決して月並みではありません。起業家の中でもトップクラスの成功を収めた人たちは、自分を支えてくれたコミュニティにお金を還元しています。何かしらお返しがしたいという気持ちが強いのでしょう。しかし、思っている以上に大変な決断です。活気あるビジネスコミュニティは、会社、社員、投資家、相談役のエコシステム(収益構造)ががっちりと固まっています。ビジネスを成功させた人が、そのエコシステムとしっかりと繋がっているなら、コミュニティを繁栄させることができるでしょう。

私はこれを「再投資サイクル」と呼んでいます。

理論的にはとても素晴らしいことのように思えます。しかし、そこには常に問題がつきまといます。成功した会社というのは、引越すことになることが多いです。それに、会社の創業者が街を離れることも、コミュニティから離れることもよくあります。

そこで、創業者がスタートアップ企業を立ち上げるのが、理想的な展開です。成功した企業の成長を支えてくれた資本や現金を、コミュニティに還元するのです。還元するというのは、仕事や雇用を創出するという意味です。

創業者は会社を売却し、報酬を手にします。それから、ほとんどの場合、その創業者は別のビジネスを始めたり、スタートアップ企業の投資家になったり、もしくはそのどちらもやることがあります。起業家がこのようなネットワークを構築する主導権を握っているところが、私の身近な場所にもあります。ノースカロライナ州のリサーチ・トライアングル・パークです。起業家支援活動を行っている「The Blackstone Entrepreneurs Network」は、複数のビジネスを経営してきた起業家をシリアルアントレプレナーとし、ベンチャー企業の創業者と共にチームで一緒に働く環境を作っています。

Blackstoneのプロジェクトは、ビジネスコミュニティにとって、会社経営者(創業者)と関係を持ち続ける重要性を証明しています。つまり、経営の才能をシェアし続けてもらうということ。ただ、コミュニティリーダーの中には、どうすればいいかわからない人も多くいます。また、会社経営者にも、どうすれば起業した会社やコミュニティと関わり続けられるか知らない人もいます。

では、会社を売却した後はどうすれば関係を続けられるのでしょうか? いくつかの方法をご紹介しましょう。


相談役:

経営者を経験したことがある人は市場を理解しているし、顧客も知っています。失敗を避ける方法も知っているでしょう。会社と関係を続けたいなら、社外顧問のような相談役になりましょう。スタートアップのプログラムがある大学なども、経験豊かな相談役を探していることがあります。仲介役や代理人、窓口など、コミュニティとの「繋ぎ手」となることもできるでしょう。


指導者:

大学では、起業に関するプログラムがどんどん増えているので、起業した経験のある教員を探しています。若手の流入は再投資サイクルをもっとも活性化させます。私はノースカロライナ大学で「ベンチャー企業の立ち上げ」というクラスをやっていますが、この10年以上の間に、100以上の会社を実際に生み出してきました。


投資家:

自分の見込んだベンチャー企業のために、率先して資金を集め、組織を作り、紹介しましょう。個人投資家のグループに参加したり、成熟していない市場でベンチャーファンドを立ち上げ、会社自体が輝き出すまで「限定的なパートナー」になるのもいいでしょう。例えば、前述のリサーチ・トライアングル・パークでは、シリアルアントレプレナーや投資家のうち約60%がお互いを知っています。シリコンバレーでは、その数字はもっと高く、ほとんど100%に近いです。立ち上げたばかりの会社にとっては、そのようなネットワークやコネクションは素晴らしい助けとなります。


コミュニティに関わる:

仕事のネットワークを作るイベントや懇親会のスポンサーになりましょう。このようなイベントは腕の見せ所です。仕事がうまくいくようなビジネスリーダーとのネットワークを作るのに、あなたの知恵を貸すのです。起業家的なエコシステムは本当に役に立つのかと、疑問に思う人もいるかもしれません。私の調べたところによると、最先端テクノロジー関係の業界では、シリコンバレーやボストンのような仲介役がたくさんいる場所は、他の場所よりも常に良い仕事や製品を生み出しています。


経験豊かな企業家に贈る言葉は、とにかく「売りつくせ」ということです。しかし、自分のコミュニティのためには、買い続けましょう。


Ted Zoller(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 月3万円ビジネス
  • 藤村靖之|晶文社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.