• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,,,,,,  08:00 PM

ベビーと過ごす最高に幸せでしんどい毎日に。行動を記録して不機嫌な理由を教えてくれるアプリ

ベビーと過ごす最高に幸せでしんどい毎日に。行動を記録して不機嫌な理由を教えてくれるアプリ

ベビーおむつ


今から1年前、我が家に娘が生まれました。それは、人生を大きく変える経験でした。周囲からは子どもが生まれるとすべてが変わると言われていましたが、ここまで大きな変化だったとは。"自分の時間"って何だっけ?



ベビーのお世話は救難活動に匹敵


私は週に42時間オフィスで働く父親です。ベビーのために家路を急ぐ、睡眠不足の目をこすりながら出勤する...。これらが、新しい課題として人生に浮上してきたのです。イギリスのウィリアム王子の言葉も、身に沁みてわかります。


スノードニア(国立公園)で捜索救難をしていましたが、肉体的にも精神的にも非常に多くを要求される仕事でした。あえて言うなら、生後3週間のベビーの世話は、それに匹敵します!


ベビーのリズムを知るために、食事、オムツ交換、睡眠、投薬など、すべての時間を記録して行くのですが、これがけっこう難儀です。やるべきことはたくさんあるし、ベビーはまだ、自分の要求を伝えることができません。私たち夫婦が娘の世話を日常のものとして定型化するまでには、かなりの時間を要しました。その間、ほとんどの時間を娘の世話に費やしていたため、家族で過ごす上質な時間なんてものは、ほぼないに等しかったのです。


アプリで行動を記録


妻が、こんなアプリを見つけました。ベビーの行動を記録し、泣いている時には(たいていいつもですが)、その理由を教えてくれるという優れものです。そこで皆さんに、このアプリを紹介しようと思います。これを使えば、私たちが経験したトラブルの少なくとも一部は、回避できるのではないかと。もっと一般的な新生児育児へのアドバイスは、Anish Majunmdarさんのこちらの記事をチェックしてください。

私たちが使っているのは、『baby connect』というアプリ。androidで使っていますが、iOS版も出ています。シンプルなウェブ版も用意されています。

似たようなアプリはたくさんありますが、これが私たちにとってはベストでした。食事、睡眠、オムツ交換の時間を、手早くシンプルに記録できるのが便利です。食べたもの、量、睡眠時間、体重の変化、それからオムツに関するいろいろ(詳しくは書きませんが、想像できるでしょう)など、もっと詳細な情報を記録することもできます。それから、リマインダーの設定も可能。例えば、お昼寝の時間や授乳の時間を教えてくれます。

このアプリは、毎日の流れが順調に進んでいるかを知るうえでも、娘のニーズがすべて満たされているかを知るうえでも本当に便利です(私たちが何も忘れていないことを確認するうえでも...。睡眠不足のときは、いろいろと忘れがちですから)。データのエクスポートも可能なので、小児科を受診するとき(こんなに頻繁だとは思ってもみませんでした)に、お医者さんに見せる詳細かつ正確なデータとしても使えます

ベビーの行動パターンを知ることができるので、特定の食品に対するアレルギーを知り、その食材に再トライする時期を決めるのにも役立ちます。娘は乳製品アレルギーですが、さまざまな対策が用意されているのでよかったです。

アプリは、少額ながら有料です(無料のトライアルバージョンもありますが、数日しか使えません)。一方で、ウェブバージョンはフリー。つまり、1人が有料バージョンをダウンロードしておけば、パートナーまたはベビーシッターが世話をするときにはウェブバージョンにログインして、無料で情報をアップデートできるのです。ウェブバージョンは、両家の祖父母やベビーシッターなど、何人でも対応可能です。誰かにベビーの世話を頼むときは、ウェブアプリを使ってもらうように頼むことをおすすめします。そうすれば、どこにいても、シッターが入力した情報をスマホでチェックできるようになります。

初めて1日中娘の世話をした日の困難は、忘れもしません。娘の機嫌をとり、1日を何とか乗り越えるので精いっぱい。紙を見つけて授乳時間を走り書きするなんて、とても無理でした。でも、アプリのおかげで、それが非常にやりやすくなった。私がテクノロジー好きなのもありますが、きっとあなたの役にも立つはず!

「How We Work」の記事で、Tessa Millerさんがよく似たアプリ「My Fitness Pal」を紹介していました。あれは自分の食事内容と腸疾患への関連が疑われる症状を記録するアプリですが、「baby connect」は、その子ども専用版と言ったところでしょうか。


管理はアプリに任せて、我が子との大切な時間を!


新生児や乳幼児の世話は、本当に大変です。それなのに、事前に準備しておけることはほぼありません。ベビーのニーズに応えるための消火活動に追われてしまうと、ストレスをため込んでしまう結果になります。そんな状態では、ベビーとの時間を楽しむなんてことはできません。このシンプルなアプリが、娘のニーズを満たしながら、娘との時間を楽しむという、大切な時間を創り出してくれているのです

医者に見せるための情報も提供してくれるし、何よりも、自分たちに最適な生活リズムを見つけることができます。パブロフの犬のように、「スマホのアラームが鳴ったら寝る」という条件付けを娘に仕込めたらいいのですが、まだそこまでは至ってません! まあ、それはちょっと残酷か。


「男ってのは、我が子が生まれてはじめて完成するもんだ」

――サミー・デイビスJr.


anthony-james(原文/訳:堀込泰三)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 秘密基地の作り方
  • 尾方孝弘|飛鳥新社
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.