• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄傍島康雄  - ,,  07:00 AM

お伊勢参りをしたら買うべき三重のお土産オススメ3選(+番外編)

お伊勢参りをしたら買うべき三重のお土産オススメ3選(+番外編)

お伊勢参りをしたら買うべき三重のお土産オススメ3選(+番外編)


三重県伊勢市にある伊勢神宮は、20年に1度の大祭「式年遷宮」を終えて、参拝客で非常に賑わっています。まだ、お参りしたことがないという方は、この機会に訪れてはいかがでしょうか。

さて、参拝後の楽しみといえば、内宮の門前町である「おはらい町」の散策です。ここでは、松阪牛や伊勢エビ、伊勢うどんなど、名物でおなかを満たせますが、この土地ならではの物を売るお土産さんも軒を連ねています。

あまり知られていませんが、伊勢には「名物餅」がたくさんあり、お土産にもぴったりです。ただ、おはらい町を散策するとわかりますが、多くの餅屋さんがあり、はじめてだとどれを買えば良いか悩むはずです。そこで、地元出身の私がおいしくて、話にネタにもなるオススメ餅を紹介します。


1.太閤出世餅


140330_ise02.JPG


秀吉がお伊勢さん参詣時に献じた際に「美味也」と賞賛した、秀吉ゆかりの縁起餅。保存料などを使わず、小豆と米のシンプルな旨味の焼き餅です。私は、数ある餅の中でも出世餅が一番好きです。太閤出世餅は、歴史と名前も面白いので、お土産にすれば話のネタになるはずです。購入は、宇治橋近くにある「太閤餅本店」にて。

有限会社 太閤餅


2.神代餅


140330_ise03.JPG


小豆ともち米を使うものが多い中で、天然よもぎ使った草餅の「神代餅」は珍しい存在です。こちらも添加物を一切使っておらず、天然よもぎの風味が楽しめます。また、昭和50年には皇太子殿下献上されたこともあるのだとか。食べやすい一口サイズのお餅です。神代餅を売る勢乃國屋本店は、太閤餅本店の近くにあるので、あわせて買うと効率がよいでしょう。

勢乃國屋


3.赤福餅


140330_ise04.JPG


ベタなチョイスですが、これは外せません。赤福餅は駅の売店などでも買えますが、ぜひ、作りたての赤福餅が買える本店で購入してください。あなたが持っている赤福餅の印象が変わるはずです。時間に余裕があるならば、本店の店内で、五十鈴川を眺めながら、熱いお茶と共にいただけば、すばらしい時間が過ごせるはずです。

また、毎月1日に販売される「一日餅」の購入を狙って、赤福本店に行ってみるのもよいかもしれません。ただし、Apple Storeばりに早朝から並ぶ必要があるので、気合いを入れて行ってください。

株式会社赤福


番外編:虎屋ういろ


140330_ise05.JPG


紹介してきた餅に比べて歴史はありませんが、伊勢のういろは特徴的です。原材料に小麦粉を使っており、たとえば近隣の名古屋ういろよりはかための食感です。でも私は、ういろといえば、この虎屋ういろです。

定番の「栗ういろ」か「小倉ういろ」がオススメです。また、季節ごとの限定ういろも販売しています。私は、今回「伊勢茶栗」を購入して、おいしくいただきました。お店を訪れた際に、ピンと来るものがあれば、購入してみるのはよいかもしれません。

虎屋ういろ


最後に、買い方指南です


今回は、順位を付けて紹介しましたが、いずれの餅もオススメです。ただ、賞味期限を鑑みると、すべて買って帰っておいしくいただくには、少量のパッケージがオススメです。太閤出世餅であれば8個入り、神代餅は6個入り、赤福餅は2個入りから販売されています。ただし、虎屋ういろだけは一本売りで日持ちがしないので、家路の最中にでもかぶりついてください(笑)。


(傍島康雄)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • お伊勢さん~伊勢神宮式年遷宮~完全版BOX
  • 三重テレビ放送

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.