• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

佐藤ゆき  - ,,,,,  06:00 PM

仕事で成功する秘訣は、職場で「ありのままの自分」を見せること

仕事で成功する秘訣は、職場で「ありのままの自分」を見せること

ありのままの自分


Inc.:日々ビジネスに携わっている人の多くは、さまざまな自分が存在すると感じることがあるかもしれません。スーツをかちっと着こなして、会議に挑む自分。顧客に売り込みをする自分。社員を採用する自分、解雇通告を言い渡す自分。そして、パートナーと共に時間を過ごす自分、子供の行動が理解できずに悩む自分、心の友を探し求める自分。まだまだ親の前では子供のように振る舞う自分。

私もそうです。プロフィール写真の私はパールを身につけ、化粧を施していますが、この記事を書いているまさに今は、古いスウェットシャツを来て、窓から外の田園風景を眺めています。このコラムを執筆し、米国ジャーナリスト著者協会の役員メンバーを務める私は、母のアルツハイマー病に心を痛め、一度も子供に恵まれなかったことを少々悲しく感じている私とは、別人のように見えるかもしれません。

すべての人に当てはまることです。自分の一部を職場で見せ、それ以外の自分を家庭で見せる。もしかしたら、今それを変えるべき時なのかもしれません。

私は、このテーマについて、デヴィッド・マクナイト氏とすばらしい会話を交わしました。彼は印象を専門とするコンサルタントであり、『The Zen of Executive Style』の著者でもあります。彼は、エグゼクティブとしてのイメージを効果的に見せるためには、ありのままの自分を見せることが最善の方法だと主張します。その理由として、彼は以下の7つの理由を挙げています。


1.どんな人か理解できないなら、周囲はあなたについて行かない

マクナイト氏は、社会人になって初めて就いた仕事でこの点を痛感したと言います。「私は自分の周りに壁をつくっていました。その点を業績評価の際に指摘されたのです」こう言われました。「デヴィッドの業績は非常に良い。だが、チームメンバーは彼のことがよく分からないと感じている」

それには、深い訳がありました。マクナイト氏は、自身の性的指向を隠していたのです。「アメリカの企業社会で、自分がゲイの黒人であることをカミングアウトしようとしているところでした。ですが、とても難しいことだったのです」彼は、次のように当時を振り返ります。「私は自分の性的指向を周囲に知られないように、超保守的な身なりをし、濃紺のスーツと白いシャツばかり着ていました」その業績評価を得るまで、彼は自分の秘密を隠す態度が、周囲との壁をつくっていることに気付かなかったと言います。そして、それは彼がリーダーになる道を隔てていました。

彼は自分の指向や服装の選択について、気楽に考えるように少しずつ努力していきました。「私は自分のことがより好きになり、自信をもてるようになりました。ありのままの自分らしくいてもいいんだと思えるようになりました。ピンクのシャツを着て、おしゃれなファッションをしても、常に自分の仕事のクオリティには自信を持っていましたから」


2.本当の自分を見せないと、クライアントや周囲の人は居心地が悪いと感じる

マクナイト氏は、多くの人は相手が本当の自分を見せているかどうかを本能的に感知すると言います。「自分の内側で感じること、価値観、信条、本当の自分が、外に見せる自分と一致していることは、非常に重要だと思います。本来の自分と周囲に見せる自分が一致していないと、周りの人々はその点を察知して、あなたが自分自身を見せてないと感じるようになります」


3.社員がありのままの自分を出せる職場は生産性も高い

本当の自分、自分の正直な気持ちを隠すのは、多くの場合、それがキャリアにとってマイナスになるのではないかと恐れているからです。「ワーキングマザーの中には、子供の送り迎えがあるのでミーティングに参加できない、と言いにくい人もいるでしょう」マクナイト氏は言います。「そう申し出ることで、昇進のチャンスが減るのではないかと考えるかもしれません」同じような動機で、アフリカ系アメリカ人が髪をストレートにしたり、地方や外国のアクセントがある人はそれを隠すように努めるかもしれません。「そうした点を隠す方法はたくさんあります」と彼は言います。

本当の自分を見せないという選択は、同じ職場や業界で働くすべての人にマイナスの影響を与えます。なぜなら、人間らしく振る舞うことを許されないという雰囲気がその環境に広がるからです。「人が本当の自分を見せ、オープンにふるまうと、職場にはより互いに対する共感が生まれるのです」


4.今の職場が自分にあっているかどうかは、いずれ明らかになる

変化を好む人はいませんし、職場や業界を変えることをためらう人も多いでしょう。ですが、本来の自分を出しにくい職場で働いていると、成功する可能性は低くなりますし、仮に成功したとしても、幸福感を得にくくなります。今後、多くの時間と労力を費やす前に、まず冷静に考えてみてください。今の職場に居続けた場合、今後も常に職場の規範と闘わなければならないのか。そうだとしたら、それはあなたが本当に望んでいることなのか。

それをあなたが望んでいないのであれば、家庭生活を大切にしたり、本来の自分を抑圧することなく働くことが可能な企業をピックアップしたランキング情報を見るのもいいアイデアでしょう。今の職場や業界が、本来のあなたにフィットしない場であれば、他の選択肢も検討してみましょう。


5.顧客と深いつながりが生まれる

「あなたのことをよく理解していると感じられるクライアントほど、あなたと一緒に仕事をしたいと思うでしょう」とマクナイト氏は言います。「本来、人は自分が好意を抱く相手と共に仕事をしたいと思います。もし、あなたが自分の中のある部分を隠そうとするならば、相手は何か見えない壁があると感じるはずです」

その壁を取り除けば、顧客ともより深いつながりを築くことができるようになります。「ありのままの自分らしく振る舞えば、周囲の人は自分を好ましく思うか、そう思わないかのどちらかの感情を抱くでしょう」と彼は言います。「相手の自分に対する好意の感情は、行動の内容よりも自分を見せるかどうかによって変化するのです」


6.幸福感が増す

マクナイト氏は、ある投資銀行員の例を紹介してくれました。彼女は、仕事以外の時間にアーティストとしても活動していました。彼女はキャリアにおいては、堅い形式ばった自分のイメージを保持していました。伝統的な、男性優位の業界なので尚更でしょう。ですがマクナイト氏は、彼女と一緒に仕事をした際に、アーティストとしての彼女らしさを表現できる機会を作りました。

それによって、職場での幸福度は大きく上昇したそうです。「彼女の自尊心は大きく高まりました。彼女は、新しい人間に生まれ変わったようだと話していました」


7.仕事でも成功するようになる

ありのままの自分を出して仕事をする人は、幸福感が大きいだけではなく、より生産的に仕事をします。その理由は簡単です。「自分の経験からよく分かっているのですが、周囲の期待像に沿って振る舞うことは、とにかくストレスがたまることなのです」

だからこそ、職場でより自分らしく振る舞えるようになるほど、キャリアも好転するそうです。「ありのままの自分を見せて仕事をしている人は、本当に輝いているんです」


Why You Need to Be Your Real Self at Work |Inc.

Minda Zetlin(訳:佐藤ゆき)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
  • ちきりん|文藝春秋
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.