• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

galileo  - ,,,,,  10:00 PM

「脇道にそれること」で、脳はもっとクリエイティブになれる

「脇道にそれること」で、脳はもっとクリエイティブになれる

脇道・クリエイティブ


1つであれ、複数であれ、何らかのスキルを完璧に身につけたいなら、そのことだけに集中すべきだ、という話をよく耳にします。でも、目標にしているスキル以外のことに手を出すのが良くない、というわけではありません。ビジネス系ブログ「Entrepreneur」が、脇道にそれることのメリットについて、神経科学の専門家Jeff Stibel氏に尋ねました。


本業から外れた仕事や、軽い気持ちで手がける趣味なんて、取り組む意味がないと思っている人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。Stibel氏はこう説明しています:


多様なテーマについて興味を持って追求すると、知力が向上し、創造力も広がるので、さらにクリエイティブになれるというメリットがあります。脇道にそれるとは、今までになかった情報を頭に入れる手段であり、まったく新しい行動を試みる方法なのです。普段やっているそのほかの事柄についても違った角度から考えるようになり、そこから驚くようなイノベーションが生まれる可能性もあります。Stibel氏も、「新たな発見をしたいなら、ある分野における既存の考え方を、別の世界に当てはめてみるのがベストな方法です」と述べています(中略)

例えば、個人的に興味のある編み物を習ってみれば、いつもフル稼働させている頭を丸1日休ませられる、と考える人がいるかもしれません。しかし、Stibel氏によるとこれはまったく逆です。むしろ、趣味の講座に通うことで、脳はまったく違う問題に取り組むようになり、これによって元のタスクに戻った時には効率や生産性がアップするというのです。

「ずっと悩んできた問題について考えるのをやめ、まったく違う作業に取り組めば、頭が"充電"される」とStibel氏は言います。脳は、1つのことに長時間にわたって取り組んでいるとそのうちにシャットダウンしてしまいますが、複数の異なるタスクを扱うのは得意なのだそうです。「もうこれ以上は無理だと思ったら、少し休みを取り、ほかの課題に取り組んでみましょう。その間に脳が回復してきます。こうすると、1つのタスクに延々と取り組むのと比べて、生産性は2倍になるわけです」と、Stibel氏は述べています。


要するに、たまには頭を休ませ、趣味や本業以外のプロジェクトに集中するのが良い、ということですね。たとえ脇道のほうですばらしい成果が上がらなかったとしても、ほかのものに取り組む行為自体が、別の意味でメリットをもたらしてくれるはずです。

Why Dabbling Can Make You a Better Entrepreneur | Entrepreneur

Thorin Klosowski(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)
Photo by Anders Sandberg

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)
  • 池谷 裕二|講談社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.