• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  06:00 PM

問題にぶつかったら「すべてのデータの裏には生身の人間がいる」ということを思い出そう

問題にぶつかったら「すべてのデータの裏には生身の人間がいる」ということを思い出そう

カフェ


「今月の目標:売上5%アップ必須」──これは目に見える数字の目標で、もちろん良いことです。しかし、まったく人間味がありません。生産性向上系ブログ「99u」では、本当にこのような目標を達成したいのであれば、まずは問題ではなく"人"から始めなさいと言っています。


解消しなければならない問題のほとんどは、直接的でないにしても、人間が関わっているか、人間に影響があることが多いです。確かに、会社は売上をチャートや表で詳しく説明し、分析してきたかもしれません。しかし、すべてのデータの裏には、血肉の通った人間が買っているという紛れもない事実があります。もっと買って欲しいのであれば、売場に出て、人が何を欲しがっているのかを明らかにすることから始めましょう。


問題を個人的なものにしましょう。では、どうやったらビジネスの問題を個人的にできるのでしょうか? 目線を変えて、問題の影響を受けている人を観察しましょう(その人はまたあなたの問題解決によって影響を受けます)。


すべての問題がこの方法で解消できるとは限りませんが、ほとんどの場合はこれで解決の糸口が見えます。就職先を探すにしろ、何かを立て直すにしろ、子どもに掃除をさせるにしろ、人が望むことのほとんどには、その背後に人間がいます。

「あなたが影響を与えるのは誰なのか?」「その人は何を求めているのか?」「その人たちと自分の状況はどうすれば改善できるのか?」この質問に答えられれば、問題解決の方法はすぐそこに見えているはずです。


How To Actually Brainstorm Productively | 99u

Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)
Photo by University of Michigan.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 人間蒸発 [DVD]
  • video maker(VC/DAS)(D)
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.