• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

常山剛  - ,  10:00 PM

幽霊ユーザーだった私が「SMARTalk」を再び使い始めた理由(キャンペーンあり)

Sponsored

幽霊ユーザーだった私が「SMARTalk」を再び使い始めた理由(キャンペーンあり)

SMARTalk


β版リリース時から登録して、しばらく使っていない間に、結構進化していた「SMARTalk」。まだ使っていない人の新生活にも便利に使えそうですよ。

2012年の5月に、月額無料で、スマートフォンでも使えるIP電話サービスの先駆けとして登場した「IP-Phone SMART」。スマホの通話料が高いなーと感じていた私は、β版リリース後から少々間を置いて同年9月に登録。それから現在まで「IP-Phone SMART」を断続的に使い続けています。

「断続的に」と書いたのは、途中、使っていない時期もあったから(まあ、それも「月額基本料が無料」だからできるわけなんですが)。そして、最近、再び利用するようになったのは、気付かぬ間に、サービスとアプリがいろいろな進化を遂げていたからなのです。

その「進化」とはなにか。今回は、再び使い始めるきっかけとなった「IP-Phone SMART‎」と公式アプリ「SMARTalk」の進化ポイントを解説します。また、4月から新生活を始める人向けのTipsもいくつかご提案してみましたよ。


進化その1:通話用デフォルトアプリとして使える高機能公式アプリ「SMARTalk」


140219smartalk02.jpg


2012年に「IP-Phone SMART」のβ版を使い始めたころは、公式アプリが登場する前で、「AGEphone」を通話アプリとして使っていました。当時はそれしか選択肢がなかったので、それはそれで問題ありませんでしたが、現在は、フュージョンコミュニケーションズから公式の通話アプリ「SMARTalk」がリリースされています。2013年8月にリリースされたAndroid版「SMARTalk」(iOS版は同年6月にリリース)は標準の通話アプリと併用できる、かゆいところに手が届く機能が満載になっています。


140219smartalk03.jpg


例えば、発信時に常時起動しておく必要がなく、電話番号を入力してから、通話アプリの選択時に「SMARTalk」を選べたり、通話途中で通話終了ボタンを誤って押さないよう、画面ロックがかかったり、通話録音機能があったり...公式アプリは標準の通話アプリよりも高機能で使いやすいくらいなんです

機能がアップしたのは、アプリだけではありません。私が利用した当初は、通話中にハウリングや遅延を感じることが多く、キャリア回線でかけ直すこともありましたが、最近はそんなことも皆無。しばらく使っていない間に、フュージョン側での継続的な音声改善施策の結果、通話の遅延が少なくなっていたわけです。

月額無料だと、こういうサービス改善を待つ間も、余計な費用がかからずに済むのだなぁと、あらためて思った次第です。


進化その2:5つの電話番号を取得して使い分けられる


140219smartalk04.jpg


通話以外の機能で大きくパワーアップしたのが「持てる番号の数」です。以前は、クレジットカード1枚(=1アカウント)につき、1つの電話番号しか持てませんでしたが、現在は1アカウントにつき、5つまで番号が持てるようになりました。1番号を追加するにあたり、525円(税込)の発行手数料が必要ですが、ランニングコストはゼロのまま。もちろん、従来通りクレジットカードが複数枚あれば、さらに番号を増やすこともできます。

電話番号が増やせると、どんなメリットがあるかというと、相手によって使い分けができる点。MNPが普及したため、同じ携帯電話番号を長く使い続けるようになりましたが、覚える手間が減ったり、キャリア変更のたびに新番号を連絡しなくて済んだりと、便利になった一方で、不要不急の連絡までその番号に届いてしまいがちです。

そこで、「携帯の番号宛にかかってきたらすぐ出る」「050-aaaa-aaaaに来た電話は休日にまとめて折り返す」「050-bbbb-bbbbに来た電話は平日のみ折り返す」「050-cccc-ccccに来た電話は留守電の内容によって折り返す」などと、番号ごとにプライオリティを設定して、友人知人にはaの番号を、一緒に仕事する相手にはbの番号、資料請求などアカウント登録時にはcの番号を使う、といった使い分けが簡単にできます。


★新生活Tips

例えば、今の時期であれば、引越の見積を依頼したときの電話攻勢を華麗にかわしたいとき、新生活のスタートに伴う新しい人付き合いが生まれる際に、複数の電話番号を持って上手に使い分けるとなにかと便利ですよ。


また、海外通話も携帯キャリア回線経由の音声通話と比較して、かなり節約になります。海外に行く前に、「海外での連絡先専用番号」として、1つ番号を持っておくのもいいかと。

■進化その3:外出先で「普通」に使えるIPフォンに


140219smartalk06.jpg


2012年のころには、主に自宅のWi-Fiで接続して「IP-Phone SMART」β版を使っていました。当時の3G回線は今よりも低速で、まだ、3G回線でIPフォンを使うには、遅延やハウリングが多く、外出先ではほとんど携帯キャリアの回線で通話していましたと記憶しています。

それから約1年半、短期間で携帯通信の環境は大きく変わりました。LTEの普及によって、Wi-Fi環境のない外出先でもスムーズにWebが閲覧できるようになったのです。そして「IP-Phone SMART」も、外出先で、携帯キャリア回線での通話と遜色ないレベルで使えるようになっています

ちなみに、「IP-Phone SMART」がスタートした2012年5月の、ドコモの「FOMA」と「Xi」の契約数で見てみると...

FOMA:57,461,100件
Xi:2,923,300件

これが現在(2014年1月)では

FOMA:42,486,200件
Xi:19,835,500件

Xiの契約数は約6.78倍。1キャリアのみの数値なので、あくまで傾向を示す参考値ですが、LTE環境が急速に整ったことがうかがえます。モバイル通信環境が高速化したことで、前述の音声改善施策と相まって、通話品質が向上したと同時に、外出先でも普通に使えるIPフォンサービスになっていたのです。

実際に、編集部の固定電話へ「SMARTalk」と携帯のキャリア回線とで、2回通話してみまして、編集部の吉川さんに感想を聞いたところ、以下の通り。


「どちらがどちらの回線からか知らずに2回通話したのですが、『こっちのほうが雑音が少なくて声がクリアな音質だな』と感じたほうが『SMARTalk』の回線でした。相手と同時に話してしまって声が重なった時には一瞬音が途切れるように感じましたが、他にはとくに違和感はなかったので、普段これで電話がかかってきたとしても気付かないと思います」


その4:月額基本料は無料のまま、通話料も安いまま


140219smartalk05.jpg


その1~その3と、既存ユーザー目線で、いつの間にか進化していた点を列挙してきましたが、変わっていないところもあります。それは、当初からの特長だった「ランニングコストが0円」、そして「携帯キャリアに比べて、格段に通話料が安い」という点です。一見変化のないようで、「その場にとどまるために、全力で走り続ける」、赤の女王仮説的な、努力を垣間見た気がします。だから、あまり使わない月には請求額が16円なんてこともあるのです。

サービス開始後に追加された留守番電話サービスと着信転送サービスを含めても、基本料無料のまま。通話料も相変わらず、どこへかけても「8.4円/30秒」と、よくある携帯の通話料金「21円/30秒」と比較して、60%も安くなります。「どれだけIPフォンで通話するか予測できない」人ならば、月額料金が発生するIPフォンサービスと比べてトータルコストでお得になる人が多いでしょう。


★新生活Tips

公式アプリ「SMARTalk」が登場して、設定が簡単になったので、他の人にも勧めやすくなりました。「SMARTalk」同士であれば、24時間通話が無料ですら、こちらの通話料も節約できますね。4月から引っ越して友人やパートナーと遠距離に...なんて方は、相手にも登録してもらえばお互い気兼ねなく長電話できますよ。


以上、つらつらと「IP-Phone SMART」と「SMARTalk」の進化を紹介しましたが、何はともあれ、百聞は一見に如かず。実際に通話を無料で体験できる3月1日(土)限定 通話無料キャンペーン」が3月1日から実施されます


140221smartalk_campaign.jpg


月額が無料で、通話料も無料。固定電話でも、携帯でも、すべて無料で上記の進化を実際に確かめられます。既存ユーザーの方も、新規ユーザーの方も、この機会に通話品質の高さを体験してみるといいですよ。


SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

(常山剛)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.