• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,  08:00 PM

短い時間でも、より良い演奏技術を身につけるための3つのこと

短い時間でも、より良い演奏技術を身につけるための3つのこと

ギターを弾く女


何か楽器が弾けるようになりたい、またはもっと上手になりたいと思っている方は多いようですが、そのためには地道な努力が必要とされるわけです。

でも、時間がなかなか取れないと悩んでいる方におすすめしたいのが、音楽家 Dick Hensold が提案する「短時間の練習でも上達できる!」とウワサの戦略的な練習方法です。

このメソッドの核となっているのが彼が"Proper Cultivation"と呼ぶ、身に付けたテクニックを「正しく洗練させていく」方法です。


「正しく洗練させていく」とはどういうことでしょうか? 簡単に言うと、正確に、安定した状態で繰り返し行い、完璧なテクニックを保持していくことです。

詳しく説明し始めると...それだけで一本の記事となってしまうのですが、あるテクニック、または楽曲の演奏速度を速める練習を行う場合、その短い部分をゆっくりと練習することです。その際、曲が認識できる程度のスピードで演奏することを心がけてください。と同時に、下記の項目に対して細心の注意を払いましょう。

  1. テクニックが常に完璧であること
  2. 正確さ
  3. パフォーマンスの一貫性を保つ
  4. (これら3つの定義は下記に)


いくつかの音符程度の短さから8小節ほどの長さを選択して演奏することにより、自分の技術向上の進捗具合を詳細に監視することができます。

Hensold が言う「完璧なテクニック」とは楽器を演奏する場合の技術的な方法という意味でのテクニックのことです。例えば、「楽器を持った状態で最小限の力で動き、体をニュートラルなポジションにキープしている」などです。

「正確さ」というのは他人に聞いてもらいたい状態で音楽を奏でることができているかどうか、ということです。特にテンポに気を付けましょう。そしてもちろん音階が正しいことも重要です。

「一貫性」とは上記の1と2の両方に注意を払いつつも、可能な限りミスを減らした状態で演奏ができる、ということを指します。Hensold は練習する際に最も大切なのはこの3つのポイントであると語っています。

しかし、この練習方法によってすぐに奇跡が起こるとは思わないでください。上達という現象は実は練習中ではなく練習と練習の間の時間、つまりあなたが休んでいる時にこっそりと訪れるからです。


短いフレーズなどの部分練習を上記のポイントに集中しながら繰り返し行います。スピードアップしないように気を付けて、(もし必要であれば)メトロノームを使ってテンポをキープしてみてください。きちんと集中した状態で行えば20回程度、時間にして数分程度の練習で成果が現れるはずです。

でも、上記のポイントにしっかりと集中できていないとそれほどの成果は望めません(ひとつひとつに焦点を絞ってやるのではなく、同時にやることによって効率化を図るわけなので)。

これを数日に一度繰り返します。そうすると数回のセッションを重ねることで、進捗が感じられるようになるはずです。上達というご褒美は練習中ではなく、練習と練習の間にこっそりとやってくる、と信じることが重要です。この長所としては、テクニックの習得が自然と自分の速度で加速していく、ということです。

逆に短所としては、締め切りなどがある場合、早い時期から準備を始めない限り、上達が見えてくるまでに時間がかかる、ということです。上達へのショートカットを求めることによって、逆に練習の効率は下がり、演奏の質も下がってしまいます。


下記リンク先の記事(英文)では逆に演奏スピードをアップする方法や子供と大人の練習方法の違い、先生がいない状態で演奏技術を身につけるための条件などについても書かれているので、興味のある方は読んでみてください。


How to Play Music Faster: Ideal Practice Methods for Adult Musicians |Dick Hensold

画像 by gagilas.

Melanie Pinola (原文/訳:まいるす・ゑびす)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 電子ピアノ ソフトキーボードピアノ 保管・持ち運びに便利な 49鍵盤 デモ演奏機能付き 【SsSlctブランド】
  • SsSlct
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.