• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  08:00 AM

ランニング中にワキ腹が痛くならないようにするには「左足の時に呼吸をする」

ランニング中にワキ腹が痛くならないようにするには「左足の時に呼吸をする」

140120_Runnning.jpg


ランニングをしていると、ワキ腹が痛くなることがよくあります(胸郭の下あたり、刺すような痛みは誰しも経験があるはずです)。

このワキ腹痛、ランニング時に左足の時に常に呼吸をするようにするだけで簡単に避けることができると、ケープタウン大学のスポーツ科学者、Tim Noakes 博士は著書『The Lore Of Running』(未邦訳)の中で説明しています。

「100 Questions and Answers about your Sports Injury(スポーツの怪我に関する100のQ&A)」の記事がそのNoakes博士のアドバイスを元に、なぜそのようにした方がいいのか解説してくれていたので、一部紹介。


左足が地面に着く時に、息を吸ったり吐いたりするように足運びを変えます。多くのランナーは、右足か左足、どちらか一方の足で呼吸をするサイクルがあります。片方の足の時に呼吸をするようにすると、横隔膜が高い位置にある間に、肝臓や腹部の臓器が下の方にあることが減ります。


このアドバイスは、呼吸の吸うと吐く比率は3:2にした方が良い走りができるという説に反しますが、脇腹痛になりたくない場合は試すだけの価値があります。また、もし脇腹痛に襲われた時のために、3分で回復する方法もチェックしてみてください。


100 Questions & Answers About Your Sports Injury|Google Books

Mihir Patkar(原文/訳:的野裕子)
Photo by Mike Baird.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • マイ・レフトフット [DVD]
  • 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.