• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   08:00 PM

僕らが『Pairy』を作り続ける理由:なぜカップルや夫婦向けのアプリが必要なの?【Startups 2014】

僕らが『Pairy』を作り続ける理由:なぜカップルや夫婦向けのアプリが必要なの?【Startups 2014】

140106startups_pairy_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Startups 2014」では、注目のスタートアップ企業に、昨年実施してよかったことや、今年の展望/野望を聞きました。1月6日より1月8日にかけて、さまざまな企業による寄稿記事をお届けしています。

以前に「私たちだけのまとめ」が作れるカップル専用アプリとして紹介した『Pairy』。先日、総額約1億円の資金調達を行ったことで、各メディアが報じた記事を目にした方もいるでは。若き彼らはなぜカップルや夫婦向けのアプリを作るのでしょうか。そこには2014年を、そして次代を見据えた信念がありました。


あけましておめでとうございます。株式会社TIMERS(タイマーズ)は、2013年、『Pairy(ペアリー)』というカップル専用アプリとともにありました。


140108startups_pairy_2.jpg


スマートデバイスが急速に普及するタイミングだからこそ、恋人や家族のような「人生における本質的な関係」において、情報共有のあり方が大きく一新されるはず。その時代に、単なるコミュニケーションツールではなく、利用する人の人生がより豊かになる価値・体験を提供しようとプロダクトを創り続けてきました。

2014年は、そういったプロダクトに共感してくれるエンジニアをさらに増やし、より挑戦のスピードを早めていく年となります。



成長速度は600%!3名の極小チームでつくる「愛が深まる」アプリ


2013年を振り返ると、必死にユーザーに向き合って来た1年であったと思います。「ユーザーと向き合う」と言葉にすると、そんなことはどこの会社・チームでもやっている、と思われるかもしれません。しかし、私たちはわずか3名の極小チームで、たった1つのアプリのために、年間20回以上もユーザーにアンケートを実施し、サービスとしての価値検証とこれから提供する価値・体験の仮説検証を行ってきました。

そんな愚直な姿勢と改善の繰り返しによって生まれる価値。それが徐々に女子会などでの口コミで広がりだし、昨年の1年でサービスの成長速度は600%となりました。また、利用するユーザーの45%が「結婚を意識するようになった」、85%が「より愛が深まった」と回答する体験を生み出してきたと考えています。


2013年は自分たちの強みを活かせた年だった


「自分たちの強みは何か」。それはキャリアを歩みだした個人、挑戦を続ける組織・チームが、その過程の途中で立ち止まって考えるべきことの1つだと思います。但し、その強みを認識することが大事なのではなく、それをどれだけ自分たちが提供しようとしている価値・体験創造へと昇華できているかということが最も重要です。2013年を振り返ると、私たちの場合は「徹底的にユーザーに向き合う力」という強みをうまく活かせた年であったように思います。

しかしながら、まだまだ「カップル・夫婦で使うスマホアプリなんて必要なのか」「アプリなんかに頼る関係なんて...」と揶揄されることもあります。一方で、そういう意見が出ることを嬉しくも思います。2013年の始めも、「そんな狭い関係のアプリはバイラルしないし伸びないよ」と多くのところで言われることがありました。だからこそ、周りの意見に左右されるのではなく、愚直にユーザーや社会に向き合う姿勢を持つことができたと思います。

2014年も、自分たちが結果で証明してみせるという姿勢と、いい意味での反骨心を持ち、『Pairy』を使うことでより人生が豊かになるという新しいスタンダードの創造に国内外でチャレンジしていきます。


2014年はスマートフォンアプリに求められる資質が変わる


140106startups_pairy_3.jpg


特に、2014年、スマートフォンにおけるアプリは、「何ができるか」ではなく、「どういった体験ができるか」へとよりシフトして行くでしょう。つまり、サービスの利便性や操作性だけでなく、人間的な欲求・感性にどれだけ訴えているか、という点がより強く求められるようになるのです。

だからこそ、恋人や夫婦、家族や親友といった深い関係に向けて、私たちはスマートフォン普及初期とは異なる価値を次々に創造していきます。夫婦に特化した新アプリサービスの準備も着々と進んでいますので、皆様に"こんなスタートアップが日本から生まれて良かった!!"と2014年の末に言ってもらえるよう、メンバー一同今年もストイックに取り組んでいきます。そして、2014年、一緒にそんなチャレンジをしたい!というエンジニアも絶賛歓迎中です!

今年の1年が、読者の皆様にとって、またライフハッカー様にとっても、実り多き年となりますよう、また、そこに微力ながらも一助となればと心から願いつつ邁進してまいります。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


カップル専用アプリPairy(ペアリー)
TIMERS inc.

(株式会社TIMERS)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 「世界」を変えろ! 急成長するスタートアップの秘訣
  • デビッド・S・キダー|日経BP社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.