• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,  08:10 PM

選択問題式のテストは勉強の役に立たない?:意外な研究結果

選択問題式のテストは勉強の役に立たない?:意外な研究結果

131220multiple.jpg


npr:学生時代のテストや、運転免許の学科試験。はたまた、TOEICで出題されるリスニング/リーディングテスト。世の中は、選択問題で満ちています。

それでは、問題です。選択問題のメリットについて、次の選択肢から正しいものを選びなさい。

A.表面的な丸暗記かどうかを見極めるのに効果的
B.概念を理解できているかどうかを見極めるのに効果的
C.授業内容の短期的な記憶を促すのにふさわしい(次の試験に向けてなど)
D.授業内容の長期的な記憶を促すのにふさわしい


先日『Current Directions in Psychological Science』に発表された論文(英語)によると、(問題の作り方と導入方法によっては)正解は"D"になることもあるのだとか。「こんなテスト、何の意味があるの?」と思いながら受けていたあなたには、意外な結果かもしれません。



期末試験だけに登場するようでは効果がない


新しく教わった内容を、1週間後に覚えているかどうか。これについては、教材を繰り返し眺めるよりも、選択式や自由記述などのテストを繰り返し受ける方がいいと古くからいわれています。また、一夜漬けで詰め込むよりも長期間にわたって少しずつ勉強した方がいいことも、誰もが知っていることでしょう。つまり、よくあるような中間試験、期末試験のように「まとまったテスト」よりも、学期を通して「何度も行うかんたんなテスト」の方がいいということになります。

では、実際の教室でこれを試してみたら、生徒の成績は上がるのでしょうか。小テストなどの昔ながらの方法や、リモコンのようなツールを使って双方向の授業を可能にする「クリッカー」などの新しいシステムを使い選択式のテストを繰り返すのに、果たしてメリットはあるのでしょうか。メリットがあるとすれば、それは何度も問題に登場した特定の内容のみに限定されるのでしょうか。それとも関連する内容にまで及ぶのでしょうか。


テストを繰り返すことで好成績を


Arnold L. GlassとNeha Sinhaによる論文は、実際の教育現場で行われた9つの研究を取り上げ、上記の疑問に対して有望な結論を導きました。

学期中何度も選択式テストを受けた生徒は、期末試験までテストがなかった生徒に比べて、好成績を収めたのです。さらに、過去のテストで提示された問題と関連性はあるが同一でない質問や、さらには記述式のテストに対しても効果を発揮することがわかりました。繰り返しテストを受けることで、成績が1段階以上あがった事例もあったそうです。


ノートをとるのは受動的、テストを受けるのは能動的


このように簡単に導入できる教育戦略の効果を裏付ける結果が得られたことは、非常に重要な意義があります。選択式テストは、大規模に実施しても時間やお金がかからないばかりか、採点も簡単だからです。それに、学年や科目を問わず、生徒らはこれを学習習慣として取り入れることもできます。

この研究結果は、人間の心理と学習能力を浮き彫りにするという点で、理論的にも重要な意味を持ちます。繰り返しのテストが効果を発揮する理由は、複数の要素がからんでいると考えて間違いないでしょう。そのひとつの要素として、受け身にノートを見直したり授業を聞くよりも、テストには主体的に参加できます。それに、自分が何を習得できていなのかを認識できます。この気づきは、単なる読み・聞きだけでは、必ずしも得られないものなのです。


頭の中の図書司書


一方で、私の好きな仮説はこうです。それは、特定の情報が必要な状況に何度も遭遇することで、記憶システムにパワフルな信号が送られるというもの。この信号は、その情報が背景や時間を問わず重要である可能性が高いことを示すものです。あたかも、ある本をあなたの中央図書館におけるメインの書棚に置くよう命じているのと同じです。またすぐに必要になるかもしれないので、すぐにアクセスできる場所に保管しておくのです。

残念ながら、私たちの心の中の司書さんは、あまり優秀ではありません。だからこそ、授業や学習習慣の作り方を知り、司書の働きをスムーズにしてやることが、なおさら大切になるのです。


Solving The Conundrum Of Multiple Choice Tests | npr

Tania Lombrozo(訳:堀込泰三)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.