• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史印南敦史  - ,,,,  09:00 AM

モノポリーで勝てるなら、実際の投資にも勝てるはず!な5つのポイント

モノポリーで勝てるなら、実際の投資にも勝てるはず!な5つのポイント

投資とお金の大事なことはモノポリーに学べ!


世界大恐慌の影響が色濃かった1935年、米国の大手玩具会社から発売されたファミリーゲーム・モノポリー。「地理モノ」や「芸能モノ」などさまざまなバージョンが存在し、これまでに世界累計2憶5000万個以上を売り上げているそうです。そんなモノポリーから「チャンスを切り拓く思考」を学ぼうというユニークな書籍が、『投資とお金の大事なことはモノポリーに学べ!』(フィリップ・E・オルベーンズ著、千葉敏生訳、日本実業出版社)。

とだけ聞くと「所詮ゲームでしょ」と疑問を感じるかもしれませんが、著者はその点についてこう説明しています。


モノポリーは誰でも簡単に遊べるファミリーゲームながら、実生活のように失敗で痛手も負うことなく、お金に関するシビアな体験ができる、いわば、ビジネスシミュレーションゲームでもあるのだ。(13ページより)


モノポリーの勝ち方を学んでいくことで、お金にまつわるコツを実感し、実生活に応用できるのだというわけです。さらにモノポリーで習得できる、交渉術などのさまざまなスキルは、お金以外の部分でも実生活にそのまま応用することも可能なのだとか。

第1章「お金......モノポリーが教える『お金』の教訓」から、「モノポリーを応用できる5つの分野」に目を向けてみましょう。



1.収入と支出の管理


収入と支出に関する予算を組む。支出項目を「必須」「貯蓄」「できれば必要」に分ける。貯蓄目標を満たしてから、「できれば必要」の項目にお金をかけるようにする、などのスキルを身につけられるようになるそうです。(14ページより)


2.資産の管理


バランスシートを作成し、自分の資産と負債を把握する。投資計画を守る。投資内容や資産の増減を継続して監視できるようになるといいます。(14ページより)


3.負債の管理


実生活では負債に対して利子を払う必要があるので、できるだけ負債をなくすように努力する。負債は高金利なものから返済するなどのスキルを身につけることが可能。

ちなみにモノポリーのルールでは、負債は返済時にしか利子が発生しないため、土地、鉄道、公共会社などの物件を抵当に入れて発生した負債のペナルティは、抵当物件から収入が得られないことだけだそうです。そのため、あまり収入が得られない物件は、抵当に入れて銀行から現金を借りたり、他のプレイヤーに売却したりして、収入がより期待できる抵当物件の負債に充てたり、家の建設など新たな投資に回すことを考えることも必要であるわけです。

つまり負債の削減というよりは、負債の管理が重要だということ。これは実生活でも同様で、負債をやみくもに忌み嫌う必要はなく、ビジネスチャンスを活かすため、あるいはより大きな資産を形成するため、適切に負債を作ることはあり得るといいます。(14ページより)


4.信用力の維持


債務には、1年以内に払わなければならない短期的な負債である「流動債務」と、返済期間が1年を越える長期的な負債である「固定債務」の2種があります。モノポリーでいえば、物件を低頭にして借り入れをした場合、いつ返済してもかまわないので、それは固定債務。一方、他のプレイヤーが経営する物件のマスに止まった際に支払うレンタル料や、マスやカードで支持されている現金の支払いは、すぐに支払わなければならないものなので流動債務。そして、モノポリーで注意して備えておかなければならないのが、この流動債務だそうです。

流動債務が発生した場合には、現金を充分に持っていなければ債務超過を起こして破産してしまうことに(モノポリーで、破産は敗北を意味します)。そこで、万一の巨額な債務発生に備えた保険をかける必要がある。具体的には、(1)貯蓄を持つ(2)信用力を確保するため、必要に応じて資産を抵当に入れたり売却したりして流動債務返済の原資にできる、流動性の高い資産をある程度確保しておくことが必要になってくるということ。(15ページより)


5.効果的な取引


他のプレイヤーとの資産の取り引きを通じ、資産構成を変え、自分の資産の収益性を最大にすべき。プレイヤーの好き嫌いなどに左右されることなく、「賢く」交渉すること。個別の資産への思い入れなどを排除し、適正価格で必要なものを手に入れることが求められるのです。(14ページより)

つまりモノポリーが教えてくれるのは、お金を稼ごうというのなら、お金の稼ぎ方について常に考え、努力しなければならないということ。1回でもおかしな手を打てば破産してしまうかもしれないだけに、モノポリーで財を築いて勝利するためには、高い注意力が必要。しかし勝利のコツをつかめば、実生活でもお金をしっかりと守り、増やせるようになるというわけです。また同時にモノポリーは、現金にしがみつくように安全にプレイしていては勝てないという大切な教訓をも教えてくれるといいます。


本書ではモノポリーでの成功の方法が細かく説明されているため、それらを身につければ投資に役立てることができるかもしれません。


(印南敦史)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.