• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  05:00 PM

え、このアプリってメモリ食い過ぎ...『Memory Reboot』で見つけてメモリ開放しよう

え、このアプリってメモリ食い過ぎ...『Memory Reboot』で見つけてメモリ開放しよう

131209tabroid01.jpg


Android:「ポチッとな」が気持ち良い!

画面上に表示されているアプリ以外で、裏で動くものを「キル(停止)するアプリ」といい、マーケット上でもかなり多くみかけます。ユーザーが求めるところは違えど、実用性やデザイン性など、さまざまな趣向をこらしたものがあります。今回紹介する『Memory Reboot』は、その両面でレベルの高いアプリだと思います。

カラフルでシンプルなデザインに、「オートキル」や「一定のメモリ消費パーセンテージに到達したらキル」などの細かな設定項目などが用意されており、これまでの「タスクキラー」のイメージとはちょっと違ったアプリになっています。公式動画があるのでどうぞ。



さっそく使い方を紹介したいと思います。


131215tabroid_memory_reboot_1.jpg


画面中央の円グラフがメモリの使用量。この画面で言うと、全メモリの64%が使用中ということになります。


131215tabroid_memory_reboot_2.jpg


この円グラフをおもむろにタップすると、タスクキルがされ、メモリーが回復するというのが本アプリの基本。


131215tabroid_memory_reboot_3.jpg


画面左上の数字をタップすると、現在稼動中(=Active)のアプリ一覧を見ることができます。使用量が多いアプリから順に表示されるので、効率的。たいした内容ではなかったり、使うことなんかほとんどないアプリのになぜか常駐してメモリを喰うものなど見つかるかもしれないので、アプリをけっこう入れてる人はチェックしてみてください。


>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.