• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史印南敦史  - ,,,,  08:30 AM

売ろうとすると売れない? ネットで商売するためにタオルソムリエが行き着いた結論

売ろうとすると売れない? ネットで商売するためにタオルソムリエが行き着いた結論

売らない」から売れる! どこにでも売っている商品を「ここにしかない」に変える5つの法則


「売らない」から売れる! どこにでも売っている商品を「ここにしかない」に変える5つの法則』(寺田元著、日本実業出版社)の著者は、タオルソムリエの肩書きを持ち、「タオルはまかせたろ.com」というタオルに特化したサイトを運営している人物。


  1. 質に自信を持てない商品は扱わない(=自分で使いたいと思えないような品は仕入れない、決して売らない)
  2. 贈り物にしたくなる商品を扱う(=お客さんが、贈った相手から必ず喜ばれると思える品しか扱わない)
  3. お客さんが自分へのごほうびにしたくなる商品を扱う(自分へのごほうびのタオルとして選んでさしあげたい品しか扱わない)

(3ページより)


この3点を信条とし、現在では年商1憶2000万円を突破したのだといいます。しかし、2004年の時点でパソコンにほとんど触れたことがなく、インターネットにも無知だったというのだから驚き。なのに、いかにして「売れる仕組み」をつくったのでしょうか? 3章「『売らない』から売れる!」に目を向けてみます。



潜在的な望みに応える


インターネットでタオルを売る場合、サイトを見た人にまず信頼してもらうことが大切。それが著者の考え方です。つまり「さわる」ことができないインターネットでは、なんらかの方法で信頼を勝ち取ることが重要。そこでサイトにたどりついた人が「商品を見る」へと進む前に「タオルの使い方を知る」「タオルソムリエが生産者を紹介する」「買われたお客さんの声を知る」という3つの要素を加えたそうです。トップページに著者の写真が数多く掲載されているのも、目立ちたいわけではなく、「人の温度を感じていただきたいから」

そして大切なのは、インターネットは本質的には「情報を無料で得られるツール」だという認識を忘れないことだといいます。ネット通販に携わる人の多くは「お客さんは買うためにサイトに来ている」と思っているけれども、そうではなく「お客さんは情報を得るためにサイトを訪れる」もの。ここに気づかないと、いつまで経っても売れる仕組みは作れない。「売ろうとしないから、売れる」の意味がここにあるわけです。(110ページより)


「意味」があれば自動的に売れる


必要なものがしっかりと頭の中にある消費者は、それを実現できるであろう人を探しているもの。事実、著者が顧客の希望に基づいてつくった幼稚園児用のタオル(13センチ四方、16センチ四方、10センチ四方のタオル)は口コミで広まり、3万5000枚以上を売る大ヒット商品になったそうです。

そんな経験のなかから著者が気づいたのは、常識的に「売れないだろうな」と思われるものが、インターネットでは思わぬヒット商品になることがあるということ。そして商品化に際しての判断基準は、「誰かが不便に感じているもの」「世の中にないもの、どこもやっていないもの」、かつ「汎用性のあるもの」。そういう商品の場合、「いける!」と思ったら躊躇なく、すぐに実現のため動くそうです。(131ページより)


「時間軸」ではなく「五感軸」


サラリーマン経験もある著者は、経営者になってからオンとオフという概念がなくなったそうです。あるとすれば、それは「五感」という軸。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感に響く瞬間を大事にする生き方を意味しているのだとか。結果、いまではいつでもどこでもタオルに対するアンテナが絶えず立っている状態で、寝ている最中でもタオルに関する夢を見るほど。そして、もしも「ここからここまでが仕事の時間」とオン・オフで区切ったら、これまで商品化したタオルのアイデアも出てこなかっただろうと分析しています。

24時間、365日、五感で生きていれば、目にしたこと、耳にしたことすべてがアイデアの生まれる瞬間になるというわけです。


ここでご紹介したことだけ見ると、著者はいかにも華やかに見えるかもしれません。しかしその道のりは決して楽ではなく、パニック障害に悩まされたこともあるのだとか。そんなことも含め、著者が「いかにマイナスをプラスに転化していったか」を本書で知ることができます。


(印南敦史)

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.