• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  05:00 PM

「あと5分」の魔力に。起きてから二度寝する時間を決める専用アプリ『ニドネル』

「あと5分」の魔力に。起きてから二度寝する時間を決める専用アプリ『ニドネル』

131119lh04.jpg


目覚ましが鳴ったって、起きたくない。あと5分。いや、あと10分寝かせてくれ!

朝、そんな気分になったことがない人はいないはず。もちろん、私も毎朝のように二度寝しています。そんな二度寝をやめられない人のために、二度寝専用アプリが颯爽と登場しました。その名も、『ニドネル』。1度目のアラームが鳴った後に、二度寝時間をワンタッチで設定できるアプリです。



起きてから、二度寝時間を決められる


131130tabroid_nidoneru_2.jpg


機能は2つ。1つ目は、普通の目覚まし時計のように、1度目に起きる時間を設定して、アラームを鳴らす機能。


131130tabroid_nidoneru_3.jpg


2つ目は、1度目のアラームが鳴った後に、2度目のアラームを鳴らす時間を「5分後(+5)」「10分後(+10)」「15分後(+15)」「30分後(+30)」から選べる機能。

二度寝をしちゃうタイプの人って(まあ、私なんですが...)、普段は1度目のアラームは7時、2度目のアラームは8時と、段階的にアラーム設定をしているハズ。

そして、朝起きてから当然のように二度寝して、「2度目のアラーム、鳴るの早い!」と悔しがったり、「2度目のアラーム、鳴るの遅い! やばい!」と涙したことがあるはず。寝る前に考えた二度寝時間と、起きてから考える二度寝時間って違うんですよね! だから、アラーム設定が意外に難しいわけです。しかし、『ニドネル』なら、アラームが鳴ってから、ワンタッチで二度寝時間を決められちゃうのです。


>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.