• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  05:00 PM

「あと5分」の魔力に。起きてから二度寝する時間を決める専用アプリ『ニドネル』

「あと5分」の魔力に。起きてから二度寝する時間を決める専用アプリ『ニドネル』

131119lh04.jpg


目覚ましが鳴ったって、起きたくない。あと5分。いや、あと10分寝かせてくれ!

朝、そんな気分になったことがない人はいないはず。もちろん、私も毎朝のように二度寝しています。そんな二度寝をやめられない人のために、二度寝専用アプリが颯爽と登場しました。その名も、『ニドネル』。1度目のアラームが鳴った後に、二度寝時間をワンタッチで設定できるアプリです。



起きてから、二度寝時間を決められる


131130tabroid_nidoneru_2.jpg


機能は2つ。1つ目は、普通の目覚まし時計のように、1度目に起きる時間を設定して、アラームを鳴らす機能。


131130tabroid_nidoneru_3.jpg


2つ目は、1度目のアラームが鳴った後に、2度目のアラームを鳴らす時間を「5分後(+5)」「10分後(+10)」「15分後(+15)」「30分後(+30)」から選べる機能。

二度寝をしちゃうタイプの人って(まあ、私なんですが...)、普段は1度目のアラームは7時、2度目のアラームは8時と、段階的にアラーム設定をしているハズ。

そして、朝起きてから当然のように二度寝して、「2度目のアラーム、鳴るの早い!」と悔しがったり、「2度目のアラーム、鳴るの遅い! やばい!」と涙したことがあるはず。寝る前に考えた二度寝時間と、起きてから考える二度寝時間って違うんですよね! だから、アラーム設定が意外に難しいわけです。しかし、『ニドネル』なら、アラームが鳴ってから、ワンタッチで二度寝時間を決められちゃうのです。


>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.