• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   08:00 PM

無能な上司をクビにした後にすべきこと:残ったメンバーを救う4ステップ

無能な上司をクビにした後にすべきこと:残ったメンバーを救う4ステップ

新しいリーダー


inc.:無能な中間管理職を解雇する時、仕事はそれで終わりではありません。今度は、残された部下の社員をケアしなければなりません。

このようなことは、会社ではよくあることです。無能な管理職を雇ってしまったら、問題を解消する最初の一歩は、その管理職をクビにすることです。悪影響がその部下にまで及んでいた場合は、修復するのは少々大変なこともあります。

「Roger Schwarz & Associates」社のCEOであり、組織心理学者でリーダーシップチームコンサルタントのRoger Schwarzさんは、そのような状況で本当にやるべきことはただひとつ、「良い管理職を探すこと」だと言います。部下の社員たちが、摩擦やストレスにさらされてきたことを認めましょう。「より強いチームをつくることが、この精神的苦痛を伴う問題に取り組むことになる」とSchwarzさんはハーバードビジネスレビュー誌に書いています。

Schwarzさんによる、無能な上司の悪影響をうけた部下たちを救う方法をご紹介しましょう。



1.風通しを良くする


以前の上司が、部下に対して率直な対応をしていなかったということがよくあります。風通しを良くして意見交換がしやすい環境を率先して作りましょう。Schwarzさんは、上司がやること(もしくはやらないこと)は部下たちに大きく影響を及ぼすと言っています。まず彼らが置かれている状況を説明し、それがいかに道を外れてしまっているかを伝えましょう。

しかし、気をつけなければなりません。「目的は以前の上司を批判することでもなければ、自分が有能であることを示すことでもありません。部下たちは困難な状況にあり、それが会社にもチームにも本人たちにも大きな影響を与えたと理解し認めている、ということを示しましょう」とSchwarzさんは書いています。


2.部下たちの話に耳を傾ける


それから、被害状況を細かく確認します。部下たちが、以前の上司にどれくらい影響を受けているかを確認しなければなりません。Schwarzさんは「以前の上司に欠けていたかもしれない価値や幸せに興味がある、という好奇心も見せましょう」と書いています。さらに、修復が必要なものすべてが、今後より良くなるというイメージを持ちましょう。


3.判断は保留する


前の上司の管理能力が乏しかったせいで、部下たちは道を見失っています。きちんと説明ができなかったとしても、それは彼らのせいではないとSchwarzさんは言います。

部下たちの仕事ぶりを判断するのは時期尚早です。「部下たちの知識や能力は、機能不全の構造やプロセスにより、覆い隠されているのかもしれません」とSchwarzさんは書いています。「彼らの状態が変わり始めるまでは、彼らがやってきた仕事にたいして言及するのはやめた方がいいです」


4.リーダーの考えを話す


組織のリーダーとして、自分の信念でそのチームを蘇らせなければなりません。あなたが雇い、解雇したひどい上司が、社員の感覚や期待もめちゃくちゃにしている可能性があります。部下たちがあなたの行動やアクションを誤解しているかもしれないので、自分の考えを話し、明確にするのが一番です。

「誤解を減らすには、自分の行動に対して、なぜ自分がこんなことをするのか、自分の発言に対して、なぜ自分がこんなことを言うのかを、常に説明しましょう。そうすることで、あなたのリーダーシップや経営哲学を共有し、社員にどのような方向に進んで欲しいと思っているのか、という期待を示すことができます」


Will Yakowicz(原文/訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.