• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

akutsu  - ,  01:00 PM

アウト? セーフ? 部屋に置きっぱなしだった食べ物が安全どうかの見分け方

アウト? セーフ? 部屋に置きっぱなしだった食べ物が安全どうかの見分け方

食べ物のリミット


部屋にどのくらい置きっぱなしになっているか分からないけれど、見るからに美味しそうなごちそうの残りを見て、食べたいなあ、と思ったことがある人は多いはず。でも、置きっぱなしって、具体的に何時間以上置きっぱなしだといけないのでしょうか?ウェブサイトStack Exchange のシェフが、答えを教えてくれました。


冷蔵庫から出しっぱなしになっている食べ物は、何時間なら食べても大丈夫なのでしょうか? もし、長すぎた場合、火を入れたりすれば、大丈夫になるのですか?
(原文の質問を読みたい方はこちら


怪しかったら、捨てましょう!


――SAJ14SAJさんの答え

細菌汚染は目に見えないし、匂いもしません。カビは、柔らかい食べ物の中に根っこをはやします。見たり、匂いをかぐだけで、その食品が安全かどうかを判断するのは、やめましょう。


特に危険な場所

危険性の高い食品は、危険な温度だと言われる「4度~60度」の温度の中に2時間以上置きっぱなしにされると、捨てるべきだとされています(※これはアメリカ合衆国の食品医薬品局の規則で、他の機関は違った基準を定めていることもあります。また、政府機関は、誰も病気にならないようにするために非常に保守的な規則を作っていることも心に留めておきましょう。この規則を破ることは、自分の身を危険にさらすことを意味します。覚えておいてください。食中毒は、つらいものです)。

危険性の高い食品というのは、一番腐りやすい食品のことで、殻を割ったあとの卵、生肉、生魚、生の貝、乳製品、ほとんどすべての調理済み食品です。ここで示した時間は、スーパーから食品を持ち帰り、食べる前の時間、食べた後の時間などすべてを含んだ合計です。すべての時間を含む理由は、料理することで細菌や病原菌などを殺すことはできますが、それらの菌が作った毒すべてを破壊することはできないからです。

つまり、一般的に腐りやすいと言われる生の肉や乳製品、生卵などは、室温に2時間以上置きっぱなしにしてしまったら、捨てるべきです。危険な状態を避けるためには、料理を食べる寸前まで温めておくか、すぐに冷蔵庫に入れておいてください。大量の料理は、小ぶりのタッパーに小分けして入れておくと、より早く冷ませます。何かを解凍する時は、冷蔵庫に移して解凍するか、流水で解凍しましょう。

調理で火を入れれば大丈夫にならない理由? それは、いくつかの細菌は料理しても殺せない毒を作り出すからです。腐った食べ物は、料理で火を入れても、毒を消せないのです

料理は、低温殺菌です。殺菌ではありません。低温殺菌は、ほとんどの細菌を殺し、人間が食べても安心な状態にしています。殺菌(圧力による方法や照射殺菌など)だけが、質問での長期保存に安心な方法です。

たとえ殺菌された食品の缶詰でも、気密シールの賞味期限内しか食べられません。また、空気に触れてさまざまな細菌に触れるので、開けたら賞味期限に関係なく、早く食べ切りましょう。


食品に関する基準を作っている団体


食品が安全かどうか
について、より詳しく知るには、下記の団体の基準を参考にしてみてください。



他の団体の基準も調べたところ、大まかなところはみな同じです。基準を破ることは、お客様に食べ物を提供する場合は無責任だとみなされ、お客様に食品を提供している場合は違法になります。食品に関する規則は、地域の人々の健康を守るため、非常に厳しい規則になっています。これを破ることは、自分にリスクを課しているのだと自覚して下さい。ましてや、他人にリスクを課すのはやめましょう。

もう一度言います。安全かどうか疑わしい食べ物は、捨ててください


Tessa Miller(原文/訳:曽我美穂)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.