• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  11:00 AM

ユーザー激論! Chrome対Firefox、より優れたブラウザはどっち?

ユーザー激論! Chrome対Firefox、より優れたブラウザはどっち?

chrome vs firefox


かつてはそれほど重要視されていなかったウェブブラウザですが、今や私たちの生活の欠かせない一部となっています。単にシステムのデフォルトを使っていたのは昔の話、今はオペレーティングシステムと同じように、ブラウザにも熱狂的なファンが生まれています。

米Lifehackerでは、その中でも特に人気の高い「Chrome」と「Firefox」を取り上げ、「どちらがより優れたブラウザなのか?」という疑問に対するさまざまな意見を集めていましたのでご紹介します。



洗練されたChromeと、カスタマイズ機能が豊富なFirefox


Googleは、Chromeの外観を整え、ほかのブラウザよりも洗練された使い心地にするために多くの労力を費やしてきました。そのかいあって、Chromeでは特別な設定をしなくても便利に使うことができます。一方Firefoxは、その外観と操作方法を自在に変更できる機能の多さで知られています。この2つのブラウザの利点については多くの議論が交わされていますが、米Lifehacker編集部のWhitson Gordonは、次のように簡潔にまとめています。


Chromeは非常に洗練されたブラウザです。動きもスムーズで速く感じられ、「アプリケーションのショートカット」や「パッケージアプリ」などの便利な拡張機能が豊富に揃っています。リリースされたのはFirefoxより後なのにもかかわらず、より「成熟したブラウザ」という印象を受け、個人的には間違いなくイチオシのブラウザです。

ただし、「カスタマイズ」という点では、Firefoxのほうが1歩先んじています。動作に若干の遅さはあるものの、「about:config」などの機能を使えば、ありとあらゆる設定を好きなように変更できます(私のお気に入りの設定はこちら)。目立った機能はそれほどありませんが、細かい部分まで設定するのが好きな方には、とても魅力的なブラウザです。


ある意味、これは「iOS対Android」の議論に似ています。iOSほどではないにせよChromeには制限があり、Firefoxでは、ほぼすべてを自在に操作することができます。


開発者のお気に入りはChrome


どういうわけか、開発者はChromeを好んで使う傾向があります。Googleには多くの開発者が勤務していることが原因でしょうか? 読者のdougoftheabaciさんは、次のような説を唱えています。


まだまだ言いたいことは山ほどありますが、どちらが優れているかは私の中ではっきりと答えが出ています。一緒に働く20人ほどの開発者を代表した意見と言ってもいいぐらいです。彼らは全員Chromeをメインブラウザとして使っていますし、実際、私の知っている開発者やデザイナーのほとんどが、個人用としてもテストや開発用としてもChromeを愛用しています。これは、料理人の使うキッチンが最高であるのと同じ理由です。私たち開発者も、何がベストであるかを知っていて、それ以外は使いたくないのです。


もちろん開発者であれば複数のブラウザを使う必要がありますが、メインブラウザとしてはChromeが優勢のようです。それが「Chromeは最高のブラウザだから」という理由によるものかどうかは意見が分かれるところですが、人気が高いことは確かです。


Firefoxの魅力的な拡張機能


Chromeにはさまざまな拡張機能がありますが、Firefoxのほうが優れていて便利だと感じる人もいます。読者のmissemさんもその1人です。


拡張機能、プライバシー、セキュリティの面ではFirefoxが、シンプルさとスムーズさではChromeが勝っています。ただし、Firefoxは来年に向けてシンプルさ(「Australis」)とスムーズさ(「Electrolysis」)を改良中です。2つのブラウザは、多くの人が実感している以上に互角の力を持っています。Firefoxは、多くのタブと拡張機能を操るパワーユーザーに愛用者が多く、Chromeは、拡張機能を使わずに少ないタブを扱う平均的なユーザーに好まれています。


Chromeだってパワーユーザーに適したブラウザだと考える人もいますが、Firefoxでは、(先ほども説明したとおり)より細かい管理ができるようになっています。


Chromeの優れた同期機能


Chromeでは、ブラウザに記録された行動のほぼすべてが同期されるので、別のコンピューターやモバイル端末からログインしても、同じ画面が表示されます。もちろん、この同期機能の恩恵にあずかるためには、すべてのデバイスでChromeを使う必要があるのですが、この点についてVrekkさんは、次のように説明しています。


『Chrome for Android』は、デスクトップ版との相性も良く、動作も高速です(Firefoxが遅いとは言いませんが...)。でも、先日Android版のFirefoxを試してみたところ、すごく気に入ったのです。動作も非常に速く、Chromeではほぼ使えないとされる『LastPass』のようなサービスも、プラグインを使えば、モバイルでもかなり便利に使えました。ただし、デスクトップ版のFirefoxはデスクトップ版のChromeに及ばないのと、Chromeの同期機能が魅力的だという理由から、私はデスクトップとモバイルの両方でChromeを使用しています。


一方、Cfcさんは、Firefoxでも十分に対応できると説明しています。


Firefoxでも、Chromeと同じようにデスクトップとAndroid端末の同期ができます。また、デフォルトの設定にしてあれば、Firefoxは自動で同期してくれるようになっています。これもChromeと同じですね。2つのブラウザの機能の大部分がほぼ同じであると言えます


つまり、一般的にはChromeの同期機能が優れていると思われているようですが、「どちらも同じ」と感じる人もいるようです。


Firefoxの優れたプライバシー機能


読者のmissemさんによると、Firefoxはプライバシーとセキュリティの両面でChromeに勝っているといいます。まずはプライバシーの面から見ていきましょう。


Firefoxは、ユーザーを保護するため、ユーザーデータから収益を上げていません。ChromeとFirefoxはユーザー保護に大きな労力を費やしており、どちらも良いブラウザですが、この点だけでもMozillaに軍配が上がるのではないでしょうか。


次に、セキュリティ面です。


Chromeには「サンドボックスモデル」が使われているので(これがChromeのメモリ使用量を最悪にしている原因でもあります)、デフォルト設定で比較すると、ChromeのほうがFirefoxよりも少しだけ安全性が高いかもしれません。とは言っても、Firefoxのセキュリティ拡張機能は非常に強力なので、全体として見た場合は、Firefoxのセキュリティのほうが優れていると思います。

『Adblock Plus』、『No Script』、『Ghostery』、『pdf.js』などのプラグインや、近日中にリリース予定のレンダリングエンジン「Shumway」を使えば、ブラウザをフォートノックス(米国連邦金塊貯蔵所のある場所)並みのレベルで保護できます。ただし、カスタマイズを嫌う、経験の浅いユーザーにとっては、Chromeのほうが利点が少し多いかもしれません。


さらに付け加えると、Chromeのパスワード管理は安全とは言えないため、サードパーティのオプション機能を使う必要があります。

また、全体的に見た場合、missemさんの指摘に反論するのは難しいでしょう。確かにGoogleはユーザーから収集したデータで何らかの利益を得ていますし、Firefoxは、少なくとも表面的には収益化を行っていません。また、MozillaにはGoogleのような「外部サイトからのインストールを阻止する」意図がないため、サードパーティーの拡張機能を使うことで、ブラウザをより安全に使えるようになっています。つまり、こういった部分を重視する方にとっては、Firefoxのほうが優れたブラウザだと言えるでしょう


ChromeもFirefoxもクラッシュする


回答者によって答えは異なりますが、総合すると、「クラッシュ」は両方のブラウザで頻繁に起きているようです。まずはTiredOfHypocritesさんの意見を聞いてみましょう。


私には、タブをたくさん開いたままにしておく癖があるのですが、FirefoxからChromeに乗り換えたあと、最近またFirefoxに戻ってきました。理由は、メモリの使用量です。タブの数は同じであっても、ChromeはFirefoxよりもはるかに多くのメモリを消費しています。また、Firefoxではクラッシュした時に必ず以前のセッションが回復されますが、Chromeでは何度か失敗しています。


これに対し、Henry Floydさんは次のように反論しています。


私にはまったく逆の経験があります。Firefoxが腹立たしいほどメモリを大量消費するので、ほとんど使い物にならないくらいです。Chromeでは、そういった経験は1度もありません。


Rguitargodさんは、この問題の解決策として、Chromeの拡張機能を提案しています。


私は、『The Great Suspender』というChromeの拡張機能を使っています。設定した時間(デフォルトではたしか15分)を過ぎると、タブが自動的に一時停止されるので、メモリを消費せずにタブを残せます。


一応紹介しておくと、筆者もこの機能の大ファンで、非常に便利だと思っているのですが、TiredOfHypocritesさんには別の意見があるようです。


メディア調査をしていると、1つのサイトから別の10個のサイトにリンクしていることがよくあります。こんな時、私は必要な画像をすぐに探せるようにページを開いたままにしておくのです。もっと上手に管理すべきなのはわかっていますが、今のところ私にはFirefoxが合っているようです。


さて、上記の意見をまとめるとどうなるでしょうか? どちらのブラウザでも、たくさんのタブを開いた時に問題が発生しており、特にノートPCなどの性能が低めのコンピューターを使う場合に多発しているようです。解決策は、ブラウザを切り替えることではなく、タブの管理を効率化することです。まめに閉じるか、必要に応じて『The Great Suspender』のような拡張機能を使ってみましょう。


Adam Dachis(原文/訳:兵藤説子、吉武稔夫/ガリレオ)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.