• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,  01:00 PM

話題の動画・ママの歌で泣き笑いするベビー。これって感情移入なの? 専門家に聞いてみた


Popular Science:「今からママが歌うから、どう感じたかを教えてね」

そんな母親の声から始まるこの動画は、Youtubeで2300万回も再生されています。ベビーは10ヶ月の女の子。カナダのオンタリオ州に住んでいます。

母親が歌っているのは、ロッド・スチュワートの『My Heart Can't Tell You No』。歌が進むにつれて、ベビーの表情には、さまざまな感情が現れます。声を出して笑ったり、泣きながら微笑んだり

母親によれば、このベビーは生後8ヶ月ごろから母親の歌声に強く反応するようになったそう。楽しい歌では笑い、悲しい歌では泣きます

母親は、「Storyful」のインタビューでこう語っています。


「理由は誰にもわかりません。私にもわからないのですから。ほかの歌を歌えば、違う反応が返ってきます。あまりにもかわいくて、(動画を)自分たちだけのものにしておくのはもったいないと思いました」


「KinderLab」では、この動画を複数の専門家に見せて、これは感情移入なのか、それとも別の反応なのかを尋ねました。すると、専門家の間でも意見が分かれたのです。



感情移入ではないという意見


インディアナ大学で幼児コミュニケーションを研究しているスーザン・ジョーンズ教授はこう言います。


「母親の歌声に対するこのベビーの反応は、一般的なものではないでしょうか。10ヶ月にもなれば、優しくてセンチメンタルな感情を表現するようになるはずですから。

でも、ベビーの表情は、どちらかというと社会性と恐怖の間で揺れ動いているように見えます。これはきっと、母親の表情に対するポジティブな社会的反応と、普段の語り口調とは異なる低く大きな歌声に対する恐怖の反応が現れているのでしょう。この月齢の赤ちゃんは、慣れないものに対してネガティブに反応することが多いものです。例えば、新しい人と会ったときや、家族であっても(帽子をかぶっているなど)いつもと違う場合などです」

ジョーンズ教授は、状況をもっと詳しく知らなければ専門家としての具体的な解釈は難しいとしながらも、こう答えてくれました。「この動画には心が乱されます。ベビーがハッピーでないことは明らか。決して、悲しい歌が好きなロマンチックなベビーなどではないと思います」

この動画を見た人の多くは、ベビーの中で感情移入が起こっていると思うようです。実際、6月に雑誌『PloS One』に発表された論文によると、攻撃者と被害者が登場するビデオを10ヶ月児に見せると、被害者の方を好むという結果が出たのだそう。論文著者らは、「このような単純な好みの違いが、後に本格的な感情移入をするための土台となるのかもしれない」と説明しています。

これに対し、ジョーンズ教授は、このような研究で赤ちゃんの反応を解釈することは難しいと言います。同研究で10ヶ月児に見せた動画は、緑の立方体が青い球体を追いかけ(またはその逆)、捕まえてやっつけるというものでした。動画を見せたあとで攻撃者と被害者のどちらかを選ばせたところ、被害者を指差した赤ちゃんの方が多かったというのです。

「赤ちゃんが被害者に同情しているという論文著者らの主張は、この選択行為のみを根拠としています。でも、この実験に影響するのは、選択行為という社会的役割だけではありません。むしろそれは、2つの物体の違いを決定づけるうえであまり重要ではないとさえ言えるのです。もうひとつの大きな違いは、大人が被害者としてとらえる物体が、動画内であれこれ形を変えている点。一方で、攻撃者側の物体には、何の変化もありません」。だから、赤ちゃんは被害者側の物体に興味を持つのだと。ジョーンズ教授は続けます。「赤ちゃんが攻撃者の行為を理解し、被害者に同情しているとする著者らの推測は、赤ちゃん自身が(願わくは)そのような経験をしたことがない限り、データの解釈としては説得力に欠けると私は思います」

ジョーンズ教授によれば、子どもの発達に関する研究(や赤ちゃんのビデオ)の多くが、赤ちゃんの行動を大人のそれと同様に扱ってしまうという、同じ問題に行きつくのです。


いや、感情移入だという意見


他の専門家からは、この動画は感情移入を示しているという回答もありました。

ノートルダム大学の心理学者、ダルシア・ナルバエス博士はこう言います。

「ベビーは、母親が歌いながら感じていることに、感情移入しているようです。母親はときどき笑いかけているのでしょう、ベビーもそれに答えて笑っています。マーティン・ホフマン博士による研究では、新生児は他の新生児が泣くと、それに同情して泣くことが示されています。つまり、このベビーの反応は、同情という感情が発達する初期段階にあたるのではないでしょうか」

「それにしても、こんなに極端な事例は初めて見ました。おそらくしかめっ面と笑顔を行ったり来たりしている母親の表情に応じて、それを映すベビーの感情が変わっていくなんて」


What Does That Cute Baby Video Actually Show? | KinderLab

Kate Gammon(訳:堀込泰三)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.