• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

suzuki  - ,  08:00 AM

受信トレイを5通にまで減らせた方法:登録の見直しとゲーミフィケーションがカギ!

受信トレイを5通にまで減らせた方法:登録の見直しとゲーミフィケーションがカギ!

131106inbox.jpg


私の受信トレイは本当に長い間コントロールできない状態でした。しかし、今ではたった5通のメールまで減らすことができました。昨年から1年かけてここまで辿り着いた、その一連のステップを紹介しましょう。



インボックスを1つに


Gmailが登場するまで『Fastmail』を使用していましたが、今では保管していたメールと自動転送の設定すべてを、Gmailの受信トレイへインポートしました。重要な事柄については、メールアドレスも変更しました。

また、Fastmaiが年間の利用料を払うよう、クレジットカード情報の入力を促してきた時、私は更新しませんでした。その後、すべてを空にするためにさらに数カ月を要しましたが、それが何だっていうのでしょう? 別に世界が終わるわけではないのです。


登録を取り消そう


私の場合、ほとんど携帯電話でメールを読んだり返信したりします。Androidの通知センターは非常に便利です。しかし、携帯電話ではメーリングリストなどの登録解除は少しやりにくいですよね。なので、メールアドレスを登録した至るところからメールを際限なく受信し続けていました。

でも、ほんの2〜3日宿泊しただけのホテルからずっとメールを受け取らなくてはならないのかは理解できませんでしたが、短期的に解決しようとしていた私はとにかく、メールをただ削除していました。

それからやっと、私はすべての登録を取り消し始めました。できない場合、スパムとしてマークすれば良いのです。また、ブログやGoogle+などのメール通知も切ることで、受信メール数は著しく減りました。削除したいメールに2〜3秒の時間をかけてやれば、のちのち時間の節約になるのです。


見つけて削除


迷惑メールなどの「望んでいないメール」は、一度限りしか来ないということは滅多になく、長期間にわたって、一方的に、毎月しっかりと送られてきます。そこで私は、そういったメールの送り主やキーワードを特定し、受信箱行きかそれ以外かに振り分ける手だてを追加しました。


The Email Game


最終的に私の受信箱は処理していないメールが1000を越すようなことはなくなり、900通前後になりました。そこで私はこの「The Email Game」を発見したのです。

The Email Gameではメールごとに番号をつけ、保管するのか返信するのか、後でまた送ってくれるようにするかの対応をとる必要があります(スキップすることもできますが、オススメしません)。その対応の最中、タイマーがカウントダウンし、終了時にはポイントをゲットできます。メールを処理する時間で短かければ短いほど、高いポイントを得られます。

The Email Gameは、メールをある程度「ゲーム化」したものといえますが、私にとってはメールの使いやすさを高める重要なプロセスです。使い始めて以後、考えもしなかったことが起きました。受信箱には私が対応すべき、または対応するつもりの5通のメールだけが残ったのです。そう、私はずいぶん前に反応すべきたくさんのメールを見逃していただけでなく、友達のブログからのメールや、Amazonの30ドル近いクレジット通知さえも見逃していたのです。

これで私の受信トレイは快適になりました! これからもキープし続けます。


Cate Huston(原文/訳:鈴木達郎)
Image remixed from xoque (flickr).
This post originally appeared on Accidentally in Code.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.