• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

suzuki  - ,  08:00 AM

受信トレイを5通にまで減らせた方法:登録の見直しとゲーミフィケーションがカギ!

受信トレイを5通にまで減らせた方法:登録の見直しとゲーミフィケーションがカギ!

131106inbox.jpg


私の受信トレイは本当に長い間コントロールできない状態でした。しかし、今ではたった5通のメールまで減らすことができました。昨年から1年かけてここまで辿り着いた、その一連のステップを紹介しましょう。



インボックスを1つに


Gmailが登場するまで『Fastmail』を使用していましたが、今では保管していたメールと自動転送の設定すべてを、Gmailの受信トレイへインポートしました。重要な事柄については、メールアドレスも変更しました。

また、Fastmaiが年間の利用料を払うよう、クレジットカード情報の入力を促してきた時、私は更新しませんでした。その後、すべてを空にするためにさらに数カ月を要しましたが、それが何だっていうのでしょう? 別に世界が終わるわけではないのです。


登録を取り消そう


私の場合、ほとんど携帯電話でメールを読んだり返信したりします。Androidの通知センターは非常に便利です。しかし、携帯電話ではメーリングリストなどの登録解除は少しやりにくいですよね。なので、メールアドレスを登録した至るところからメールを際限なく受信し続けていました。

でも、ほんの2〜3日宿泊しただけのホテルからずっとメールを受け取らなくてはならないのかは理解できませんでしたが、短期的に解決しようとしていた私はとにかく、メールをただ削除していました。

それからやっと、私はすべての登録を取り消し始めました。できない場合、スパムとしてマークすれば良いのです。また、ブログやGoogle+などのメール通知も切ることで、受信メール数は著しく減りました。削除したいメールに2〜3秒の時間をかけてやれば、のちのち時間の節約になるのです。


見つけて削除


迷惑メールなどの「望んでいないメール」は、一度限りしか来ないということは滅多になく、長期間にわたって、一方的に、毎月しっかりと送られてきます。そこで私は、そういったメールの送り主やキーワードを特定し、受信箱行きかそれ以外かに振り分ける手だてを追加しました。


The Email Game


最終的に私の受信箱は処理していないメールが1000を越すようなことはなくなり、900通前後になりました。そこで私はこの「The Email Game」を発見したのです。

The Email Gameではメールごとに番号をつけ、保管するのか返信するのか、後でまた送ってくれるようにするかの対応をとる必要があります(スキップすることもできますが、オススメしません)。その対応の最中、タイマーがカウントダウンし、終了時にはポイントをゲットできます。メールを処理する時間で短かければ短いほど、高いポイントを得られます。

The Email Gameは、メールをある程度「ゲーム化」したものといえますが、私にとってはメールの使いやすさを高める重要なプロセスです。使い始めて以後、考えもしなかったことが起きました。受信箱には私が対応すべき、または対応するつもりの5通のメールだけが残ったのです。そう、私はずいぶん前に反応すべきたくさんのメールを見逃していただけでなく、友達のブログからのメールや、Amazonの30ドル近いクレジット通知さえも見逃していたのです。

これで私の受信トレイは快適になりました! これからもキープし続けます。


Cate Huston(原文/訳:鈴木達郎)
Image remixed from xoque (flickr).
This post originally appeared on Accidentally in Code.

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.