• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,,  07:45 AM

「スキマ評論家」という副業:実現するための4つのポイント

「スキマ評論家」という副業:実現するための4つのポイント

副業革命! スキマ評論家入門 世界で一人だけの評論家になって稼ぐ方法


『副業革命! スキマ評論家入門 世界で一人だけの評論家になって稼ぐ方法』(唯野奈津実著、リットーミュージック)の著者は、2000年代後半にカラオケ評論家を名乗り、現在に至るまでカラオケにまつわる評論活動を展開しているという人物。カラオケ関連記事の執筆、テレビやラジオへの出演、カラオケ専門店に対するコンサルティング、イベントプロデュースなどを手がけているそうですが、そんな実積を踏まえたうえで、読者に対しても評論家になることを勧めています。


道筋さえ誤らなければ、あなたでも必ず評論家になれますし、周りから「先生」扱いされる仕事ですので、やりがいもあって楽しいです。儲けに関しては、さすがに有名芸能人並みにガッポガッポ稼げるとは言いませんが、努力次第で平均的なサラリーマンの月収分くらいは毎月稼ぐことも夢ではありません。(12ページより)


だとすれば重要なのは、テーマの狙いどころ。いまから「政治評論家」や「野球評論家」を目指しても無理がありすぎるだけに、誰もやっていない「スキマ評論家」を目指すべきだという考え方です(たとえば「電気カミソリ評論家」とか)。

つまり「なんの評論家になるか」を決めることがいちばんのハードルなのでしょうが、テーマを決めたと想定したうえで、きょうは第4章「あなたにもできる! 評論家活動の進め方」内の「評論家に欠かせない4大知見」に焦点を当ててみたいと思います。



評論家に欠かせない4大知見


1.歴史

どんな分野であれ、歴史を紐解いていくと普通の人が知らないようなルーツにたどり着くもの。そしてその分野の歴史的事実を正確に語れるとしたら、「よく知っている人だ」と評価されるはず。だからこそ、評論テーマに関する歴史知識を押さえておくことは必須です。

しかもひと口に歴史といっても、視点を切り替えればさまざまなテーマを語ることが可能。たとえば筆者の専門分野であるカラオケであれば、誕生、カラオケ機械の進化の過程、歌本の今昔物語、リモコンの変遷、カラオケボックスという店舗携帯の誕生などなど、語ることはいくらでも出てくるというわけです。(102ページより)


2.ランキング

日本人はランキング好きですが、第1位はともかく、第2位以下についてはあまり記憶に残しません。ということは、意外に知られていないナンバー2以下についても即答できれば、さすが評論家だなと感心されやすくなるわけです。

また、ランキングを集計することで、新たな評論テーマがあぶり出されるという副次的効果も。加えて紹介する際に調査に関する具体的な数字を出せば、読み手に対する説得力も大きくなるといいます。さらに「ランキング」「順位」は検索エンジンでよく使用されるキーワードなので、ブログ内にランキング記事があることで、ブログを訪れてくれる人が増える効果も期待できます。(104ページより)


3.最新情報

評論家たるもの、情報の収集は不可欠。大切なのは専門分野に関する多くの業者サイトをブックマークし、毎日アクセスすることだといいます。たとえば害虫の「ダニ」がテーマだとしても、殺虫剤メーカーのサイトをチェックすれば新型殺虫剤の情報を入手できるでしょうし、ニッチな情報を拾い上げたうえで自分なりの評論見解を加えて紹介すればいいわけです。

たとえ特筆すべきニュースがなかったとしても、情報収集の過程において気づきはあるもの。それこそが評論家としての学びであり、そこを深堀りすることで評論自体にも厚みが増していくと著者は主張しています。(108ページより)


4.連続記録

評論家なら、専門分野について誰も試みないようなすごい記録をいくつか持っていたいところ。記録自体もさることながら、記録にチャレンジする過程の貴重な経験も評論家としての言説に厚みを加えることになるからです。たとえば「唐揚げ評論家」の安久鉄平さんという方は、唐揚げを100日連続して食べつづけた結果、日に日に体が臭くなってくるという問題に直面したのだとか。真実とは、実際に体当たりすることでしかつかめないものであるという本質が、ここにあると著者は指摘します。

また連続記録は数字で表されるため、閲覧者にもすごさが伝わりやすいというメリットもあるとか。記録に向けての実践は、行為自体に充分なニュースバリューがあるわけです。(111ページより)


本書の特徴は、本気で評論家を目指す人のための指南書であると同時に、「笑える本」としての機能性をも備えている点にあると思います。つまり、評論行為を通じて本気で稼ぎたいと考えている人にとっても、破天荒な発想に大笑いしたいという人にとっても、それぞれ有効であるというわけです。週末に読む本としては最適ではないでしょうか。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.