• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  05:55 PM

「Evernote×モレスキン」に2つの新作登場:普段使いのジャーナル、自動補正されるスケッチブック

「Evernote×モレスキン」に2つの新作登場:普段使いのジャーナル、自動補正されるスケッチブック

131107evernotemoleskine_1.jpg


Evernoteと連携し、ノートに書き込んだすべてをデータとして保存できる「Evernote スマートノートブック by Moleskine」。ライフハッカーでも以前に紹介しましたが、愛用している方もいらっしゃるでしょう。さらにこの冬、新たに2種類のコラボモデルが発売されることになりました。

厚口のカードボード製の表紙でさまざまな用途に使える「Evernote カイエジャーナル」と、高品質な用紙を使用した「Evernote スケッチブック」です。



持ち歩いて使いたい「Evernote カイエジャーナル」


131107evernotemoleskine_2.jpg


カバンに一冊入れておくと、気軽に使えそうな「Evernote カイエジャーナル」。表紙には撥水加工がされているため、ちょっと大雑把に扱っても大丈夫でしょう。Evernoteで読み取り、すぐにデジタル化できるため、講義メモなどにもピッタリ。

「スマートステッカー」も付属しています。アプリを立ち上げページを読み取ると、貼り付けたスマートステッカーを認識し、自動的にタグづけしてくれるので便利です。

本文は「ルールド(横罫)」と「スクエアード(方眼)」の2パターン、サイズはそれぞれ3種類あり、ページ数が異なります。また、最後の16ページにはミシン目が入っており、簡単に切り離せます。


Evernote カイエジャーナル

ルールド(横罫)/スクエアード(方眼) 2冊セット

Pocket(9x14cm):64ページ、1280円
Large(13x21cm):80ページ、1800円
XLarge(19x25cm):120ページ、2600円
(※価格はすべて本体価格)

・Evernoteプレミアムアカウント無料コード付き(Pocket、Large:1カ月間/XLarge:2カ月間)
・Evernote対応 スマートステッカー(2種×各2枚)付き


スキャナーいらずでデジタル化できる「Evernote スケッチブック」


131107evernotemoleskine_3.jpg


イラストを描く人、アイデアをスケッチでまとめる人に嬉しい「Evernote スケッチブック」。本文には高級中性アート紙(120g/㎡)を採用。ページを撮影すると、「トリミングとコントラスト補正を自動的に行い、デジタル加工を施した状態で保存される」とのこと。

Evernote スケッチブックにも「スマートステッカー」が付属しています。


Evernote スケッチブック

Large(13x21cm):160ページ、3420円(本体価格)

・Evernoteプレミアムアカウント3カ月無料コード付き
・Evernote対応 スマートステッカー(2種×各2枚)付き


どちらの新製品もEvernoteプレミアムアカウントの無料コード付き

発売は全国のロフト、東急ハンズ、伊東屋、Moleskine アトリエ、公式オンラインショップにて、2013年12月中旬より先行販売。その後、全国のモレスキン取り扱い店舗では、2014年2月下旬からの販売を予定しています。


MOLESKINE モレスキン

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.