• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  09:00 PM

SNSをログアウトして、自分で世界を変えよう。21世紀の起業家に必要な思考法とは?

SNSをログアウトして、自分で世界を変えよう。21世紀の起業家に必要な思考法とは?

21世紀の起業家精神


Dumb Little Man:起業に成功した人々は、どうやってお金を稼いだのでしょうか。

彼らがお金持ちになれたのは、より熱心に、よりスマートに働いたから? それとも、たまたま運が良かったり、もともと有利な条件を持っていたから?

もしあなたが起業家になりたいのなら、こうした愚問に頭を使うべきではありません。他人のことばかり気にせず、21世紀の起業家らしく考えるべきです。

あなたは情報時代の幕開けにいるのです。そんな新時代にふさわしい思考法とは、一体どんなものでしょうか?



"この日"をつかめ

作家のソール・ベロー氏の言うとおり「この日をつかむ」ことが大切です。それは、チャンスを見逃がさず、いざという時にいつでも動ける準備をしておくことでもあります。何事もスピードが速い現代、簡単ではないでしょう。しかし、注意を怠らず、1日を大切に生きることで、ビジネスに限らず、人生すべてにおいて成功のチャンスが広がります。


3つの鍵

21世紀のビジネスで成功する鍵は3つ。才能、持続力、運です。才能と持続力はあなた次第ですが、運については「運次第」です。とはいえ、確率を高める努力をした者に幸運がやってくると考えてください。それが21世紀の起業家マインドです。


バランスがすべて

ビジネス界で頭角を現したいのなら、生活全般において節度を身につけてください。もちろん、簡単ではないでしょう。ビジネスリーダーは絶え間ないストレスにさらされます。しかし、訓練を積めば、仕事、遊び、休息、そのほか生活のあらゆる面において、うまくバランスをとることができます。


アイデアは素晴らしい、実践はもっと素晴らしい

アイデアを思いつくのは、時間さえあれば誰だってできます。しかし、アイデアを「思いつく」のと、それを「実行する」のは、まったく別の問題です。21世紀の起業家には、キラーアイデアをひねり出すだけでなく、それを着実に実行し、業界を牽引する役割があるのです。


マルチタスクを学ぶ

昨今のビジネス界では、同時に複数のタスクをこなすのが必要条件となっています。なるべく早くマルチタスクに熟達すれば、それだけ早く成功できます。あるいは、簡単なタスクは人に任せることを覚えましょう。


自分で世界を変える

文句ばかり言う人は嫌われます。あれが悪い、これが足りないと不平不満をたれ流す暇があったら、FacebookやTwitterをログアウトして、自分で世界を変えてください。それがリーダーとフォロワーの違いであり、一流とそれ以外の違いでもあります。


学び続ける

テクノロジーは常に進化しており、追いつくのは大変です。しかし、成功を望む21世紀の起業家なら、避けては通れない道です。毎週、ゆっくり時間をとって、自分の業界に関する本を読みましょう。情報を取り入れ、視野を広げてください。学び続け、進化し続ける者が、成功をつかむのです。

もしかすると、21世紀の起業家の生活が退屈に見える人もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません。自分のビジネスを運営し、リーダーになることは、あらゆる面でエキサイティングです。稼いだお金、目標をクリアしていく達成感、現代の起業家の生活はとても充実しています。

インターネットの登場以来、起業家たちには公平なチャンスが与えられています。今ほどビジネス(とくにインターネットやモバイル関係)を起こしやすい時代はないのです。


How To Think Like A 21st Century Entrepreneur. Tips For Success And Getting Ahead In The Information Age.|Dumb Little Man

Adam Prattler(訳:伊藤貴之)

Photo via Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.